シマリスは「部屋んぽ」が大好き!確認も必要!なつく方法も

ケージ内で反復横跳びやバック転を、シマリスが繰り返すことはありませんか?これは常同行動でストレスが原因として考えられるようです。

そんなときは部屋んぽ(ケージから外にでて部屋の中を散歩すること)をしましょう。

ケージから外に出して、思いっきり遊ばせてあげることも必要です。

行動範囲の広いシマリスは部屋んぽをすることにより、ストレス解消になります。

また、ケージに戻るためには、飼い主に懐いていないといけません。

部屋んぽをする前の準備や確認、ケージに戻す方法、なつく飼育方法などについて説明していきます。

好奇心旺盛で行動範囲が広いので、部屋んぽは決められた場所で

シマリス
柵よよじ登る

好奇心が旺盛なシマリスです。

新しいものや、珍しいものに興味津々です。

どうやって使うのか、どうやって遊ぼうかと、考えます。

ケージ内なら安全ですが、ケージの外に出した場合、危険な点がたくさんあるので注意しましょう。

行動範囲が広く、動き回るシマリスは部屋んぽが大好きです。

野生下では、70cmほどの樹木間でも跳ぶことができるらしいので見失ったら大変です。

カーテンレール、エアコンの上なんて平気で移動します。

見失ってしまわないように、シマリスとの部屋んぽは決められた部屋でしましょう

外に出す前に、準備や確認をしましょう

シマリス
巣穴に入る

部屋んぽをする前に部屋の中を確認や準備などの対策することが必要です!

危険なものはないでしょうか?危ない場所はないでしょうか?

また、シマリスは、狭い場所にも入ります。

準備したり、確認すべきことの一覧です。

  • 窓の戸締りは大丈夫ですか?確認しましょう。シマリスは小さくて身軽、簡単に外に飛び出してしまいます。
  • シマリスは狭い場所に入り込んでしまいます。家具の裏に害虫用の薬品は置いてありませんか?確認しましょう。
  • 電気コードを齧ってしまって、感電してしまうかもしれません。電気コードを片付けておきましょう。
  • 家電などの隙間はありませんか? 家電なども片付けておきましょう。
  • 観葉植物など置いたままにしていませんか?毒性のある植物もあるので注意が必要です。観葉植物も片付けておきましょう。

シマリスは、壁や家具も、もちろん齧りますので、覚悟の部屋んぽを・・・

カーテン越しのワイヤーラックによじ登り中。

失敗談として以前、我が家では、シマリスがガスコンロの下に入り込んでしまって泣きそうになりました。

それからは、家具や家電の隙間をなくすことを徹底しました。

これで大好きな部屋んぽを、心おきなく楽しめます。

部屋んぽ後に、ケージに戻す方法。

とにかくじっとしていないシマリスなので、部屋んぽの後もケージに戻すのが大変です。

部屋んぽ中は目を離さないことが大事ですが、決して追いかけまわしたり無理やり掴んだりしないでくださいね。

シマリス

まずは、部屋んぽさせる前に十分コミュニケーションをとり、仲良くなっておきましょう。

シマリスが飼い主に懐いていないと、「部屋んぽ」はできません。

シマリスをケージに戻すためには、飼い主になついていることが重要です。

なつく方法は?

まずは「部屋んぽ」させる前に十分コミュニケーションをとり、仲良くなっておきましょう。

毎日、エサをあげる時などには声をかけ、慣れてきたら手からおやつをあげてみる。

体を触らせてくれるようになるまで、少しずつ時間をかけて接していきましょう。

指をクンクン・・・この人は安全かな?

飼い主の手に乗ってなついている

声かけ、安心感、大丈夫。シマリスの方から寄ってくるようになります。

慣れてくると指をクシクシしてくれますよ。

とにかく人によく慣らしておけば、おやつを使ってケージに戻すこともできます。

おもちゃでストレス解消

Chipmunk sits on a gray pipe. Small brown wild animal with stripes on the back. 出典:123rf

ケージ内でもできるだけ回し車やおもちゃなど、シマリスが動き回れる空間づくりを心がけましょう。

また、時々、ペット用品のレイアウトを変えてみるのもいいですね。

シマリスのストレスも解消し、仲良く暮らすことができて、飼い主に懐きます。

まとめ

シマリスは行動範囲が広くて、動き回ることが大好きでした。

そのため、部屋んぽをするときは、部屋の中を確認しましょう。

家具や家電の隙間をなくすなどの準備も必要ですた。

部屋んぽを楽しんだあと、シマリスがケージに戻るためには、飼い主に懐いていることも必要でした。

おやつ等を使って、ケージに戻すこともできます。

ストレス解消に、部屋んぽをしましょう。

仲間の生き物たち

  • 旬はいつだ?シーズンの異なる2種類の牡蠣を美味しく!旬はいつだ?シーズンの異なる2種類の牡蠣を美味しく! 最近、日本はおろか世界各地でも専門店が増え、魚介類の生食文化が無い欧米でも親しまれている食材、それは・・・ そうです、牡蠣ですよ! 敷詰められた氷の上に、早く食べてくれーと言わんばかりに、新鮮なものはキラキラ輝きます。 そのまま口に運んで海の味を堪能するも良し!薬味塩&レモンや、刻みネギ&おろしポン酢といった引き立て役と一緒に食べ、味のハーモニーを楽しむも […]
  • 「ホシバナモグラ」珍獣の王!その外見と生態!日本の動物園で見れる?「ホシバナモグラ」珍獣の王!その外見と生態!日本の動物園で見れる? 「動物」というと、僕たちは自分の生活の身近にいる動物たちをイメージする人が多いと思います。 それはペットの犬や猫だったり、普段食べている牛や豚だったり、時折山から人里に出てくるサルやクマ、動物園の人気者のライオンやゾウ。 みな馴染み深く、そして多くの人が、「かわいい」とか「かっこいい」いう風に思うでしょう。 しかしこの地球には、そんな「可愛い」や「カッコイ […]
  • 日本の動物園にいない珍しい動物たち!海外にいる?ネット上で見れる?日本の動物園にいない珍しい動物たち!海外にいる?ネット上で見れる? 国内の動物園も数が増え、また各々で飼育している動物たちの種類も増えています。 それでもなお、海外には生息しているが、日本と気候が違いすぎるとか、圧倒的に生息数が少ないとか、色々な理由で、日本の動物園では会うことのできない種類の生き物たちはたくさんいます。 今回はそういった動物たちを調査しました。 インターネット上の動画などで見ることができるかどうかも気にな […]
  • 幸運を呼ぶ!世間で話題のピンクイルカの正体はカワイルカ!?幸運を呼ぶ!世間で話題のピンクイルカの正体はカワイルカ!? 最近、海外で見られる絶景や、珍しい動植物を特集するテレビ番組が多いですよね。 そして、そんな番組をきっかけに、好奇心を抑えきれずに旅に出る人もたくさんいます。 そして今、そんな日本にはない出会いや感動を求めて旅に出る人たちに、すごく人気の動物がいるのはご存知でしょうか? その名も、「ピンクイルカ」(英語ではPink […]
  • 「イソギンチャク」の飼育できる種類!クマノミとの共生も「イソギンチャク」の飼育できる種類!クマノミとの共生も 水族館などで人気者のイソギンチャクです。 私もスキューバダイビングの際、 海で見かけるとテンション上がります。 今日はその種類やアクアリウムでの飼育、 クマノミとの混泳や共生などをご紹介していきましょう。 共生 出典:PIXTA クマノミはイソギンチャクと共生しています。 その触手には刺胞があり、クマノミ以外のお魚を近づけませ […]