AMPページの文字が小さくて読みづらい時は、通常ページをご覧ください。

ラブバードと呼ばれるボタンインコの生態!飼育すると、なつく!?

ボタンインコはコザクラインコと並んで人気が高いです。

どちらも、つがいでの仲が非常に良いため、ラブバードとも呼ばれています。

見た目も近しい2種類のインコですが、ボタンインコはコザクラインコよりも少し神経質で臆病な面を持ち合わせている為、飼育には注意が必要です。

この記事では、

  • 生態
  • 種類
  • 飼育方法

などについてご紹介します。

ボタンインコの生態

Agapornis lilianae also known as Nyasa lovebird is sitting on the ground. 出典:shutterstock

ボタンインコはコザクラインコ同様、オウム目インコ科ボタンインコに属しています。

名前の由来となっている目の周りを囲った白のアイリングが特徴といえます。

日本では主に「キエリクロボタンインコ」と「ルリコシボタンインコ」の二種類が多く流通しています

ペット飼育では単体飼育、もしくはつがい飼育がすすめられますが、野生では基本的に数十羽の群れで生活をしています。

色はコザクラインコに比べて、はっきりとした派手な印象が強く、色鮮やかです。

生息地

主にアフリカ大陸に生息しています。

大きさ

体長は約13㎝、体重は35~50gの小型の鳥です。ミニトマト2.5個分くらいの重さです。軽いですね。

コザクラインコに比べると一回り小さい印象です。

植物の種子を食べる穀食性ですが、くだものも大好きです。

寿命は?

野生下での寿命は10年前後と考えられていますが、飼育下では10~15年程度生きる個体がほとんどです。

飼育環境をよくすることで、20年以上生きた個体も確認されています。

ボタンインコはストレスに敏感な性格をしているので、できるだけストレスのない飼育環境を整えてあげることが大切です。

どんな鳴き声?

ボタンインコは甲高い声質で、結構大きいのが特徴的です。

凄く甲高く「ピッピッ」と鳴いています。少し怒っているのでしょうか。

もともと鳴き声でのコミュニケーションを頻繁に行う種類なので、飼育する際は朝晩などの防音対策もしっかり行いましょう。

種類

Nyasa lovebird or lilians lovebird, exotic parrot bird, perched on a tree branch . 出典:123rf

ボタンインコもコザクラインコ同様に、品種改良によりさまざまな体毛色が存在します。

  • ノーマルボタンインコ
  • ブルーボタンインコ
  • 白ボタンインコ
  • アルビノボタンインコ
  • ルリコシボタンインコ
  • キエリクロボタンインコ
  • バイオレットボタンインコ

ブルーやバイオレットはなかなかお目にかかれない希少種!

一度は目にしてみたいですね。

オス、メスの見分け方。性別で性格は違う?

見分け方は、コザクラインコの場合と、ほとんど同じです。

しかし、性別を見分けるのは困難です。

オスは頭頂部が丸く、やや小柄です。嘴はメスより大きい傾向にあります。

オスのほうが、おとなしい性格です。

メスは頭頂部がやや扁平で、大柄です。細い物を巣に運ぶ行動をするのは、メスです。

ペットとして育てると、なつく?!

次のページ↓