出典:PIXTA

超巨大生物の「ヘラジカ」を知っていますか?

あの武井壮をビビらせ、武井が百獣の王を目指し始めたきっかけとなった巨大な鹿です。アメリカでは毎年、多くの人をびっくりさせてきました。

今回はそんな化け物じみた動物であるヘラジカについて、武井壮のエピソードを交えて生態とそのデカさをお伝えします。

武井壮とヘラジカ

ヘラジカの生態の前に、武井壮が百獣の王を目指し始めたエピソードを話そうと思います。どちらかというと、ヘラジカの凄さより武井壮のワイルドさに驚いたかもってくらいですが笑。

武井壮のヘラジカとの出会い

タイガー・ウッズの影響を受け、ゴルフプロを目指し、当時アメリカ留学中だった武井壮。そんなある時のことでした。

当時体重が重くなっていた武井壮は、減量のために近くの森をジョギングしていました。

そのとき!

とんでもないデカさのヘラジカが現れたのです。

「やべえ、やべえ!」

と本気で思ったそうです。このツイートだけでなく、ラジオとかでも言っていました。ラジオとかでは、足がすくんで「やべえやべえ」としか思えなかったと言っていました。

そんなことで、

「ゴルフやってる場合じゃねー!」

と思って、速攻でゴルフをやめたそうな。武井壮ワイルドすぎてついていけませんよね笑。というか、ゴルフはプロテスト受かるくらいの実力もあったらしいので、正直???ですわ。

でも、ヘラジカって鹿だから大丈夫だろ!と思ったあなた。甘いです。

ヘラジカを鹿と思ったら甘い

性格

まずはこちらの動画をご覧ください。

半端ないですよね。まだ鹿が小柄だったらかよかったですが、もうちょいデカイやつだったらどうなってたものか・・・

個人的にはバカでかい奴が、積もった雪の上を颯爽と駆け抜けていくのが印象的でした。ハンターも怖くないんですかね。初めてヘラジカとあった時は、きっとオシッコちびってたことでしょう。

ヘラジカの性格をまとめると、普段は大丈夫だが、親子でいるときなどは特にピリピリすることでした。アメリカやカナダの森林地帯や登山に行った時は気をつけてくださいね。というか、一人では雪の森林とか山には行かないようにしましょう。

では2つ目です。

ヘラジカが道路を渡る

路上のヘラジカ(ムース)

そこをあの巨大なヘラジカが道路を横切ろうとするのです。

車やバスとの大きさの比較から、どんだけヘラジカがデカイかが伝わってきます。まさに「やべえ、やべえ!」です。

後述しますが、大きいヘラジカは1トン近くなります。そんなヘラジカが道路に立っているのです。徐行しないといけないです。

まあ、ヘラジカの生息地である森林地帯を横切るように道路をつくるほうがよくないんでしょうけど。

出典:istockphoto

これは、北欧のスウェーデンの交通標識です。日本では鹿に注意という意味です。北欧ではむしろ車のほうが危ないという意味みたいです。

また、昼間は明るいため大丈夫なようですが、夜になると確認しづらいため、よほど注意して道路を見ていないといけないです。くれぐれも気をつけてください。

ここまでで、寒冷地の森林地帯の鹿のすごさと、森林を散歩したり、運転したりするときの注意が伝わったと思います。

次は生態やその大きさについてです。

巨大ヘラジカ〜生態と最大個体〜

ムース 出典:PIXTA

ヘラジカの生態に迫ってみましょう!

呼び名がイケメン

ユーラシア大陸のヘラジカと、北アメリカのヘラジカで呼び名が違いますが、どちらもイケメンです。

・ユーラシアでは、

elk(エルク)

・北アメリカでは、

英語でmoose(ムース)

と呼ばれています。若干、エルクの方がかっこいいですが、英語のムースもなんか神秘的な気がしますよね。ちなみに、アメリカでのエルクはヘラジカの次にデカイ「アメリカアカシカ」のことを指します。

ノルウェーでは国を代表する動物がヘラジカとなっています。

ヘラジカの大きさ

大きさはオスの方がメスより大きいです。

体長 2・4メートル〜3・1メートル

大きいものだと猫ひろし約2人分。

体高 1.4メートル〜2・3メートル

肩までの高さだけで、デカイやつはチェ・ホンマンよりデカイ!

重さ 200〜825キロ

横綱白鵬5~6人分です。

最大のヘラジカは?

平均的な巨大オスで体高210センチくらいなのですが、写真で確認できる最大の体高のヘラジカはというと・・・

240cmといわれています。下の画像のヘラジカです。

bb18705c
出典:http://labaq.com/archives/51683027.html

もしかしたら2・6メートルくらいはあるかもしれませんが・・・

木の高さがおかしく感じますよね。最初見た時は「合成だろ!」くらいの衝撃でした。ヘラジカは山奥にも生息する生き物なので、もしかしたら人間が発見したことのないもっと大きいヘラジカもいるかもしれません。

寿命

15年〜20年です。(もちろん10年くらいのヘラジカもいます。)

野生のヘラジカの最長寿命は22年ほど。デカイわりには以外と平均的な動物の寿命くらいでした。

食生活

草食です。

葉っぱや木の実を食べますが、水の中に生えている水草も食べるみたいです。樹皮さえも食べるらしい。

生息地

こちらをご覧あれ!

470px-moose_distribution
出展:wikipedia

日本よりちょっと高めの緯度のところに生息していますね。そこらへんの地域を旅行することになったら気をつけてください!

次はびっくりなヘラジカの特徴。

ヘラジカの特徴

エルク 出典:PIXTA

デカイのが一番の特徴かもしれませんが、意外な特徴もあるのです。

足が速い

先ほどの動画にもありましたが、かなり早いですよね。ヘラジカは時速に換算して、約50キロのスピードで走るらしい。

泳げる

足が早いだけでなく、ヘラジカは泳げます。しかもちょー得意。なんと、数キロも泳げます。さらには30秒ほど潜り続けることもできるとか。

群れを作る

夏は主に単独で行動するのですが、冬になると10頭ほどで群れを作るそうです。遭遇したらかなりやばめ。

出典:AMAZON

これはメスのヘラジカの画像です。

ツノはオスだけ生える&毎年生え変わる

以外と知らないのですが、鹿の角は毎年生え変わります。

そして、オスだけ生えます。基本的に冬になるともげるらしい。

出典:123rf

上の画像は、ヘラジカのメスです。

ここまででは、ヘラジカが最強に思えますよね。ヘラジカも参加している、世界最強動物ランキングについてはこちらも。

ヘラジカの天敵

どでかいヘラジカですが、クマやトラ、そして集団でくるオオカミなどにはかなわないようです。

今は絶滅の心配のないヘラジカですが、今後もどでかい姿のまま生き延びて行って欲しいものです。

ここまでヘラジカについてお伝えしてきました。

ヘラジカは武井壮の百獣の王を目指すきっかけになった生き物でもあり、国のシンボルとしても描かれているかっこいい動物です。

アメリカやカナダ、北欧などに旅行して「ヘラジカを、見たことがないからいつか見たい!」と思った今回の記事でした。