ダッチ(パンダウサギ)が耳掃除をしている

カイウサギの仲間のダッチラビット(英語ではDutch rabbit)についてです。

別名はパンダウサギです。

欧米でもペットとしてダッチラビットは大人気です!

ダッチラビットの生態や色の種類、性格、飼育している動物園などについて調べていきます。

ダッチラビットの生態

ダッチ(パンダウサギ)

ウサギ科アナウサギ属のダッチラビットです。カイウサギの仲間です。

ダッチラビット1830年ころにオランダで生まれました。その後、イギリスで交配して、1800年末ころに、現在のダッチラビットが生まれました。原産はイギリスですが、発祥がオランダのため、ダッチラビットと名付けられました。

イギリスの草原の風景

白と黒の模様がパンダに似ていることから、パンダウサギとも呼ばれます。

ダッチラビットの体重は2kg前後と小型のウサギです。1900年初頭に、ダッチラビットや、同じく小型で耳が小さいポリッシュラビットなどを交配して生まれたのが、ネザーランドドワーフです。ダッチラビットはネザーランドドワーフより先輩なんですね。

小さいウサギでパンダのような色がかわいいのが人気の理由です。ネザーランドドワーフと同じく、耳も小さめでかわいいです。

ほかのカイウサギと同じく草食で牧草などを食べます。飼育下では野菜や根菜類も食べます。

寿命

寿命は5年~6年です。小型のウサギのため、ほかのカイウサギより少し短めです。

性格。飼い主に懐く?

穏やかな性格で飼い主によく懐きます。従順で賢いウサギであるため、ペットとして飼育しやすいです。

公園にあるパンダとウサギの遊具 出典:PIXTA

ここで一休み。公園にあるパンダとウサギの遊具です。やはり、なんとなくパンダに似ていますね。

ダッチラビットの色の種類について

ダッチラビットにも、色の種類があります。どのウサギもかわいいです。

ブラックダッチ

ブラックダッチ

均一な黒色で漆黒です。目は濃い褐色です。しっかりと土の地面の上に立っています。

ブルーダッチ

ブルーダッチの赤ちゃん 出典:123RF

黒い部分がややシルバーがかっています。目が青灰色です。ニンジンを食べようとしています。

チンチラダッチ

草原にいるチンチラダッチ

グレーのチンチラのような色です。目は青灰色から褐色です。草原を歩いています。

チョコレートダッチ

ダークチョコレートブラウンです。目も濃い褐色です。

グレーダッチ

グレーダッチ

グレーといってもチャコールブラウンに近いです。目も暗褐色です。耳をしっかりと立てています。

スティールダッチ

黒の中に、ややクリーム色があります。目は暗褐色です。

トータスダッチ

亀のような褐色です。目は暗褐色です。

動物園で見れる?

ダッチ(パンダウサギ)と仲良く寄り添っているウサギたち

宝登山小動物公園や伊香保グリーン牧場などの、動物園や牧場などで飼育しています。確認して見に行きましょう。

ダッチラビットはパンダのようなウサギでしたが、パンダのようなイルカのパンダイルカもいます。パンダイルカも可愛いです。

最後に

ダッチラビットはネザーランドドワーフと同じくらい小柄で可愛いウサギです。性格も穏やかで、なつくのでペットとしても人気です。特に欧米で人気です。

色の種類もたくさんありました。パンダのような模様も可愛いです。