タイの森の中に生息しているベンガルヤマネコの子猫

ベンガルヤマネコ属のベンガルヤマネコ(英語ではLeopard cat)です。ベンガルヤマネコ属にはヤマネコの仲間がたくさんいます。

日本では、イリオモテヤマネコやツシマヤマネコが有名です。ほかにも、いろいろな山猫の中心的存在です。

上の画像は、かわいいベンガルヤマネコの子猫です!

こんな仲間の多いベンガルヤマネコの生態や生息地などを調べました。もちろん、飼育している動物園についても!

ベンガルヤマネコの生態について

ベンガルヤマネコは大きいものになると、体長が65cm前後、尾長が30cm前後、体重は7kg弱となります。大きめのイエネコくらいの大きさです。

leopard catという名前の通り、ちょっとヒョウ柄に似ています。ヒョウのような斑模様です。やはりツシマヤマネコと同じように、額から背中にかけて、縞線があります。耳もまるくて、かわいい猫です。

ベンガルヤマネコは基本的に単独で行動しています。夜行性で、その活動範囲は広いです。

ベンガルヤマネコの生息域は?

ベンガルヤマネコの生息域 出典:Wikipedia

中国やインド、東南アジアにかけてにベンガルヤマネコは生息しています。森林や草原などで生活しています。鉱山開発や森林の開発などのため、生息域は減少しています。このことはまたのちほど述べます。

ベンガルヤマネコの寿命は?

ベンガルヤマネコの寿命は野生では7年ほど、飼育下では13年ほど長生きしたこともあります。

ベンガルヤマネコの餌は?

ベンガルヤマネコ

ネコ目のベンガルヤマネコは、小動物や昆虫類を食べます。

ベンガルヤマネコ属の仲間の猫たち

山猫の仲間たちについてです。ベンガルヤマネコ属には、マレーヤマネコやスナドリネコ、アムールヤマネコなどの猫がいます。日本には、ベンガルヤマネコの亜種である、イリオモテヤマネコやツシマヤマネコが生息しています。また、近縁の種類の猫として、マヌルネコがいます。

イリオモテヤマネコはベンガルヤマネコの亜種!

イリオモテヤマネコはベンガルヤマネコの亜種です。西表島に生息しています。やはり、イリオモテヤマネコは、環境の変化や森林開発などの7ため、絶滅危惧種となっています。動物園でも見ることはできません。かわいいイリオモテヤマネコについてはこちらも。

ツシマヤマネコもベンガルヤマネコの亜種!

ツシマヤマネコもベンガルヤマネコの亜種です。対馬に生息しています。やはり、絶滅危惧種となっています。福岡市動物園や東山動植物園などで飼育されています。かわいいツシマヤマネコについてはこちらも。

マヌルネコは近縁種の猫

約600万年前に、マヌルネコはベンガルヤマネコ属の共通の祖先から分岐しました。そのため、マヌルネコは世界最古の猫とも呼ばれています。上野動物園や那須どうぶつ王国などで見ることができます。かわいいマヌルネコについてはこちらも。

環境問題のため、生息数は減少している?

ベンガルヤマネコ

アジア各地の鉱山開発や森林開発などの環境問題によって、ベンガルヤマネコの生息域が狭まっています。当然、餌となる小動物や昆虫なども減少しています。

また、活動範囲の広い猫なのですが、道路の建設などにより、生息地が分断されています。開発や道路建設のため、生息地が分断されて、島状に点在化することになります。そのため、かなり生息域が減少しており、ベンガルヤマネコの生息数も減少しています。

ベンガルヤマネコがいる動物園は?

東山動植物園で飼育されているベンガルヤマネコ

日本では、上野動物園や福岡市動物園、鹿児島市平川動物公園などで、ベンガルヤマネコを見ることができます。福岡市動物園では、ツシマヤマネコも飼育しています。上野動物園ではマヌルネコも飼育しています。

かわいいベンガルヤマネコはどの動物園でも大人気です。ぜひ、近くにお立ち寄りのさいは、ベンガルヤマネコを見に行きましょう。

最後に

ベンガルヤマネコはヤマネコの中心的存在でした。ベンガルヤマネコの子猫もかわいいです。

日本のイリオモテヤマネコやツシマヤマネコは、ベンガルヤマネコの亜種でした。これらの猫は絶滅危惧種となっています。

やはり、鉱山や森林開発などの環境問題により、ベンガルヤマネコも生息数が減少しています。地球の環境を守っていきたいです。ベンガルヤマネコ属なども含めて、世界中の珍しい猫たちについてはこちらも。