1d2e371cd482e60fdb9f0323f3049963_s

白蛇って、神秘的な生き物ですよね。もし見かけたりしたら「なにかいいことがあるかも!」と私なら思ってしまいます。

でも、この「いいことがあるかも」っていう気持ち、どうして湧いてくるのでしょう?

昔から縁起が良いと言われているのですが、実はどうしてそういわれるようになったのか、よく知らないのです。

昔から古典文学が好きだった私は、大学でも古事記や源氏物語などの文学の研究をしていました。そこで、古い文献好きの私が、白蛇がどうして大切にされてきたのかお伝えしたいと思います!

そもそも白蛇ってどんなヘビ?

白蛇と言いますが、種類でいうと実はアオダイショウのことなのです。アオダイショウって色がついてなかったっけ?と思われる方もおられると思います。

アオダイショウでも、アルビノという色素が抜けたヘビのことをを白蛇と呼んでいます。

アルビノは、突然変異によりメラニン色素が抜けて、白またはうっすら黄色い体と、目の色素も抜けるのでルビーのように赤くなります。この赤は、血管が透けて見えるせいです。

アオダイショウのアルビノは凄く珍しいわけではないみたいですが、劣性遺伝のため普通のアオダイショウとの間にはアルビノは生まれません。

しかも基本的に白い生き物は野生で目につきやすく、すぐに外敵に見つかってしまい、生き残ることが難しいんだそう。。

ですが!山口県岩国市には江戸時代から野生で白蛇が繁殖した記録があります。当時の藩主が、白蛇が生きていくのに必要な水田をたくさんつくり、石垣や水路、エサとなるネズミが多かったようです。

地元の人々も白蛇を神様の御使いとして大切にしたことで増え、1924年(大正13年)国の天然記念物に指定されました。しかし、昭和になって都市開発が進み、石垣や田んぼが減り、白蛇は数を減らしていきました。

そこで、岩国市は白蛇を存続させるため、現飼育管理がされることになりました。現在では1000頭前後が施設内の敷地で暮らしているそうで、会いにいくこともできるみたいですよ。

ちょっと気になったのは、普通のアオダイショウが胴5cmに対し、岩国の白蛇は胴15cmで、倍以上太いこと。。飼育下だからなのでしょうか?でも、もったりとした白蛇を想像するとかわいいですね。

私は田舎暮らしのため、普通のアオダイショウをよく目にします。そのたびに観察していたのですが、アオダイショウは大人しく、人間を見かけるとすぐに逃げてしまうのです。ただ、こちらが攻撃をしようとすると、やはり威嚇されたり噛みつこうとしたりするのですが。。。

アルビノのアオダイショウは、さらに輪をかけておとなしく、全く攻撃をしてこないんだそうです。なんだかもっと神秘的に感じてしまいますね。

ではこの白蛇、いったいいつ頃から縁起物として親しまれるようになったのでしょうか?

白蛇の伝説

日本には縄文時代にはすでに蛇信仰がありました。時代がくだるにつれて、信仰と恐怖、二つの要素を持って神様となり、現代でもヘビを信仰の対象とする神社もあるんですよ。

蛇は脱皮をすることから、死と再生、つまり不死の象徴で、そこから転じて脱皮した皮を財布に入れると金運の象徴となったり、独特の形から水と繋がりのある神と考えられたり。

では、白蛇にはどんな言い伝えがあるのでしょうか?

有名なのは、七福神の一人で芸能と川の女神、弁財天の遣いが白蛇であることです。

他にも、

栃木の久下田には弁財天を祀る神社があるのですが、そこには2匹の白蛇が住んでいて、吉凶変事があると知らせるために姿を現したという話。

兵庫県西宮市にある夫婦岩には、ある人が夫婦岩の真ん中に生えている木を切ろうとすると、巨大な白蛇が現れ、その人は高熱を出して数日後に亡くなったという話。

(この夫婦岩は道路の真ん中にあるため、爆破しようとするとそのたび関係者がなくなるという話も・・・)

岡山県笠岡市の真鍋島を支配していた真鍋藤兵衛の妻は、美人で気位が高く、真鍋家の土蔵に住んでいる白蛇にエサをやるという家訓が気に入らず、藤兵衛に追い出すよう訴えた。藤兵衛がその通りにすると、その後藤兵衛は殿様ではいられなくなった話。

など、他にもアイヌに伝わる白蛇姫や、長野に伝わる黒姫伝説など、日本各地に数えきれないほどあるようです。

白という色は、世界共通で「けがれない色」ということで、邪を払う神様の色とされてきました。もともとある蛇信仰と、神様の色としての白が交わり、白蛇を神聖な生き物として考えたのでしょうね。

ただ、少し調べただけですがこの白蛇がでてくる話し、やたらと祟り系が多くありませんか?なんというか、やっぱりどこかに蛇に対する恐ろしさがあるんだろうなと思ってしまいます。

白蛇を祀る神社があった!

0115641a1a9f33b28a005eae8b8cac93_s

これだけ白蛇への信仰があるのなら、もちろん白蛇をまつる神社だってありますよね!

さきほどもお話ししましたが、弁財天の御使い、または弁財天の化身とされていることが多いようです。

弁財天はもともとインドの神様でしたが、それが日本に伝わり、金運の神様としてあがめられました。そして日本の神様で、顔が人、体が蛇の宇賀伸と結びついて宇賀弁財天となったようです。

伝説のところででてきた栃木県久下田の弁財天と白蛇をまつる、白蛇弁財天では、狛犬ならぬ狛蛇のように2頭が鳥居の近くに建てられています。

石川県金沢市の金澤神社には、白蛇龍神がまつられ、災害除けや金運にご利益があるそうです。

こちらの白蛇は雌雄一対となっており、月に一回ご神体を開帳しているそうです!ぜひご利益にあやかりたいところですね。ご神体が開帳された写真も公開されていたのですが、その天井に描かれている白蛇が・・・ものすごくかっこよくなっています(笑)もし訪れることがありましたら、開帳のタイミングで行ってぜひご覧になってくださいね。

あとはやっぱり、生きた白蛇の地である、山口県岩国市の岩国白蛇神社でしょうか。建設は意外と新しく、平成24年だそうです。こちらは隣に白蛇資料館と野外飼育施設がありますので、神社でのお参りと、本物の白蛇を目にすることができます。白蛇のご利益をたっぷりとあびることができそうです。

もう一つ、岡山県に道通神社があります。ここは蛇信仰の総本山みたいなところです。主祭神は猿田彦です。猿田彦は古事記では有名な神でホオズキのような目をしていたそうです。なんだか白蛇と共通しますね。伊勢にある猿田彦神社にも「たから石」という白蛇がのったかたちをした石があり、金運にいいそうです。

やはり、白蛇と言えば金運や商売繁盛、あとは厄除けであるようです。できればあやかりたいところです。。

白蛇の夢には意味がある

8da6d8dc9fa9c400baf29b08f2412204_s

まず、蛇を夢でみるということは様々な意味があるようです。蛇は吉にも凶にもなりうる蛇だそうで、色や大きさ、何をされたかで大きく変わってくるようです。

さて、では白蛇はどうかというと・・・・・・やっぱりかなり強運の吉夢なんだとか。まあ、ここまでの白蛇にまつわる話しで想像できますよね。

神社でのご利益の通り、金運や仕事運が上昇するようです。もしかしたら宝くじがあたるかも?ぜひ私の夢にもお越しいただきたい。

ただし、この白蛇をみて不安や不快な感じを受けたら、健康に支障をきたしていることがあるので注意が必要です。

私は大蛇に追われて、噛みつかれる寸前で目が覚めたことがあるのですが、ものすごく恐ろしかったです。ちなみに夢占いの診断では、「良いことが起こる前触れ」と「精神的に追い詰められる」「情緒不安定におちいる」という吉凶どちらかの夢だそうで。。

もうずっと前の事なのでその後の出来事は覚えていませんが、あの恐怖感は凶だったのではと今は思えます。

白蛇についてのまとめ

1.白蛇はアオダイショウのアルビノ

2.白蛇は神様の遣いと考えられ、日本各地に伝説がある

3.白蛇をまつる神社は、金運や商売繁盛のご利益がある

4.白蛇の夢は、お金が入ったり仕事成功などの吉夢と、体調不振の凶夢がある

白蛇がとても神聖な生き物と考えられてきたことがわかりました。

昔から大切にされてきた思いが、今でも私たちに自然と伝わってきているんですね。

もし現実か夢で出会えたら、何かいいことがあるかもしれませんよ!