この記事には広告やプロモーションが含まれています。

アジアゴールデンキャットは生息数が減少!その生態は?日本の動物園でみれる?

その名前の通り、ゴールドっぽい赤茶色が可愛いネコ科の動物です。英語ではAsian-golden-catです。別名で、オウゴンヤマネコ、コガネヤマネコ、テミンクネコとも呼ばれています。耳が丸く、顔はトラに似ていて、愛嬌のある顔をしています。この記事では、

  • 生態
  • 国内の動物園で見ることはできるの?
  • 生息数減少の問題

などについてご紹介します。

生態は?

アジアゴールデンキャット
出典:PIXTA

野生での姿をとらえるのが困難で、記録にあるのは飼育下の個体です。はっきりとした個体数もわかっていません。夜行性では?と考えられていましたが、最新の研究では不規則な生活を送っていると報告があります。色は単色と斑紋型に分けられ、単色型だとキツネのような栗色が多いですが、黒や灰色も確認されています。斑紋型は中国に生息しており、オセロットやベンガルヤマネコのような美しい黒の斑紋があります。耳が丸くて小さく、鼻は短め、丸い顔が可愛いです。また、アジアゴールデンキャットと似たネコ科動物に、アフリカゴールデンキャットもいます。顔の様相は異なりますが、どちらもゴールドの色が綺麗なネコ科動物です。

大きさ

The golden cat is sleeping, a species of wild Sumatran cat family of catopuma temminckii from Felidae. 出典:shutterstock

アジアゴールデンキャットの体長は75~105cmです。尾長は43~56cmです。体重は大きいもので、15kgほどです。同じネコ科のボブキャットと同じくらいの重さです。家猫の2~3倍くらいの大きさです。

餌は?

主に地上で生活するため、地上に巣を作る鳥類やトカゲ、ウサギなどの小さな哺乳類、げっ歯類を餌として捕食します。時には家畜である小型の牛なども食べます。食事における順応性が高いです。狩りは、つがいで行うこともあり、ネコ科の動物では珍しいと言われています。

寿命

Asian Golden Cat or Temmink’s Cat, catopuma temmincki, walking in Long Grass. 出典:123rf

動物園などでの飼育下ではアジアゴールデンキャットは20年ほど生きます。野生では、なかなか見つからず、その寿命はよくわかっていませんが、20年よりも短いものと思われています。

生息地は?

Rice fields on terraced beautiful shape of Mu Cang Chai, YenBai, Vietnam. Rice fields prepare the harvest at Northwest Vietnam.Vietnam landscapes. 出典:123rf

アジアゴールデンキャットはその名の通り、アジア各地に分布しています。主に山地の落葉樹林や常緑樹林、熱帯雨林といった森林地帯に生息しており、時には標高3500m以上の高所にも姿を見せます。

森林の中を歩いている野生での、貴重な動画です。インド東北部、チベット、ネパール、ブータン、ミャンマーからベトナムに至るインドシナ、マレー半島、中国南東部、インドネシアのスマトラ島にも生息が確認されています。

生息数が減少している理由。

準絶滅危惧種に分類されています。生息地の環境破壊や、開発などのため、その数は減少の一途をたどっています。森林開発や道路建設などにより、森林が分断されています。そのため、生息域が狭められています。アジアゴールデンキャットのようなネコ科の動物はたくさんの餌を必要としますが、環境問題のため餌となる小動物も減少しています。これが、生息数が減少している理由です。

繁殖は?

野生での繁殖の様子などが記録されておらず、恐らく一年を通して繁殖が可能ではないかと考えられてます。メスは約40日ほどの間隔で発情期が来て、妊娠期間は80日~95日程度です。一度の出産に1匹が基本で、多いと3匹ほど恵まれることもあります。赤ちゃんは9~12ヶ月で独り立ちし、1年~2年かけて成熟します。

鳴き声

ドイツにあるヴッパータール動物園で飼育しているアジアゴールデンキャットの動画です。

動画の4秒あたりから、あくびのような「ウニャーウ」と鳴き声を聞くことができます。口を大きく開けているアジアゴールデンキャットの表情です。

口を大きく開けている 出典:PIXTA

少しペロリと舌を出して、可愛いですね。

日本の動物園で見ることができる?

Gate of Tennoji Zoo. 出典:123rf

以前、群馬サファリパークと天王寺動物園で飼育されていましたが、現在は国内で飼育している動物園はありません。

ペットにできる?

海外では、アジアゴールデンキャットを飼育しているかたもいます。

https://youtu.be/e2O9fpaxFY8

床にゴロゴロと寝そべったりしていて、飼い主に懐いて、可愛いですね。国内で飼育するためには、都道府県知事の許可が必要です。そのため、個人で飼育することも難しいでしょう。日本の動物園でも飼育していないので、どうしても見たいという方は、海外旅行して海外の動物園に行きましょう。

まとめ
Asian Golden Cat or Temmink’s Cat, catopuma temmincki, walking in Long Grass. 出典:123rf

開発など環境問題のため、生息数も減少していました。アジアゴールデンキャットは、飼育がとても難しいと言われており、現在は国内の動物園でも見ることはできません。しかし、アジアでは各地に生息しているので、いつか見てみたいものですね!世界の動物園だと、ドイツで3か所の動物園で飼育されていることが確認できました。

仲間の生き物たち

  • 可愛いレッサーパンダに会うために昭和レトロな動物園まで行ってみた!生態も!なつく? 横浜市にある野毛山動物園にレッサーパンダがいると聞いて、探しに行って見ることにしました。そこに辿り着くまでの経過も説明していきます。どこでもレッサーパンダは人気者です。果たして、その素顔を見ることはできるのでしょうか。その生態なども調べていきます。 昭和レトロな雰囲気の野毛山動物園に探しに行った 野毛山公園の石碑 野毛山動物園には駐車場がなく、近辺のコイン […]
  • 大きいけど小さい・・・?海で光る筒状の正体はナガヒカリボヤだった! 海の世界というのは本当に神秘的で不思議なことがいっぱいです。私はダイビングをやるのですが、まだまだ潜ったことのある場所が少なく、見てみたい生物がたくさんいます。その中の一つが「ナガヒカリボヤ」。脊索動物のヒカリボヤの一種です。初めて彼らのことを知ったときは「何、これ!?生物?生きてるってこと?」と、とても驚きました。「いやいや、こんなん海で出会ってもパニックになっちゃうよ。 […]
  • 救世主!!生きた化石「カブトガニ」の10の不思議&青い血液の秘密とは? 生きた化石というと、まず名前があがる代表格の一つ、カブトガニ(英語ではJapanese horseshoe crab)です 。でもよく考えたらこれって何?天然記念物なのに飼育できるのか?意外と知らない驚きの生態や10の真実とは何か?などを調べていきます。 生態と11の真実 horseshoe crab in a shallow water of […]
  • メガマウス。深海のエイリアン?幻のサメと地震との関係は? 世界一口が大きい鮫のメガマウス(英語ではMegamouth […]
  • 縁起のいいフクロウの置物で運気や金運アップ!その込められた意味とは? 散歩がてらいつもと違う道を歩いて、ばったりと新しいお店に出会うことがあります。例えば骨董品屋さんだったり、雑貨屋さんだったり、園芸店だったり。普段とは違うお店って、なんだかわくわくしませんか?そういうところに入ってみると、気づくことがあります。店の一角に、あるいはショウウィンドウに、フクロウの置物!こんなところにいたんだぁ!なんて、うれしくなって近寄ってしまいますね。私は寄 […]