実は、本当に最強で無敵の動物はイタチ科の「ラーテル」(英語ではRatel)です。 百獣の王がライオンなどというのは、遠い昔話かもしれません。

今回は、そのラーテルの生態や生息域、最強の理由などに迫ってみるぞ!

ラーテルの生態について

強さを語る前に、生態を知らなくてはいけません!

ラーテルは哺乳類のイタチ科で、イタチやアナグマの仲間です。日本ではミツアナグマとも呼ばれます。蜂蜜が大好物の動物だからです。

なので英語では、Honey-Badger(蜂蜜の穴熊)とも呼ばれます。

ラーテルとジャッカル

ラーテルの特徴

まずはブサカワ動物。それに尽きる。動物のブサカワ顔ランキングでも上位に食い込めそうです

他に説明することとしては、強靭な体なのですが、後の方でしっかり解説するので、とりあえず特徴はブサカワ動物ということで終わります。

ラーテルの大きさ

全長 80〜110センチ

ちっちゃくないですか?君。

重さ 7〜14キロ

なんと体重も軽い・・・。本当にこいつが最強動物なのか?ちょっと怪しい感じがしてきた。ついでに、クズリの体重は30kg前後なので、ラーテルの二倍ほどもあります。

ラーテルの寿命について

24年(飼育下)ほどです。

飼育して24年ですから、野生での寿命は20年ほどです。

寿命に関しては、似たような他の動物に比べると結構長いです。「クズリさん」の寿命は10年前後ですから・・・

なかなかやりおる。

ラーテルの食べ物

バリバリの肉食系!かと思いきや、果実も食べる雑食性。目に入った食べれる物は、なんでも食べます。

しかも、大好物は蜂蜜だとか。完全にプーさんに戦い挑んでますよね。でも、プーさんはあの顔でもクマだから意外に強いかもしれません。

性格

ラーテルの性格が無敵と呼ばれている理由の1つだそうだ。なんとギネスの「世界一怖いもの知らずの動物」に認定されているんです。

そんなわけなので、ラーテルはめちゃくちゃ怖いもの知らずで、大きさではかなわないようなスイギュウとかにまで手を出します。なので、こいつがいるところに行ったら気をつけたほうがいいかもしれないですね。

出典:PIXTA

ナミビアの砂漠周辺の風景の画像です。

生息地

Mellivora_capensis_distribution
出典:Wikipedia

ラーテルはアジアとアフリカに生息しています。

草原や岩などがある砂漠周辺やサバンナで生活しています。

アフリカ大陸南部のサバンナを歩いているラーテル

ラーテルはイタチ科の中では寿命が長いほうです。また、砂漠地帯周辺に生息していました。他のイタチ科の動物の、生息域や寿命などについてはこちらも。

基本的なラーテルの生態のことは分かったので、次はいよいよラーテルの強さを検証していきます。

ラーテル最強説の検証

出典:PIXTA

ぼくの勝手な判断で、ブサカワ動物とされてしまったラーテルですが、ブサカワ動物とか言ってられない特技を持っています。

ラーテルの隠れた強さを紹介。

木登りが出来る

木に登っても、ラーテルは追いかけてこれます。基本的に、イタチ科の動物は木登りや水泳が得意です。

結構走るのが速い

南アフリカの草原を仲良く歩いているラーテルたち 出典:123rf

前のほうにセグロジャッカルとラーテルの画像があります。また最後の方に動画があるのですが、結構なスピードで走れます。

鉤爪

鋭い鉤爪があり、特に蜂の巣はこの鉤爪で蜜を取ります。

しかし、何と言ってもラーテルの最大の特徴は他にあります。

最強の理由

ラーテルが無敵の理由は何と言っても、背中の皮膚です。全体的にかなり皮膚が厚く、柔軟性もかなり高い。さらに、何と言っても頭から背中にかけての皮膚がすごいのだ。

超厚い皮膚で、それに加えて柔軟に動くというので、ラーテルに対してはつかみどころがないのです。なので無敵なのです。NHKでおなじみのダーウィンが来たでは「ダブダブの皮膚」のような感じで紹介されていました。

きっとラーテルの背中は、何でも吸収する素材で、できているようなものなのでしょうね。

そんなわけでラーテルの最強で無敵の理由は、最強で厚い皮膚ということでした。しかし、こいつにもやはり弱点はあるらしい。

20130112_420262

弱点

最強の防御力を誇るラーテルの弱点とは、・・・ズバリ、

顔とお腹!

まず顔から説明。

顔は目もあるし、口もあります。その上、鼻もある。というか、ラーテルに限らず、どんな動物でも顔は弱点になりうるのはお分かり頂けると思います。

次にお腹。

お腹も皮は厚いらしいですが、やっぱり背中ほど厚くはならないみたいです。ひっくり返ったら、無敵のラーテルでもピンチです。

しかし、もしもお腹を向けるようなことがあったら・・・でも、ラーテルもただじゃ済ませないです。その理由は次に説明します。

横顔

いわゆる「スカンクの屁」

いわゆるスカンクの屁と言われているやつです。やばいと思ったら、臭腺からかなりきつめのニオイがする液体を噴射!何日もニオイが取れないです。

全部出揃ったので、いよいよ本当に最強なのか検証します。まずは天敵の確認。

ラーテルって天敵いるの?

一応ラーテルにも天敵はいます。今から紹介するライオン、そしてヒョウ、ハイエナが天敵なんだとか。しかし、滅多に相対することはないです。

では、ラーテルの動画を見てみましょう。

VSライオン

「ラーテル」と、元祖百獣の王「ライオン」。

1対1だったら、ラーテルの方が押してますね。負けていないので、無敗記録は継続。

VS蛇

ラーテルと、蛇。

負けた?と思ったら、2時間後に復活。勝ったとは言えませんが、負けたとも言えません。とりあえず、無敗記録は継続。ラーテルは蛇などの持つ毒に強い耐性があります。

VSクズリ

イタチ科で最強と呼ばれる生物同士です。

クズリは北極圏や亜北極地帯に生息しています。生息地が違うので動画はありませんが、いろんなサイトの意見を参考にしたところ、ラーテルとの意見が優勢です。

というのも、何時間も相対する場合、どちらも疲れが見え始めますが、頑丈さの勝るラーテルが有利だからです。

無敗記録は継続。やはり無敵でした。

また、同じイタチ科のクズリの体重は大きいもので30kgほどです。そのため、大きさはラーテルの2倍くらいあります。クズリについてはこちらも。

ラーテルは最強の動物か?

強さの振り返りをしましょう。

結果的には最強とは言えませんが、最も無敵に近い動物ということが言えます。というのも、上の動画を見た限りでは強さというよりも、生き延びる力の方が感じられたからです。

そんなわけで、ラーテルは世界最強動物ランキングで1番に近い動物ということが決定しました。

世界の最強動物ランキングトップ10陸上編にも、ラーテルなど、たくさんの最強動物がいます。

動物園でみれる?

近寄ってきてくれる

名古屋市にある東山動植物園でラーテルは飼育されています。

ラーテルたちが砂場で穴を掘るかわいい姿も見ることができます。

ぜひ見に行きたいですね。

東山動植物園で飼育しているラーテル

ラーテルはやはりかわいさも無敵で最強でした。独自に調査した世界最強動物ランキングはこちらも。