出典:PIXTA

耳が大きくて、超かわいいフェネック(英語ではFennec)です。フェネックギツネとも呼ばれます。

こう見えても、フェネックはキツネの仲間です。大きな耳がかわいいです。

フェネックの生態や生息地、世界一小さいイヌ科であること、動物園でみることはできるかなどを調べていきます。

フェネックの生態

出典:blog.goo.ne.jp/basilico_photo

ネコ目イヌ科キツネ属のフェネックです。なので、フェネックは、キツネの仲間です。

フェネックの体長は30cm~40cm、尾の長さは15cm~30cmほどです。尾の先端は黒いです。

なんと、フェネックの体重は1kg~2kgほどです。

大きな耳が可愛いです。

フェネックは家族で生活しています。夜行性です。

生息域

フェネックが寝ている

フェネックはアフリカ大陸の砂漠に生息しています。

砂地の中に穴を掘って生活し、日中の暑さや夜間の寒さをしのいでいます。

フェネックは穴を掘って、その中で生活するキツネです。

夜行性ですが、夜間に寒かったときは、午前中に砂漠の上で日光浴をします。

仲のいいフェネックたち

雑食です。小動物や爬虫類、昆虫、植物の葉や根っこ、果実などを食べます。砂漠での生活で、水分は植物から補給しています。

寿命

フェネックの野生での寿命は10年ほどです。動物園などでの飼育下では12年ほどです。

フェネックは世界最小のイヌ科の動物

砂地の上に座っているフェネック 出典:PIXTA

先ほど述べた通り、フェネックの体重は1kg~2kgです。もちろん、フェネックは世界最小のキツネ属の動物でもあります。

イヌ科の中には、オオカミやジャッカル、タヌキ、一般的なイエイヌなどの仲間も含まれます。その中でも、フェネックは世界一小さいイヌ科の動物です。

世界一小さいネコのクロアシネコの体重は1.1kg~2.4kgほどです。

また、サビイロネコも体重が1kg~1.5kgほどで、世界最小のネコと呼ばれています。

フェネックもクロアシネコもサビイロネコも、同じくらい小さくてかわいいです。

ペットとして飼育できる?

個人でペットとして飼育できます。ドッグフードやキャットフード、野菜や果実を与えます。しかし、値段がかなり高いです。

動物園で見ることはできる?

アクアマリンふくしまで飼育しているフェネック 出典:PIXTA

埼玉県こども動物自然公園や井の頭自然文化園、日本平動物園、京都市動物園などの動物園や、アクアマリンふくしまでもフェネックを飼育しています。ぜひ、調べて、動物園に見にいきましょう。

おわりに

砂漠の砂の中に穴を掘って生活していました。また、フェネックは世界一小さいイヌ科の動物でした。キツネの仲間だけあって、耳が大きくてかわいいです。動物園にいったら、フェネックのことを探してみましょう。