img_1

https://blogs.yahoo.co.jp/kyo910yagi/62959910.html

オーストラリア、タスマニア島にのみ生息していた「タスマニアタイガー」

独自の風貌と、目撃情報の多さから絶滅してしまったといわれる現代でも人気のある動物です。そんなタスマニアタイガー(フクロオオカミ)の生態から絶滅原因目撃情報から生存可能性まで検証したものをまとめました。

タスマニアタイガー(フクロオオカミ)の生態

フクロオオカミとしても知られるタスマニアタイガー(タスマニアンタイガー)ですが、意外にもその生態は知られていません。そんなタスマニアタイガーの生態に迫ってみます。

トラ?オオカミ?

タスマニアタイガーはトラなのでしょうか?それともオオカミなのでしょうか?

答えはオオカミです。

呼び方もいろいろで、タスマニアタイガー、フクロオオカミなど、トラ、オオカミどっちなの?と言いたいところですが、生態的にはオオカミに近いです。

そもそもタスマニアタイガーと呼ばれたのは、トラに似た縞模様のせい。本来はオオカミでした。

タスマニア

大きさ

全長100センチ〜130センチ

重さ約30キロ

普通。と言いたいところですが、大きめの犬で知られる「ゴールデンレトリバー」より体がちょっと大きい程度。重さは同じくらい。でかい犬が細長くなった感じのオオカミです。

でも正直オオカミの一種ですから、山でこんなのに遭遇したら怖いですよ。

獲物

見ての通り肉食動物です。あまり走るスピードは速くなかったので、獲物が疲れるまで走らせて狩っていました。持久系アスリートというところですね。

しかし、大きさの割に獲物は小さめのものをメインとし、オーストラリアに生息するワラビーなどをよく食べていたと考えられています。

また、家畜として飼っていた羊なども獲物としていました。

特徴

10139074289

基本的におとなしい性格とされているタスマニアタイガー。特徴を見てみます。

タスマニアタイガーはフクロオオカミとも言われるように、お腹にフクロを持っていました。これはカンガルーなどオーストラリアによく見られる有袋類の特徴です。

そんなわけで、オオカミであるタスマニアタイガーは有袋類の一種にも含められる非常に珍しい種類の動物でした。この珍しい進化は収斂進化と呼ぶそうです。

また、北半球の動物たちと体のつくり、生態などが似通っているにもかかわらず、オーストラリア以外の動物とは近親に当たる動物はいません。そんなフクロオオカミはオーストラリアで独自に進化した動物の一つなんだそう

習性

繁殖期はつがい、基本的に単独で行動していました。夜行性です。

生息地

人間進出前 オーストラリア全土

人間進出後 タスマニア島

生息地の減少については絶滅の原因にもなったので、次の章で説明します。しかし、もともとオーストラリア全土に生息していたのは驚きですよね。

次はいよいよ絶滅の原因について迫ってみます。

次は絶滅原因となったとある動物&生存可能性は?

絶滅の原因

先ほども述べた生息地の減少は3万年前にさかのぼります。人間が大陸に進出してきました。そこで、人間に飼われていたデョンゴ(オオカミのようなでかい犬)との生存共存に負けて、人間が住み着くのが遅かったタスマニア島でなんとか生き延びていました

これは、ディンゴの群れでの狩りに対して、フクロオオカミは単独の狩りだったため生存競争に負けたと考えられています。

ディンゴについてはこの記事をどうぞ
見た目は犬、頭脳はオオカミ!「ディンゴ」とは何者?

タスマニア島で生き延びたまでは良かったのです。が、やはり人間の移住によってタスマニアタイガーは滅びる方向へ向かって行きました。

人間の進出

タスマニア島に人間が進出し、羊などを飼っていました。そこで、羊を襲うタスマニアタイガーが目の敵にされ始めたのです。

そして19世紀後半からタスマニアタイガーに懸賞金がかけられました。そこで2000頭以上のタスマニアタイガーが天国へ行きました。(たぶん天国)

結果として、1930年に野生のタスマニアタイガーは絶滅したと考えらました。

しかし、1933年に再度発見され動物園で保護されましたが、ついに1936年に死亡し、完全絶滅をしたと考えられています。

が、例のごとく目撃情報は後を絶ちません。

生存可能性と目撃情報

目撃情報が多いことは間違いなし。2003年にはニュースにも報道され、ごく最近では2009年にそれらしき動物の動画も撮られています。

2009年の動画がこれ!

体格的にはほぼタスマニアタイガーですよね。しかし、真偽は謎のままです。

調査による結果は?

残念なことに、調査団などによる調査では、生きていると考えられる確実な証拠はないようです。

さらに、とある海外の情報を見たところ、目撃情報の多くは嘘である可能性が高いと書いてありました。信じたくはないですが、おそらく絶滅しており、仮にいたとしてもごくごく少数の生息であると考えられますね。

一つだけ良い情報を加えるとしたら、現在クローンでタスマニアタイガーを蘇らせる研究も進行中ということです。成功の見込みは限りなく小さいとのことですが、科学技術にも期待したいところです。