ジュゴン

哺乳類カイギュウ目のジュゴン(英語ではDugong)です。海の牛と書いて海牛です。

色々と話題の多いジュゴンです。また、絶滅危惧種となっています。

ジュゴンは日本では沖縄にのみ生息していましたが、絶滅との情報も!

そのジュゴンの生態や生息域、マナティーとの違い、絶滅危惧種となる理由などについて調べていきます。また、飼育している水族館も!

ジュゴンの生態について

出典:PIXTA

ジュゴンは大きい個体になると、体長が3mほどになります。また、体重は450kgほどになります。かなり大きいです。海牛と呼ばれるのも納得です。

ジュゴンは海中にいて、頑張ると、最大の潜水時間は6分ほどです。普通は、1分半ほどの潜水をします。深さは最大で水深30mほどまで潜れます。普通は、水深12mくらいまで潜ります。ゾウアザラシは2時間ほど潜水できます。水深1700mくらいまで潜れます。ジュゴンとくらべると、ゾウアザラシの潜水は凄いです。

普通は、ジュゴンは時速3kmほどでゆったりと泳ぎます。急ぐときは時速20kmほどで泳ぐこともできます。

餌について

ジュゴンが海藻を食べている 出典:PIXTA

ジュゴンは植物食です。上の画像のように、海底の海草を食べています。

水族館などの飼育下では、海草に加えて、レタスなどの野菜も食べています。一番上の画像では、ジュゴンがレタスを美味しそうに食べています。

寿命

ジュゴンは長生きで、70年ほど生きます。

生息域

海を泳いでいるジュゴン 出典:PIXTA

沖縄やフィリピン、オーストラリア大陸周辺の沿岸部から、インド洋周辺のインドやペルシャ湾、ソマリア半島、マダガスカル島周辺の沿岸部に生息しています。かなり広範囲に生息しています。おおざぱにいうと、オセアニアの海域周辺です。

ジュゴンとマナティーとの違いは?

マナティー 出典:PIXTA

上の画像はマナティーです。ジュゴンとマナティーは口の形が少し違います。ジュゴンのほうが少しノペーとしています。

マナティーはカリブ海沿岸やアフリカ西海岸に生息しています。なので、生息域が違います。また、マナティーは大きいものになると1トンを超えます。ジュゴンは450kgほどなので、種類にもよりますが、マナティーのほうが大きいです。

ジュゴンの尾びれは、三角のような形をしています。一番の違いは尾びれの形です。下の画像のように、マナティーの尾びれは丸みをおびて、しゃもじのような形をしています。

マナティーの尾びれ 出典:PIXTA

ジュゴンは絶滅の危機!その原因は?日本では絶滅?

絶滅危惧種となる理由を考えます。先ほどの述べた通り、ジュゴンは海藻を食べています。地球の環境変化により、海中の海草が減少しています。また、生息域である沿岸の工業化などの開発や生活排水によっても、海草が減少しています。

沖縄の辺野古大浦湾は藻が多く、ジュゴンにとって餌場でした。沖縄の沿岸部の港湾開発により海藻が減少しています。そのためジュゴンの生息数が、沖縄では急激に減少していました。最近では、沖縄周辺ではジュゴンが確認されていません。沖縄ではジュゴンは絶滅したと考えられています。

環境問題や開発などにより、ジュゴンの餌となる海草が減ってしまったことが原因で、ジュゴンは絶滅の危機となっています。同じカイギュウ目で絶滅してしまったステラーカイギュウについてはこちら。

次は、お待ちかねの、人魚の生息情報です。

人魚の目撃情報

海面付近を泳ぐジュゴン 出典:PIXTA

大航海時代の16世紀ころ、ポルトガルやスペインの船員さんたちが、ジュゴンを人魚と見間違えました。それが人魚の目撃情報の始まりです。

下の画像は、デンマークのコペンハーゲンにいる人魚です。

海岸にある人魚の像 出典:PIXTA

これもジュゴンの見間違い?南極海近くでの、未確認生物の人魚あるいはヒトガタニンゲンの目撃情報についてはこちらも。

スキューバダイビングで見れる?

ブスアンガの海でのスキューバダイビングとジュゴン

フィリピン沿岸の海などでは、スキューバダイビング中にジュゴンを見れることもあります。シュキューバダイビング中のジュゴンを見るのは夢ですね。

見ることのできる水族館は?

ジュゴン 出典:PIXTA

鳥羽水族館でジュゴンを見ることができます。

ジュゴンの長期飼育世界記録も達成しています。

ぜひ、近くにお立ち寄りの際は、ジュゴンを見に行きましょう。

おわりに

カイギュウ目のジュゴンでした。

やはり、地球の環境問題や沿岸の開発のため、餌の海草が減少して、ジュゴンが絶滅危惧種となっています。

沖縄では、辺野古大浦湾の海藻減少により、ジュゴンは絶滅したと考えられます。

また、ステラーカイギュウのことも気になりますね。なんとか、ジュゴンのために環境などを維持できたらいいです。