ユキヒョウは赤ちゃんもモフモフで可愛い!絶滅危惧種?動物園で見れる?

ユキヒョウの兄弟

雪のように白い豹の仲間である、ユキヒョウ(英語ではsnow leopard)です。

モフモフとしたイメージがあり、ワイルドな反面、とてもキュートです。

この記事では、

  • 生態
  • 国内の動物園で見れる?
  • 絶滅危惧種なの?

などについて、ご紹介します。

ユキヒョウの生態は?

全体的に迫力を感じる立ち姿ですが、耳が小さく、顔は可愛らしい印象です。

尾は太くて長く、斜面や雪上でバランスをとるのに適しており、尾を含めた全身は長い体毛で覆われ、温度の低い高山帯に適応していると言われています。

背面が淡灰色や淡黄色で、顔は白く、暗色の斑紋で縁取られた不明瞭な斑紋が特徴です。

高地や寒冷地で生息している為、体毛は季節によって長さが変わり、夏は2.5㎝、冬は5~12㎝まで伸びると言われています。

夜行性で非常に警戒心が強く、野生の個体を観られることは早々ありません。

生息域、生息地

雪の中のユキヒョウ

カザフスタン東部から、インド北部、ネパール、パキスタン北部、ブータン、モンゴル、中華人民共和国西部、ロシア南部にかけて生息しています。中央アジア付近ですね。

野生のユキヒョウは、標高600~6,000メートルにある岩場や草原、樹高の低い針葉樹林など、非常に寒冷な高地環境に生息しています。

ヒマラヤなどの雪の急斜面を駆け下りたりもできます。

同じネコ科のマヌルネコも中央アジアの高地に生息しています。

大きさ

Snow leopard cub (Panthera uncia). Young snow leopard.
Snow leopard cub (Panthera uncia). Young snow leopard. 出典:123rf

ユキヒョウは、体長100~150cm、尾長は80~100cm、背高60㎝で、尻尾が長いのが特徴的です。

体重は、オスが45~55kg、メスが35~40kgで、メスがオスに比べて結構小柄なのがわかります。

寿命

ユキヒョウの寿命は、野生だと約15年飼育下だと約20年です。

一般的なネコ科動物と大差ない寿命ですよね。

ユキヒョウの主食はバーラルと呼ばれる、角が特徴的なウシ科の動物です。

他にも、アルガリ、ゴーラル、コウジョウセンガゼル、シベリアアイベックス、チベットガゼルなどのウシ科動物も餌として捕食します。

ヒツジやヤギ、シカの仲間、ウサギ、鳥類なども食べます。

性格

多摩動物公園で飼育している

ユキヒョウの性格は温厚です。

豹の仲間ではありますが、人間を襲うことはありません。

鳴き声

札幌市円山動物園で飼育しているユキヒョウの鳴き声です。

水を飲みながら「グルルー」と鳴いています。

また、他の大型のネコ科動物とは異なり、大声で吠えることができません。

のどをゴロゴロ鳴らしたり、「シャーっ」と威嚇したり、ネコのような鳴き声や低いうなり声をあげるのも特徴です。

鳴き声は、比較的、猫に似ています。

猫の鳴き声にも種類や気持ちがあります。

赤ちゃんもかわいい

赤ちゃん

ユキヒョウの妊娠期間は100日前後で、一度に平均2~3頭を産みます。

岩の隙間や洞窟・樹洞で出産します。子供は2年間母親と共に生活をします。

ユキヒョウの赤ちゃんもモフモフで、かわいいです。

ユキヒョウは動物園で見れる?

ユキヒョウは日本でも数か所の動物園で観ることができます。

また、1987年に札幌市円山動物園ではじめて飼育下繁殖に成功しています。

<ユキヒョウが観られる動物園>

  • 円山動物園(北海道)
  • 旭山動物園(北海道)
  • 大森山動物園(秋田県)
  • 多摩動物公園(東京都)
  • いしかわ動物園(石川県)
  • 浜松市動物園(静岡県)
  • 東山動植物園(愛知県名古屋市)
  • アドベンチャーワールド(和歌山県)
  • 王子動物園(兵庫県)
  • 熊本市動植物園

熊本市動植物園で熊本地震で被災したユキヒョウは、一時、大牟田年動物園(福岡県)に避難していましたが、現在は新しくなった熊本市動植物園に戻ってきています。

ユキヒョウは絶滅危惧種なの?

ユキヒョウは、生息数が減少していると考えられ、レッドリストに登録されています。

地球温暖化のため、生息地の気候変化や、針葉樹林の減少もあり、ユキヒョウの生息数は減少しています。

最新の情報では、生息数は世界全体で4080頭~8700頭と推定され、2015年までの過去16年間に個体数が20%以上減った可能性があると言われています。

温厚な性格のユキヒョウです。

生息地の環境維持など、ユキヒョウの未来を守っていきたいものですね!

ユキヒョウは赤ちゃんもモフモフで可愛い!絶滅危惧種でした

ユキヒョウは中央アジアの高地に生息しています。すごく寒冷な場所でした。

赤ちゃんもモフモフで可愛かったです。

中央アジアの気候の変化や森林破壊などのため、生息数も減少していました。

ぜひ、お近くの動物園にユキヒョウを見に行きましょう。