「ラブカ」は実は深海のサメ!生態は?水族館で見れる?

  • 2021年11月11日
  • 魚類
  • 4378view

深海には、その存在は知られていてもまだ謎の多い生物がたくさんいる。

深海魚のラブカ(英語ではFrilled shark)も、 生体数がそれほど少ないわけではなさそうだが、その生態まだ殆ど明らかになっていない。

一部の深海魚ファンに知られている程度だったが、近頃一般の知名度も急上昇の様なので乗り遅れない様にしようと思う。

生態と特徴10のポイント

Watercolor image of cartoon frilled shark of purple color on white background. Hand drawn illustration of relict cartilaginous fish with long snake alike body with fin tail. 出典:123rf

ラブカは、カグラザメ目ラブカ科に分類されるサメの一種だが、見た目にはサメっぽいところはあまりなく、「サメだよ。」と自己紹介されても疑うレベルである。

これから生態などについて調べていきます。

1.ウナギザメとも呼ばれる。大きさは?

ウナギに似ているので日本ではウナギザメと呼ばれる事もある。

大きさはウナギより大分大きく、体長100~150cmほど。5号のラグビーボールを横に二個並べた長さと同じくらいです。

因みに本名の「ラブカ」は「羅紗(のような手触り)+フカ(サメのこと)」でラブカなんだそうだ。

怪獣っぽいから適当にそれっぽくつけたわけではなかった。

2.生きた化石

古生代の3億6千年前のサメの化石に似た原始的な特徴を持っているため「生きた化石」といわれる。

なるほど。一応サメなわけだ。

また、ラブカそのものの化石は白亜紀後期の8000万年前から5000万年前の地層からも見つかっている。

3.日本では割と浅めのところが生息地

Looking out over Sagami Bay on a hazy overcast day, with a motorboat visible in the foreground and a sailboat barely visible in the background. 出典:123rf

大西洋、太平洋、インド洋の各地に生息する深海魚で、水深500〜1000mの深さにいる。

日本では相模湾や駿河湾にいるが、何故か水深100~200m浅めところに出てくることが多く、漁業の網にかかることも多い。

View of Mt. Fuji from the pinebara of Miho. 出典:123rf

駿河湾では1年に50尾ほど水揚げされた。

ただし、食用にならず、歯が鋭い為に漁師には嫌われ、網にかかるとすぐに海に放される。

釣り上げたラブカを持とうとすると体をくねらせ噛みついてくる。

4.動きはゆっくり

尾ビレに向かって先細りした体型で、他のサメの様に大きな背びれがついておらず、体をくねくねさせながらゆっくり泳ぐ。

泳ぐ姿はやっぱりウナギっぽい。

5.お洒落なフリルがついている

エラがピンク色のフリルがついた様に見えるため、英名はフリルド・シャークという。

しかも普通のサメよりエラが1つ多く、6つあって、オシャレ度さらにアップ。

6.鋭い歯が約300本ある

根元から3本のトゲが出た様な小さな歯が300本くらい綺麗に並び、魚は逃さない仕様になっている。

歯というより、棘がたくさん出ている様な感じに見える。

7.大きさ。脳みそが小さめな分、口が大きい

ラブカは大きいものになると、オスは体長165cm、メスは体長196cmです。メスのほうが大きいんですね。

頭部の殆どが口と言っても過言ではないくらい大きい。

他のサメの様な長い吻(鼻先のところ)がなく、顔が平らなので余計に口が大きく見える。(実際大きいのだが。)

で、その分脳みそは小さいタイプ。

8.かわいい部類に入っている

エメラルドグリーンの丸くて大きな目が離れてついてる。瞬膜は無い。

口を開けると口角が上がっているようにも見え、愛嬌がある。

そんな顔なのにまさかのウナギ体型なところもかわいげがある。

ぬいぐるみっぽい顔なので、ぬいぐるみにしたらかわいいだろうと思ったら沼津水族館でちゃんとぬいぐるみになっていた。

靴下にもなっています。

フェリシモではラブカポーチが販売されている。

9.餌

イカやタコなどの頭足類を主に餌として捕食する。

歯は沢山あるのだが、顎はそれほど強く無く、大概は丸呑みすると考えられる。

魚も食べて、自分の体長の半分くらいの大きさまで丸呑みできる。

小柄なサメもいけるらしい。

10.生まれるまで時間がかかる

ラブカは卵胎生である。母親の体内で卵から孵化し、40〜60cm程になってから産まれる。

その間、卵黄から栄養をとっている。

一度に6〜12匹産むらしい。

また、東海大学海洋科学博物館での研究によると、ラブカの胎児の成長は遅く、母親の体内にいる期間は3年半ほどになると推定されている。

水族館にいる?寿命は?

沼津港深海水族館に展示してある標本

2020年1月、和歌山県の勝浦の沖合の深海から、ラブカが水揚げされました。

串本海中公園で展示中です。

ラブカが水族館の水槽の中を泳いでいる動画です。貴重です。

ラブカは深海魚であり、生態もわからない部分が多い為、底引き網に掛かった個体が稀に、水族館で飼育されていることもある。

しかもいったん海上にあがると、寿命は数日です。

その為、ラブカを見られる機会は極めて少ない。

沼津深海水族館などでたまに展示されることもあるので、水族館の情報をこまめに見て、展示されたら急いで行けば、見られる機会があるかもしれない。ネット上の動画ならいつでも見ることができます。

また沼津港深海水族館のスタッフが食べたが、ラブカの味は特に特徴はなくあっさりしていた。

標本であれば展示しているところがある。

東海大学海洋科学博物館は、過去にラブカの生態調査を行っており、パネル展示もある。

大学での研究は?

先ほどの東海大学海洋科学博物館とアクアマリンふくしまが共同で「ラブカ研究プロジェクト」を推進しています。

ラブカの卵の人工保育などの研究です。

ペットにできる?

An aquarium with coral reef fish surrounded by seaweed and corals under the lights. 出典:123rf

ラブカは漁で偶然に網にかかった時しか入手できません。そのため、個人が観賞魚として入手するのは困難です。

また、深海魚なので地上に水揚げされると、数日の寿命しかありません。

個人でラブカが生活できる深海500~1000mの環境を再現した巨大な水槽を用意することも困難です。

そのため、個人でラブカをペットとすることはほぼ不可能です。

もし、自宅のアクアリウムにラブカがいたら、あまりの珍しさにテレビ取材も来てしまうことでしょう。

まとめ

名前からも見た目からでも何の仲間か想像がつきにくいラブカ。

  1. でかいウナギに見えるが、古代の特徴を持つサメで生きた化石といわれる。
  2. 駿河湾では結構水揚げされるがすぐ海に戻される。
  3. 水族館では運が良ければ見れることもある。

名前も見た目も、人気が出る要素のある愛嬌のある深海魚だった。

仲間の生き物たち

  • フクロウの鳴き声には種類があった!!この声はどんな意味? フクロウやミミズクの鳴き声というと、どんな音を思い浮かべますか?夜の森の中、どこからともなく聞こえてくるような、「ホーホー」という声。私はそんな感じを思い浮かべます。けど、本当に鳴き声ってそれだけなんでしょうか?ちょっと気になりますよね。調べてみると、どうやらその声の種類によって違う意味を表したりしているようです!今回はそんな声に迫ります。 鳴き声をご紹介 A […]
  • 天然記念物ニホンカモシカの生態まとめ!生息地から徹底調査。 田舎出身者であれば見たことがあるかもしれませんね。ニホンカモシカを、見たことありますか?ぼくは生まれながら田舎に住んでいたので、牧草畑を駆け抜ける姿はよく見たことがあります。とても素早く俊敏でした。そんな国の特別天然記念物のニホンカモシカについて調べてみました。その子育てについても! ニホンカモシカについての予備知識 Japanese serow […]
  • ハブクラゲは猛毒がある。生息地と時期などをご紹介! 私は海が大好きなのですが、今一番行きたいところは沖縄!!海が大好きなのに沖縄にはまだ行ったことがないという…。 行きたいがために旅行雑誌や、ネットで沖縄のことを調べる日々がとても楽しいです。 ですが、沖縄の海にはとても恐ろしい生物がいました。 その名も『ハブクラゲ』。いかにも危なげな名前ですね。 透明で海上からはとても見つけづらいです。 さらに […]
  • シロフクロウ!ハリーポッターで人気。値段や飼育法は? 私が子どものころ、大流行した本がありました。それは少年が、魔法学校に入学し、いくつもの試練を乗り越えていく話。 初めて本屋さんで本を予約し、学校が終わったら一目散に本を受け取りに行き、次の日に学校があるにも関わらず夢中で読みふけったものです。 その本というのが、「ハリーポッター」。 シリーズ通して大人気で、映画も公表でしたね。ポッタリアンという言葉も生み出 […]
  • エイ徹底検証!毒があって危険!?刺されたらどう対処する!?マンタとの違いも検証 私たちが遊ぶ海には意外と危険な生物がたくさん潜んでいます。 彼らはわざと私たちに危害を加えようとしているわけではありませんが、私たちに知識がないと思わぬ事故につながりかねません。 そこで今日は、結構、スキューバダイビングなどで遭遇するかもしれない、 「エイ」についてご紹介しましょう。 生態は? fish in a large glass […]