うさぎの鳴き声!「ぷうぷう」「キー」の意味は?実は声帯がない

世界中にはさまざまなうさぎがいますよね。

その鳴き声と聞いて、どんな鳴き方するのかな?

と、疑問に思う方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、どんな鳴き声をしているのか、どんな気持ちの時に鳴くのか、

その意味を解説しながら、種類別に見ていきたいと思います♪

うさぎの鳴き声

目を閉じて寝ている

これから、色々な種類のうさぎの鳴き声と、その意味や気持ちを調べていきます。

ネザーランドドワーフ

Two little brown rabbit look forward with one show only legs stay on gray wooden pattern background. 出典:123rf

飼い主に撫でられて、リラックスして、

気持ちよさそうに、ぷうぷう、ぷぅぷぅ、プップッなどと鳴いているのがわかりますね。

嬉しい時や楽しい時に、プゥプゥ・プップッ・プープー、プププと鳴きます。

動画のように、愛情をもって育てると、

飼い主に撫でられているときや、エサを貰うとき、遊んでいる時などに聴くことができますよ。

なんだか見た目とは違う鳴き声にビックリしちゃいますよね。

ぜひ、育てて、聞いてみたいですね。

出典:shutterstock

ペットとして、人気があります。

ホーランドロップ

出典:123rf

これもまた、大人気です!

耳が垂れていて可愛いです。

このインターネット上の動画のホーランドロップも、ダンダンと飼い主の周りを、少しジャンプしながら歩き回っています。

そして、ブーブー、ウーウーと鳴いているので、ご機嫌が良いです。

よく懐いていて、撫でられながら、落ち着いて過ごしています。

飼っている人が「うさぎの声は豚みたい」という方がいるほど、

見た目と違って、その声って可愛らしくない子が多いんですよね♪

ミニレッキス

動画のミニレッキスは、先ほどのホーランドロップと違って、

高めの可愛らしい声ですね。

こちらも飼い主に撫でられて、目を閉じて、

気持ちよさそうに、ぷぅぷぅ、キュウキュウ、キュッキュッ、ウキュウキュと鳴いています。

こんな可愛い声で甘えられると、たくさん撫でてあげたくなっちゃいますね♪

落ち着いて、じっとしていて、安心して暮らせている証拠です。

ヒマラヤン

Himalayan giant white. 出典:shutterstock

ヒマラヤンは、ネザーランドドワーフやミニレッキスと比べると、やや大きめです。

耳をしっかり立てて、少し警戒していそうな雰囲気ですね。

クゥクゥ、グーグー、ブゥブゥと連続して鳴いているのが分かります。

何かを要求しているのか、もしくは「今は触らないで!」と言っているのかもしれません。

基本的には、リラックスしていて、背伸びして床に横たわっているので、

飼い主さんを信頼している様子は伺えますね♪

アンゴラウサギ

出典:PIXTA

動画のアンゴラウサギは鳴いてはいませんが、

鼻をすごくヒクヒクさせているのがわかりますよね。

鼻息がフーフーしています。

ウサギは嗅覚で情報収集する動物で、犬に次いで嗅覚が優れていると言われています。

警戒している時や、大好きなおやつの匂いがする時、

仲間のフェロモンを感じる時などに鼻がヒクヒクとよく動きます。

おまちかね!

ナキウサギについて!

次のページ↓