桜の大きさなど生態について!梅との違いは?蜜はメジロも好物!

世界中の人が日本の植物といえば桜をイメージします。

春になると、川沿いや公園など、いたるところで咲いており、花見で賑わいます。特に、東京都では目黒川沿いの桜が有名です。

その生態や大きさ、寿命、果実の味、花の美しさ、どんな動物がその蜜を食べるのかなどを調べていきます。

実際に公園などに、どのように咲いているのかを見に行きました。

和光樹林公園や大泉さくら運動公園、自由が丘、目黒川に観に行った!

和光樹林公園前の道路

埼玉県にある和光樹林公園にやってきました。道路わきでも咲いていないですね。

見上げた

三月初旬ということもあり、まだ開花していないです。そういうわけで、次は隣の大泉さくら運動公園に行きました。

看板

向こうにピンク色の花が咲いている木が見えます。期待できますね!梅かもしれませんが。

中には池もあり、錦鯉が泳いでいました。サッカーグラウンド横を少し歩いて行きました。

満開

ありました!満開です。ちょうど見頃です。青空とピンク色のコントラストも美しいです。思わず他の花見客に「これは梅じゃないですよね?」と尋ねました。すると「これは河津桜だよ。」と教えてくれました。この種類は早咲きです。

次は目黒川に向かいます。途中で自由が丘に寄りました。

自由が丘駅近くに咲いていた

駅周辺の商店街を歩いていると、一本だけ満開でした。見上げると空を覆っているかのようです。

さて、それから、目黒川に到着しました。

ちゃんと目黒川の看板もありました。

東京都の世田谷区にある三宿で、北沢川と烏山川が合流して目黒川となります。その後、目黒区や品川区を流れて東京湾に注ぎます。近くに目黒不動尊があり、この川で身を清めてからお参りすることが由来で目黒川と呼ばれるようになりました。特に、中里橋から太鼓橋付近の川沿いの桜並木は有名です。大部分がソメイヨシノです。

引用:目黒川(東京都)の「桜」ライブカメラ!ネットで花見をしよう。

川沿いの桜並木が立派です。

まだ咲いていない

まだ開花する気配もありませんでした。桜が咲くと、花見客でお祭りのようになります。

生態

サクラはバラ科です。仲間にはスモモやウメの木があります。

英語ではCherry-blossomです。

大きさ

樹木は成長すると15m前後になります。ヤマザクラなど大型の種類では20mに達することもあります。

大泉さくら運動公園の桜の幹の周囲の長さは82cmでした。

幹の周囲は82cm

そのため、計算すると、太さ(直径)は約26cmになります。

花や蕾、葉の大きさも測定していきます。

花径は3cm

定規で計測すると花径は3cmでした。

蕾の長さは1.5cm

まだまだ小さい蕾の蕾の長さは1.5cmでした。

葉の長さは5.5cm

新緑の葉の長さは5.5cmでした。

さくらんぼの果実の長さは2.5cm、柄の長さは4cm

さくらんぼの果実部分の長さは2.5cmで、柄の長さは4cmでした。桜はこの花柄が長いのが特徴です。重さは1個あたり5gでした。

寿命

Cherry blossoms and Japanese old houses. 出典:123rf

エドヒガンとオオシマザクラを交配してソメイヨシノが誕生しました。

Yoshino cherry (Prunus × yedoensis) is a hybrid cherry of between Prunus speciosa (Oshima zakura) as father plant and Prunus pendula f. ascendens (Edo higan) as mother. It occurs as a natural or artificial hybrid in Japan and is now one of the most popular and widely planted cultivated flowering cherries (sakura) in temperate climates worldwide. 出典:123rf

ソメイヨシノの寿命は50年~60年です。

Hirosaki Park,Aomori,Tohoku,Japan on April 28,2018:Beautiful cherry blossoms during Hirosaki Cherry Blossom Festival 2018. 出典:123rf

弘前城や弘前公園にあるソメイヨシノは剪定などの手入れが丁寧にしてあるので、樹齢100年を超えるものもあります。

歴史

日本でも500万年前~258万年前の鮮新世の地層から、ムカシヤマザクラの葉の化石が発見されています。少なくとも、数百万年前から日本にも生えていました。平安時代から、日本の花といえば桜のことを指すようになりました。鎌倉時代から、オオシマザクラとの交配が進み、たくさんの種類が生まれました。江戸時代にエドヒガンとオオシマザクラを交配してソメイヨシノが出来ました。今は、日本の国花です。

Bowl with ripe sweet cherry on light table. 出典:123rf

新鮮な果実であるサクランボは甘酸っぱくて、爽やかな味です。食感も弾力があり、はじけるようです。

缶詰のサクランボはシロップに漬けてあるため甘いです。グニョグニョとした食感で、中に硬い種があります。

他にも、塩漬けにして保存した葉を用いた桜餅があります。小豆の甘さに、葉の塩気がアクセントとなり美味しいです。

果実の旬は5月~7月です。佐藤錦は6月頃です。

値段
30gで6個入っていた。1個あたりの重さは5g

買ってきた30g入りのシロップ漬けは180円でした。

高級品の佐藤錦は1kgで10000円~15000円します。

サクラとウメの違いは?

桜の花弁は先が割れていますが、梅は先が丸いままです。

サクランボを見てもわかるように、桜は花柄が長いですが、梅は枝に直接咲いているかのように見えるほど短いです。

a Brown-eared Bulbul on the branch of plum trees. 梅の木の枝にとまっているいるヒヨドリ 出典:123rf

また、桜は一か所から花柄がたくさん出て多くの花が集まって咲いていますが、梅は枝の一か所から咲く数は少ないです。

サクラの花弁は基本的に5枚です。薄いピンク色で集まって咲いていて可愛いですね。10枚以上の花弁があるものは八重桜と呼ばれます。

よく開花予想が発表されますが、三月中旬から下旬のことが多いです。そのため桜は晩春の季語です。和歌や俳句などでは花といえば、基本的にサクラのことを意味します。

花言葉は、優美な女性や純潔、精神美です。

ここで俳句を一句。

「青空に 桜集まり 遠ざかる」

食べる動物はいる?

kawazu cherry blossom and japanese white-eye. メジロ 出典:123rf

春になると、メジロやヒヨドリ、スズメなどが花に集まってきます。その蜜を餌とします。

メジロが桜の花の蜜を吸っている。 出典:123rf

メジロも桜の花の蜜が好物で、枝にとまって吸っています。

植物園で見れる?

板橋区立赤塚植物園のシナミザクラ

国内ほぼすべての植物園に桜が植樹されているといっても過言ではありません。それどころか、公園や河川の堤防などの桜スポットや花見の観光地でも見ることができます。

まとめ

日本の国花です。春を代表するどころか、花といえばサクラのことを指します。河川や道路沿いなどいたるところに植樹されています。その大きさや寿命、味など生態を調べてきました。町の中を歩いていると、あの木は梅なのか桜なのかと迷うことが多いですが、花弁の形や花柄の長さなどで分かりますね。蜜が好物の鳥たちもいました。

仲間の生き物たち

  • ボブキャットは大きくてかわいいネコ!木を登ったり、泳ぐ猫! ボブキャットはアメリカでは大変なじみの深いネコです。 動画でもよく見かけます。かなりかわいくて、アメリカでも大人気です。 かなり大きいですが、やはりネコ科だけあって、いろいろなところに行きます。しかも強いです。 これから生息域や生態、強さ、泳げる猫なのかなどを調べていきます。 また、どこの動物園で飼育しているかについても! 生態 岩の上で […]
  • 知らないと怖いアオブダイ! 食べられるの?猛毒パリトキシンとは? みなさんは、フグという魚は知っていますよね? 刺身で食べたり、鍋にしたり、唐揚げにしたりと、とても美味しく食べられる魚なのですが、一方でその体や内臓には、テトロドトキシンという猛毒を持っています。 だから、フグを調理する為には専用の免許が必要になり、その取り扱いもすごく厳重に管理されています。 ちなみに僕はフグについての講習をしっかりと受け、実技試験をパス […]
  • シャコガイの生態や大きさは?飼育できる?味や食べ方もご紹介! シャコガイ(英語ではGiant […]
  • 招き猫は右手を上げる?左手?どちらが金運アップ?なぜ縁起がよい? 招き猫は開運グッズとして日本人にはなじみ深いモノです。 2000年代に入った頃から、赤字で経営難だった和歌山電鐵貴志川線のタマ駅長がブームになって経営を立て直しただけでなく、聖地巡礼に多くの観光客が訪れました。 毎年9月29日は「招き猫の日」です。 また、猫カフェやグッズなど、猫派にとっては癒しとご利益を兼ねたアイテムが増えてきています。 置物などの […]
  • 生きた化石代表「シーラカンス」謎の生態!寿命,味は?水族館で見れる? 「生きた化石」の代名詞的存在といえば、シーラカンス(英語ではCoelacanth)。 長く絶滅したと思われていたその生きた個体が発見された時は、 恐竜が見つかったかのような騒ぎ様だったらしい。 その謎に包まれた生態や驚くべき寿命、やっぱり只者ではなさそうなのだ。 また、水族館にいるのかどうか確かめるために見に行ってきました。 生態 […]