おうちで飼っている愛猫はよく鳴きませんか?

実は、“人に飼われている” “人に飼われたことがある”という猫は、よく鳴きます。

逆に、野良猫はほとんど鳴きません。

一説に『人間の真似』をして話しかけていると言われています。

しかし、猫が何かを要求しているのはわかっても、具体的にどんな気持ちで何を伝えたいのかはわかりづらいですよね。

この記事では、

  • 猫の鳴き方が持つ意味とは?
  • オス猫とメス猫で違う鳴き声の理由
  • こんな鳴き声には気を付けて!

をご紹介します。

愛猫の気持ちを理解してあげたい!と願う飼い主さんは是非、参考にしてくださいね。

猫はなぜ鳴くの?その理由

出典:123rf

猫を飼っている人でも、犬を飼っている人でも、必ず共通して言えることは「愛猫や愛犬に話しかけている」ということ。

「お腹すいたね」

「ごはんあげようね」

など、日常生活の中でよく話しかけていますよね。

人と暮らしている猫は、自分に話しかけてくれる人に対して、自分の要求を伝えたり、意思疎通の為に鳴いています。

猫が主に鳴く場面は、

  • 甘えたいとき
  • 要求があるとき
  • 不安なとき
  • 発情しているとき
  • 威嚇しているとき

ですよね。

鳴く回数や頻度は個体差があり、それぞれ猫の個性が出る部分でもあります。

また、オスとメスで比較すると、オスの方が甘えん坊な猫が多いため、よく鳴く印象です。

普段あまり鳴かない猫がよく鳴くようになった場合は『発情期』のサインかもしれません。

オスが発情期に鳴く理由

発情期になると、オス猫は攻撃的になったり、落ち着きがなくなったりしますよね。

また、この時期は特に、メス猫を呼び寄せるために遠くまで響くように大きな声で鳴きます。

メスが発情期に鳴く理由

メス猫も発情期はいつも以上に鳴きます。

オス猫に比べて、クールな性格のメス猫ですが、発情期になると甘えた声を出したり、呼び寄せるために長く鳴いたりします。

猫の鳴き声で気持ちや意味を理解してあげよう

出典:123rf

猫を飼っているとよくわかると思いますが、猫の鳴き声には多くの種類があります。

「にゃっ」と短く鳴いたり、「にゃお、にゃおぉ」と少し長めに鳴いたり。

「どんな鳴き方がどんな気持ちなのか?」

を理解するためには、その鳴き声の意味を知ることは必須です。

いくつかの鳴き声を例に、猫の気持ちを考えてみましょう。

機嫌が良い時の鳴き声3選

猫が挨拶するときや、かまってほしいとき、甘えたい気持ちのときの鳴き声を説明していきます。

「にゃっ」と短く鳴く声は、挨拶

飼い主の呼びかけに対して、お返事しているのがよくわかりますよね。

懐いていていて、挨拶にちゃんと返事しています。猫もうれしそうです。

「にゃお」「にゃおぉ」と少し長めに鳴く声は、かまってほしいとき

からだをしっかりと飼い主さんに向けて、飼い主さんに話しかけているのがよくわかります。

飼い主を見つめて、かまってほしそうに鳴いている猫がかわいいです。

かすれたような鳴き声「サイレントニャー」は、甘えたいとき

飼い主と会話をしているようなやり取りがとても癒されます。

ゴロゴロと甘えた時の喉ならしもよく聞こえますよね。

甘えている気持ちが伝わってきます。飼い主の話しかけに、すぐに返事していて可愛いです。かなり飼い主に懐いています。

機嫌が悪い時の鳴き声3選

猫が近寄らないでほしい気持ちのときや、威嚇しているとき、イライラのときの鳴き声を説明していきます。

口を閉じて「ンー」「ウー」と鳴き声は、近寄らないでほしいとき

おもちゃやおやつなどを与えた時などに、結構聞かれる唸り声。

威嚇している様子がよくわかりますね。

「シャーー」「フーッ」と強い鳴き声は、敵意剥き出し

野良猫が喧嘩している時などもよく「シャー」「フーッ」と鳴いていますよね。

縄張り意識が強い猫は、自分の縄張りに他者が入ってくると最大の威嚇をします。

もし、飼い主にこのような声で鳴く場合は、「自分の方が上」と思っている場合も…。

動画のように、近づくと本当に危険です。

「ケケケッ」「カカカッ」と鳴く声は、イライラのとき

ハエや小さな虫、窓の向こうの鳥などを狙っている時、聞かれるのが「ケケケッ」「カカカッ」。

なかなか獲物が捕まらないモヤモヤイライラしている証拠です。

猫の鳴き声がいつもと違う?!考えられる原因

毎日愛猫に触れていると「なんとなく鳴き声が変だな」と思うことがあるかもしれません。

どうしたのかな…と不安になりますよね。

考えられる原因の一つ目は…『のどの炎症』です。

  • 飼い主が長時間不在で、鳴き続けていた
  • 感染症などでのどに炎症が起きている

という理由が考えられます。

猫は昼間、飼い主が不在の時は基本、寝ています。

しかし、いつもより長い留守番になった時などは不安になってよく鳴きます。

「不安」「怖い」と猫が感じている場合、結構長い時間鳴き続けるので、鳴きすぎてのどがかれてしまいます。

また、猫も人間と同じように咽頭炎になります。

誤飲によるのどの傷や、鼻炎の悪化、口内炎の悪化などが原因になります。

さほど酷い症状でなければ、数日で自然治癒しますが…

  • 食欲不振
  • 首のリンパが腫れる
  • よだれが増える

などの症状が続く場合は、早めに病院へ行き、治療をしましょう。

考えられる原因の二つ目は…『尿石症』です。

猫は尿路疾患に弱い動物です。

尿石症にかかった場合、排尿時の激しい痛みにより、つらそうに唸るように鳴くことがあります。

鳴きながらうずくまってしまう場合もありますので、早急に治療が必要です。

キャットフードにも気を使ったほうがよいです。

猫のトイレを掃除するときは、

  • 尿の色が濃くないか
  • 尿量が減っていないか
  • 血尿は出ていないか

などを毎日確認するようにしてください。

毎日の些細な様子から、猫の体調の変化に気付くことができます。

最近は、猫の状態を毎日確認できるハイテクなトイレもSHARPから発売されています。

猫のトイレの訓練や、クリッカーの使いかたも説明してあります。ハイテクなトイレを使うなら、猫にそのトイレを覚えてほしいですね。

猫の鳴き声がうるさい場合はどうすればいい?

出典:123rf

アパートやマンションなどの集合住宅で猫を飼っている場合、猫の鳴き声が大きすぎると感じる方も少なくないですよね。

猫が執拗に鳴く場合はまず、

  • 餌はちゃんと入っているか
  • トイレは綺麗に掃除されているか

など、猫の要求が満たされているかを確認してあげましょう。

夜間に鳴くことが多い場合は、家族が寝てしまって退屈している場合もあります。

1匹でも遊べるようなアイテムを取り入れたり、給餌時間を夜間にするなどの工夫をしてみましょう。

給餌時間を夜間に設定する場合、うっかり忘れてしまうこともありますよね。

毎日定刻に設定できる自動給餌器がおすすめです。

また、愛猫が1匹遊びに退屈しないこちらのおもちゃもおすすめです!

また、『発情期』になると飼い主でも手を付けられないほど鳴いてしまいます。

『発情期』のうるさい鳴き声を予防する方法の一つが、避妊・去勢手術です。

しかし、『発情期』を迎えた後に行う場合、100%防げる可能性は低くなります。

もし、将来的に仔猫を迎えたいと考えていないのであれば、オス猫もメス猫も早めに手術することをおすすめします。

ちなみに、猫の発情期は年に2~3回で1~8月が一番ピーク!

猫を飼いはじめたら一度、病院で相談してみましょう。

動物園では鳴き声を聞ける?

動物園には、サーバルやマヌルネコ、オセロットなど、いろいろな猫が飼育されています。また、ライオンやトラの鳴き声も凄いですね。

ぜひ動物園にいって、いろいろな珍しい猫の鳴き声を聞きましょう。

ハリネズミの鳴き声や行動にも、意味や気持ちがあります。

フクロウの鳴き声にも、いろいろな種類があり、意味があります。

色々な動物の鳴き声を聞くと、癒されます。

猫は鳴き声で飼い主に気持ちを伝えている!

出典:shutterstock

猫は“自由奔放な動物”だと思われがちですが、人と生活することでさまざまなことを学習していきます。

猫の鳴き癖を防ぐためには、

  • しっかり遊んであげる
  • 充分に甘えさせてあげる
  • 必要以上に構いすぎない

と、生活にメリハリをつけることも効果的です。

また、「猫が鳴いている=なにか要求がある」という構図はある意味、「鳴けばなんでもしてくれる」と思われてしまうことにもなります。

猫が何か鳴いて要求している時は、鳴き終えて静かになったタイミングで対応してあげるのも大切です。

猫が「自分に話しかけている」とわかると、愛猫への愛情がさらに深くなりますよね。

普段からしっかりとコミュニケーションをとりながら、小さな変化にも気付ける飼い主でいたいものです。

ぜひ、参考にしてくださいね。