サーバルキャットが耳を立てている

サーバルキャット(英語ではServal)はしなやかで美しいたたずまいをしています。

ネコ科サーバル属サーバルです。美しさだけでなく、かわいい猫です。特に耳がかわいいです。しかも強いです。

これから、サーバルキャットの生態や生息域、強さ、赤ちゃんについても調べていきます。また、飼育している動物園も!まずは生息域から。

サーバルキャットの生息域

アフリカ大陸のタンザニアの草原に生息するサーバルキャット

アフリカ大陸の中部から南部にかけて生息しています。サバンナと呼ばれる草原地帯や森林のなかで生活しています。近くに、川や池のある場所に集まります。生きていくには水は必要ですからね。

以前はアフリカ大陸北部にもサーバルキャットは生息していました。しかし、個体数の減少のため、生息域が縮小して、点在するようになりました。そのため、アフリカ大陸の場所ごとに、17種ほどのサーバルの亜種がいます。やはり、気温の変化や森林開発などの環境問題のため、草原や森林の減少が影響しています。同じアフリカ大陸の南部に生息し、絶滅危惧種である猫のクロアシネコについてはこちらも。

サーバルキャットの生態

サーバルキャット

基本的には、夜行性で単独行動です。

サーバルキャットは大きいものになると、体長が100cmほど、尾の長さが45cmほど、肩までの高さが60cmほどになります。

体重は大きいものになると18kgほどです。猫としてはかなり大きいです。カナダオオヤマネコと同じくらいの大きさです。サーバルキャットのほうが細く見えて、また尾が長いです。同じネコ科で、大きな猫のカナダオオヤマネコについてはこちらも。

サーバルキャット

黄褐色に黒い斑点があります。首から肩にかけての黒い斑点は線状になります。

なんといっても、かわいいのは大きな耳です。他の猫と比べてもかなり大きく、また丸みをおびています。耳が前を向いていたり、横を向いていたりします。周囲の音を集めているのでしょう。そして、かなり小さな音でも聞こえます。

アフリカのスッテプなどの草原では、土の中にいる小動物も探さないといけないので、サーバルキャットの耳は発達しました。

サーバルキャット

サーバルキャットは速い!ジャンプ力もすごい!

最高で時速80kmくらいの速さで走れます。ジャンプも幅が4mくらい、高さが2mくらい跳びます。

オリンピック陸上競技の100m走の金メダリストが時速45kmくらいです。なので、オリンピックに出場したら金メダルですね。チーターの最高時速110kmほどではないですが、サーバルキャットはかなりの速さで走ることができます。また、かなりの距離をジャンプします。

ケニアの草原にいるサーバルキャット

サーバルキャットの餌

サーバルキャットの主食は、ネズミやウサギなどの小動物です。さきほど説明した、得意のジャンプ力をいかして、鳥をとることもあります。すごい運動能力です。アフリカのサバンナでは、食物連鎖の頂点です。

サーバルキャットの寿命

サーバルキャット

野生では11年前後の寿命です。飼育下では20年近くまで生きます。中には、札幌市円山動物園で24年ほど長生きしたサーバルキャットもいます。動物園では大事に飼育されていますね。

値段は?飼育できる?

調べると、値段は要相談となっています。しかし、だいたい200万円くらいはします。かなり高いです。

サーバルキャットを飼育するためには許可が必要です。また、なつくように、子猫のときからペットとして飼育しないといけないです。値段や餌の量などを考えると、個人での飼育は難しいです。

サーバルキャットの子猫

子猫のサーバルキャット

サーバルキャットの子猫はどこをみてもかわいいです。上の画像も子猫のサーバルキャットです。耳が大きくて丸くて、かわいさも最強です。子猫のときから、耳が大きいのですね。

サーバルキャットを見れる動物園は?

子猫のサーバルキャットたち

多摩動物公園や、和歌山県にあるアドベンチャーワールドではサーバルキャットの繁殖にも成功しています。ぜひ見に行きたいですね。

ほかには、羽村市動物公園のんほいパーク豊橋総合動植物公園神戸どうぶつ王国愛知県立とべ動物園などで飼育されています。お近くに立ち寄ったさいは、ぜひ見に行ってくださいね。

多摩動物公園で飼育しているサーバルキャットたち

サーバルキャットは、アフリカのサバンナに生息する珍しい猫です。世界中には、ほかにもたくさんの種類の珍しい猫たちがいます。そういった珍しい猫についてはこちらも。

若いサーバルキャット

最後に

美しい姿をしていて、また、かわいいサーバルキャットでした。走る速さやジャンプ力も凄いです。赤ちゃんもかわいい猫です。特に、シュッとした姿と、大きくて丸い耳がかわいいです。

アフリカの森林開発などの環境問題のため、生息域の面積が狭まっています。そのため点在化しています。また、アフリカ大陸の北部では見られなくなっています。環境を整えていかないといけないですね。