TAG

違い

猫の目の色の種類!子猫は?オッドアイとダイクロイックアイの違いは?

猫の目の色は不思議ですよね。 主に、「グリーン」や、「ヘーゼル」、「アンバー」、「カッパー」、「ブルー」、「レッド」、などの種類があります。 また、子猫のときは「キトンブルー」とも呼ばれ、青っぽいですよね。 また、「オッドアイ」、「ダイクロイックアイ」という種類もあります。 どのような猫の目のことを、そう呼んでいるのでしょうか?調べてみました。 猫の目の色の種類 猫の目は、人間でいうところの白目の […]

ジュゴンは日本では沖縄にいたが絶滅?港湾開発が原因?生態など

哺乳類カイギュウ目のジュゴン(英語ではDugong)です。海の牛と書いて海牛です。 色々と話題の多いジュゴンです。また、絶滅危惧種となっています。 ジュゴンは日本では沖縄にのみ生息していましたが、絶滅との情報も! そのジュゴンの生態や生息域、マナティーとの違い、絶滅危惧種となる理由などについて調べていきます。また、飼育している水族館も! ジュゴンの生態について ジュゴンは大きい個体になると、体長が […]

ハナゴンドウはイルカ?そもそもクジラとイルカの違いは何?

ハナゴンドウ(英語ではRisso’s dolphin)は一般的にはイルカ(Dolphin)だと思われています。でも顔だけ見るとマッコウクジラに似ているし、オキゴンドウやゴンドウクジラという種類のクジラもいます。 また、ハナゴンドウはハンドウイルカとの間に交雑種が生まれることもあります。南知多ビーチランドで飼育されている、ハイブリッドの「プリン」ちゃんが有名です。 そのほか、まれにアルピ […]

ワシミミズクは種類いっぱい!生態や飼育なども!

実は住んでいる場所によって、同じ種類でも羽の色が違うミミズクがいるのですが、ごぞんじですか?たとえばシベリアに住む個体は全体的に灰色がかっていたり、ドイツに住む個体は茶褐色のまだら模様をしていたり。 アフリカに住む個体だと、さらに茶色がつよかったりします。同じ種類なのにそんなに違うの?それってなんてフクロウ?と疑問に思うかもしれません。 同じ種類であっても羽の色が違うという、そのワシミミズクについ […]

フクロウとミミズクの違いは?耳みたいな羽の正体も判明!

調べていると、たくさんの種類があることに気がつきます。 モリフクロウ、メンフクロウ、アフリカオオコノハズク、スピックスコノハズク……。どれもかわいくて、まじまじと観察してしまいますよね。 丸いフォルム、細長いフォルム、耳が長いもの、短いもの……。そこで、ふっと思い出したのが昔読んだ本でした。 そこには耳の長いのがミミズクで、短いのがフクロウって書かれていたような・・・。 あれ、でもウサギのような耳 […]

フクロウ、ミミズクの寿命が長い秘密!大型、中型、小型の寿命の違いは?

最近ではペットとしての人気も高いです。 もこもこした羽毛にくりくりと動く目。一つ一つの動作がかわいくて、ぜひ、おうちにお迎えしたい!そんな風に思われるかもしれません。 私自身、フクロウやミミズクが大好きで、できるなら長く一緒に暮らしたい……。 そこで気になってくるのが、寿命です。どのくらい生きるのか?今回はそんなフクロウ、ミミズクの寿命に関するあれこれを紹介します。 フクロウ、ミミズクの寿命は? […]

2種類の牡蠣、イワガキとマガキの違いとは!?

古くから、日本はもちろんアジア地域およびヨーロッパでも食べられてきた海の宝「牡蠣」(英語ではOyster)。今やその存在は全世界に知れ渡り、多くの人に愛され、食されていますが・・・ 実は、私たち日本人がよく口にしている牡蠣には、2つの種類がいることは知っているでしょうか? 「岩牡蠣(イワガキ)」と「真牡蠣(マガキ)」です。 この2種類は同じ牡蠣の仲間に分類されますが、その形態や生態は多くの部分で異 […]

「アオウミガメ」と「アカウミガメ」の違いはこれだ!見分け方は?

テレビ番組やドキュメンタリー映画でよく見かけるウミガメ。 優雅に海中を泳ぐ姿や、砂浜で産卵する様子、孵ったばかりの子ガメたちが海を目指すところなど、私たちに癒しや感動を与えてくれます。 そんなウミガメたちを見るために、産卵場所となっている海岸に観察に行く人も増え、産卵を見学するナイトツアーまで企画されています。 そんな私たちに大人気ですが、現在のところ地球上に生息が確認されているウミガメは7種、あ […]