マーゲイ 出典:shutterstock

みんなの憧れの猫!マーゲイ(英語ではMargay)についてです。

写真を見てもわかる通り、目がぱっちりして、かわいい猫です。まだまだ、未知の部分が多いネコです。

これから、マーゲイの生態や生息地、かわいい理由、人に懐くかなどを調査していきます。マーゲイの赤ちゃんの写真や動画もあります。

マーゲイの生態

マーゲイ 出典:shutterstock

マーゲイはネコ科オセロット属です。成長して大きいものになると、体長は75cm前後、尾の長さは50cm程度、体重は9kg弱です。木の上でバランスをとるためか、体長のわりに、尾が長めです。

同じオセロット属のオセロットより小さいですが、一般的なイエネコより、少し大きいです。

黄褐色で、黒の斑点があります。

また、ほかの猫と比べて、頭が小さい割には、目が大きいです。これが、マーゲイが超かわいい理由です。まるで、マンガに出てきそうなほど目がぱっちりしていて、かわいい猫です。耳も丸っぽい三角でかわいいです。

マーゲイは、樹上で生活し、単独行動で夜行性です。

生息域

出典:123rf

メキシコから、南アメリカ大陸にかけてが、マーゲイの生息地です。主に、アマゾン川流域の熱帯雨林の密林やサバンナ林に生息しています。時々、民家の近くまで出てくることもあります。

オセロットは地上や樹上で生活しています。マーゲイは、熱帯の密林の樹上で生活しています。そのため、オセロットより小型で、木登りが得意で、枝から枝への跳躍力も凄いです。身軽で足で木の枝にぶらさがったりもできます。木の上にいて、オセロット属のため、英語でTree Ocelotとよばれることもあります。

食べ物

ネコ科のマーゲイは小動物を餌とします。夜行性です。目が大きくて、視力がよいです。また、サルなどの鳴き声のマネをすることもあります。マーゲイは食事なども木の上でします。

寿命

マーゲイの野生での寿命は13年~18年ほどです。

マーゲイは懐く?

パラグアイでペットとして飼育しているマーゲイの赤ちゃんです。

赤ちゃんはさらに目がぱっちりしていて、超かわいい!

飼育して飼い主に懐いています。飼い主とじゃれあっています。

海外では、マーゲイをペットとして飼育しているかたもいます。

同じオセロット属の野生のオセロットも人に懐きます。

国内でペットとして飼育できる?

国内でペットとして飼育するのは困難です。現在、国内でペットとして飼育されているかたもいないようです。

動物園にいる?

母親と赤ちゃんのマーゲイ 出典:shutterstock

国内で、マーゲイを飼育している動物園はありません。マーゲイは珍しい猫です。どうしても、マーゲイを見たいとなると、やはり、海外の動物園にいくか、南米に旅行するしかありません。

まとめ

目が大きくて、超かわいいマーゲイでした。南米の密林で樹上の生活です。

マーゲイの赤ちゃんも、かなり可愛かったです。

国内の動物園で見ることができないのは残念です。

海外ではペットとして飼育しているかたもいて、うらやましいかぎりです。ぜひ、南米に旅行して、マーゲイを見てみたいです。