最近ではペットとしての人気も高いフクロウ。

もこもこした羽毛にくりくりと動く目。一つ一つの動作がかわいくて、ぜひ、おうちにお迎えしたい!そんな風に思われるかもしれません。

私自身、フクロウやミミズクが大好きで、できるなら長く一緒に暮らしたい……そこで気になってくるのが、フクロウの寿命です。フクロウはどのくらい生きるのか?今回はそんなフクロウ、ミミズクの寿命に関するあれこれを紹介します。

フクロウ、ミミズクの寿命は?

フクロウには大型、中型、小型という大きさの区別があり、だいたいはそれで寿命をわけられます。大きさの区別は体長や体重によってきめられているようです。

もっと厳密にいうと、種類によって違うので、種類による違いは下のほうの項目で説明しますね。

3330572212_2557145df9_b

ここでは簡単に説明しますが、一般的には、

  • 小型種は、10年から15年。
  • 中型種は、20年から30年。
  • 大型種で、40年前後。

と、言われています。

もちろんこれは健康にすくすくと育っていった場合で、悲しいことではありますが、途中で病気をしてしまったりして、短くなることもしばしば……。逆に、もっと長くなったりすることもあるようです。

どの大きさでも自分の人生の一角を担ってくれるパートナーになること間違いなしですね。

どのくらい長いか想像してみると…

想像してみると、小型なら成人したときに飼い始めたら三十路を超えるくらいまで、中型ならおなかの出っ張りが気になり始めるころまで(そんな風にならないようにしっかり運動していきたいものです)、大型だとそれこそおじいちゃんおばあちゃんになるまで。

もし私がメンフクロウとともに暮らしたなら、今から30年後どうなってるのか……自分はしわしわになって、そばにメンフクロウがいて……。

ちょっと悲しい想像もしかけましたが、その頃にも一緒にいてくれるという想像をした途端、「幸せ!」なんて思ってしまいました。

フクロウの健康にも、自分の健康にも気を配って、お互いによりよい生活をしていきたいですよね。

どうして寿命が長いの?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-9-12-10

フクロウは私たち人間や、ペットとしてポピュラーな犬、猫などの哺乳類と異なり、鳥類という分類に入ります。

鶴は千年、亀は万年なんていう言葉もあるくらいですから、鳥類そのものが長生きな種類なのだと考えていいでしょう。

少し難しい話になってしまうので、かいつまんだ結論だけいうと、鳥類は遺伝子的にエネルギーの使い方が上手なのです。

エネルギーの使い方が上手だと、とりこんだエネルギーをそのまま生きることに無駄なく使うことができるので、その分長く生きられるというわけですね。

フクロウとミミズクのエネルギーの上手な使い方の秘密

そのエネルギーの使い方についてさらに調べてみると、ミトコンドリアというもの話になってくるのですが……正直私はちんぷんかんぷんでした。むむむ、フクロウのためにもっと勉強しなくては……!

もちろん、野生になってくると天敵がいたりして話は異なってきます。野生になると、寿命がどのくらいか調べるのも大変ですしね。

フクロウの話からは少しそれるのですが、ペットとして安全な場所で飼育されているオウムの中には100年以上生きた子もいます。

みなさんも、どこかでそんな話を聞いたことがあるかもしれません。

鳥類の中でも小型なオカメインコでも15年以上生きる場合もあります。私の実家ではオカメインコを飼っているのですが、確かに長生きだなぁという印象があります。

それではいよいよ、大型、中型、小型のフクロウ、ミミズクに分けて寿命を調査してみましょう。

次は、フクロウやミミズクの大きさや種類別の寿命についてです。

karahuto-hukurou-2

大型の寿命はどのくらい?

フクロウの中で大型種というと、体長が60cm以上にもなるもののことを指します。例えば、目の周りのバウムクーヘンのような模様が特徴的なカラフトフクロウや、メガネフクロウなどがいます。

大型のフクロウは大体40年前後生きるのですが、種類ごとに見てみるとどうなのでしょう?まずはバームクーヘンのようなカラフトフクロウから。

カラフトフクロウの寿命は飼育下で30年~40年前後です。カラフトフクロウについてはこちらも。

メガネフクロウの飼育下での寿命は30年~40年前後です。寿命が長いことで有名なメガネフクロウにつてはこちらも。

やっぱり大型になってくるとこのくらいの長さみたいですね。

また、個体によって50年や60年生きたりする子もいるみたいです。大事に育てたいです。

中型の寿命はどのくらい?

フクロウの中で中型種というと、体長が30~40cmくらいのものを指します。

例えば初心者向けといわれるモリフクロウや、お面をかぶったような顔をしたメンフクロウがいます。

中型種は20~30年くらいの寿命と言われていますが、種類ごとに見てみるとどうなのでしょう?

メンフクロウの飼育下での寿命は15年~20年です。メンフクロウについてはこちらも。

モリフクロウの寿命は飼育下で15年~20年です。アカアシモリフクロウの寿命は飼育下で20年~30年となります。モリフクロウについてはこちらも。

シロフクロウの飼育下での寿命は25年~30年です。人気のシロフクロウについてはこちらも。

ワシミミズクの種類のミミズクの寿命は飼育下で25年~30年です。アメリカワシミミズクやベンガルワシミミズクも同様です。ワシミミズクの種類についてはこちらも。

モリフクロウとメンフクロウは若干小型寄りなのかな……?などと思いつつも、やっぱり長いなぁとしみじみしてしまいます。

小型の寿命はどのくらい?

shutterstock_174321137

フクロウの中で小型種というと、大体体長が20cmくらいのものを指します。

例えば、掛川花鳥園のポポちゃんでおなじみのアフリカオオコノハズク(オオなのに小さい)や、コロッケのような姿形をしたスピックスコノハズクがいます。

小型種は10~15年くらいの寿命と言われていますが、種類ごとに見てみるとどうなのでしょうか?

アフリカオオコノハズクの寿命は飼育下で10年~15年です。ヨーロッパコノハズクも同様です。アフリカオオコノハズクについてはこちらも。

スピックスコノハズクの寿命は飼育下で7年~10年です。

アオバズクの寿命は7年~10年です。アオバズクについては野生での寿命となります。アオバズクについてはこちらも。

アナホリフクロウの寿命は10年~15年です。

コキンメフクロウの寿命は飼育下で10年~20年です。コキンメフクロウについてはこちらも。

小型の種類ごとの寿命を見てみると、飼っている人が多いからか寿命の年数にばらつきが出てきます。しかし大体は10~15年あたりの範囲におさまっているようですね。

おわりに

フクロウの寿命は体の大きさによって異なることが分かりました。

  • 小型は10~15年。
  • 中型は20~30年。
  • 大型は30年前後。

それぞれのフクロウの寿命を紹介してみましたが、やっぱり寿命は長いですよね。ポピュラーなペットたちと比べて長生きなことに、驚かれたかもしれません。
最後にはなりますが、フクロウを飼うときは長い年月ともに過ごすことを考えて、自分の体や身の回りの環境を整えてお迎えしましょう。フクロウやミミズクの飼育についてはこちらも。

それではよいフクロウライフを!