コウノトリは幸運や子宝を運んで縁起が良い!その由来は?野生絶滅した?

赤ちゃんを運んでくるという伝説のコウノトリがいます。

これは、日本発祥の伝説だけではなく、ヨーロッパやドイツで古くから伝わる逸話が元になっています。名前も「幸の鳥」で幸せになれそうですね。

その子宝の縁起にあやかりたいということで、置物や携帯ストラップなどの幸運グッズも人気です。

その生態や野生絶滅してしまった原因を調べていきます。また、なぜ縁起が良く、幸運や子宝の象徴となったかの由来も調べていきます。

見ることのできる動物園も!

生態は?

Endangered Oriental Stork Foraging For Food At The Edge Of Paddy Field. 出典:shutterstock

コウノトリ目に分類されています。英語ではJapanese-white-storkといいます。松の木の上に巣を作ります。

日本のコウノトリは嘴が黒いです。欧米の近縁種のシュバシコウは嘴が赤いです。

タンチョウと似ていますが、ツル目ではありません。

ハシビロコウは以前はコウノトリ目に分類されていましたが、現在はペリカン目に分類されています。

生息地は?

嘴が黒い 出典:123rf

コウノトリは日本や中国などの東アジアや、ロシア南東部に生息しています。渡り鳥で、夏はロシアや中国の北東部で過ごし、冬は越冬するために暖かい日本などに飛来します。

大きさ

A Flight Of A Beautiful Stork In The Sunset Sky. 出典:shutterstock

体長は110cm前後です。翼を広げた翼開長は2m弱となります。体重は4kg前後です。

意外と大きい鳥で、イヌワシよりやや大きめで、ハシビロコウよりは小さいです。

a beautiful and gracious stork flying in the blue sky on a sunny day. 出典:123rf

また、コウノトリはタンチョウと似ていますが、大きさや体重はタンチョウより小さいです。

餌は?

White stork standing in the hay on the meadow. With shadow, viewed from the side. 出典:123rf

池や河川で、魚類や両生類、爬虫類、甲殻類などの小型の水生生物を捕食します。小型のネズミなどの哺乳類を食べることもあります。

寿命は?

出典:123rf

飼育下での寿命は長いものになると34年です。野生ではよくわかっていませんが、20年~30年です。「鶴は千年、亀は万年」と言われているタンチョウ鶴の寿命も20年~30年なので、同じくらいですね。

鳴き声は?

徳島県鳴門市にいる幼鳥です。嘴が黒いのがよくわかる動画です。「キューキュー」と甲高いですね。

途中、向かい合って嘴を鳴らしあっていますね。

成長になると鳴かなくなり。嘴をたたき合わせて「クラッタリング」という挨拶や求愛などの行動のみとなります。あのハシビロコウのクラッタリングが有名です。

電柱の上に巣を作っている 出典:123rf

小枝を集めて、電柱の上に巣をつくっています。

いったん野生絶滅した!その原因は?

つがいで木の上に巣を作っている 出典:123rf

明治時代以降、国内の工業化や森林伐採のため松林が減少しました。コウノトリは松の上に巣をつくるため、その営巣地が減少してしまいました。また、乱獲のあり、生息数がかなり減少しました。その後、生息地の田畑に農薬の使用したり、公害のため水銀濃度が増加した魚類を食べたことなどが原因、1961年、野生絶滅となりました。

その後、渡り鳥で飛来したコウノトリを動物園などで飼育下繁殖したり、中国から譲り受けたりして、国内では200羽ほどとなっています。そのため、現在でも絶滅危惧種です。

幸運や子宝の縁起の由来は?

oriental stork ciconia boyciana in japan. 出典:123rf

ある日、シュバシコウという鳥が夫婦の住む家の煙突に巣を作り、卵を産み子育てを始めました。

その夫婦は、シュバシコウを案じて煙突に繋がる暖炉などを使わずに見守ったところ、子育てを終え無事に旅立つシュバシコウを見送った直後に念願の子供を授かったという話から由来しています。

日本のコウノトリのクチバシは黒、ヨーロッパのコウノトリはのシュバシコウという鳥でクチバシは赤い色をしています。

コウノトリが赤ちゃんを運んでくるというのは、全世界で言い伝えられている話だそうです。なんだかびっくりですね。

出典:123rf

他にも、コウノトリが赤ちゃんを煙突の暖炉から運んでくるという説や、地域によっては、暖炉からカエルを投げ入れ、暖炉を通って家の中に入ってくると赤ちゃんになるなど、様々な説が各国で言い伝えられています。

どの点に関しても、コウノトリが赤ちゃんを運んでくるという点は一致しています。

昔は、コウノトリは家に住み着くと幸運が訪れる、クチバシで赤ちゃんが運ばれてくるという言い伝えがありました。

そこから日本でも、赤ちゃんを運んでくると定着したそうで、元々は日本で言うツバメのような存在の鳥だったのです。

ツバメが軒先に巣を作るとその家には幸運が訪れると日本では言われているように、コウノトリも元々は幸運の象徴、その家の繁栄の象徴、繁栄=子供で、そこから子宝に恵まれる、赤ちゃんを運んでくるとなりました。

ではなぜ外国でいうシュバシコウ、日本で言うコウノトリが幸運を運んでくる鳥となったかというと、シュバシコウの巣は屋根の上に作られ、よく目につくところに作られていました。

そして、シュバシコウは、オスメスがつがいとなり、共同で仲良くヒナを育てていきます。

そういった姿から幸運を運んでくる鳥となりました。なんだかほのぼのとしますね。

そして有名な童話作家のアンデルセンが「沼の王の娘」という本の中で、子供のいない夫婦にコウノトリが子供を届けるという内容があります。

こういった本などからも定着して、今の幸運の象徴、子宝の象徴、赤ちゃんを運んでくるという話が定着して広く知れ渡っているのです。

とても夫婦仲良しでヒナを育てる鳥です。日本での言い伝えの元になる鳥シュバシコウ、それが日本ではコウノトリに置き換わったというのが起源です。

雛たち 出典:123rf

円満な夫婦にあやかろうというようなところから来たのですね。つがいで円満に子育てをする鳥です。

例えを出すと、犬の出産が安産だから戌の日に帯を巻き祈願をする、そんな感じのジンクスです。

新生児の後頭部にできるあざをコウノトリの咬み後と呼びます。

空を飛んでくちばしで運んできてるという話は身近に感じられますね。

日本には、コウノトリが舞い降りた伝説のある神社や、舞う地にある神社が子宝の神社としてあり、子宝に恵まれたい方が沢山訪れています。

その伝説を聞くとより一層、実際のコウノトリ見たら本当に子宝に恵まれそうな気がしてきますね。

なつく?

栃木県小山市で巣を作って雛を育てているコウノトリのネット上の動画です。

野鳥なので、基本的に人には懐きません。特に子育ての時は神経質になりピリピリしています。

テレビ局の取材している人たちは、コウノトリを驚かせないように、凄い望遠レンズの付いたカメラで撮影しています。

ペットにできる?

Hay and fodder shed in the forest for feeding wild animals. 出典:123rf

コウノトリは国の特別天然記念物や国内希少野生動植物に指定されており、また、絶滅危惧種でもあるため、個人でペットとすることはできません。

もし自宅の庭の木の上にコウノトリの巣があったら、その家の周りにはバードウオッチャーたちが集まります。また、その家には幸運が訪れるでしょう。

見ることのできる動物園は?

多摩動物公園で飼育

以前から、飼育下繁殖に取り組んでいる、東京都多摩動物公園や、兵庫県立コウノトリの郷公園で飼育されていて、見ることができます。

また、先ほどの動画の鳴門市や渡良瀬遊水地に飛来するので、運が良ければ、そこで野生のコウノトリをみることができます。

まとめ

コウノトリは渡り鳥で日本にも飛来しています。国の特別天然記念物です。

しかし、生息数が減少し、国内では一旦、野生絶滅してしまいました。

現在は各地の動物園で飼育下繁殖に取り組んでいます。

また、コウノトリはその名の通り、幸運や子宝を運んでくる鳥でした。

仲間の生き物たち

  • うさぎの耳はなぜ長い??耳掃除や冷たい理由!!耳で感情は分かるの? ウサギといえばまず長い耳を思い浮かべます。 それは一番のチャームポイントでもあるからです。 でも、なぜ耳があんなに長くなったのでしょうか? また、目と耳を動かしている場合が多いのです。 耳の動きはどのような感情を表しているのでしょうか? その他にも、そのような耳についてあらゆる情報を調べてみました。 耳が長い理由 出典:123rf […]
  • ホーランドロップは、なつく!垂れ耳がかわいい!生態も。動物園は? うさぎの中でも人気のホーランドロップです。 長い耳が垂れていて、かわいいので、ペットとして飼育する方も多いです。 その種類や生態、寿命、なつくのか、動物園でみることはできるかなどを調べていきます。 生態 ニンジンをたべている 出典:PIXTA 草食で牧草や野菜、果物を食べます。 ペットとして飼育下では、ニンジンなど根菜や、ペットフードのペ […]
  • 王妃はアルビノのメダカ。その生態や魅力!値段は高い?好奇心旺盛 自宅でメダカを飼い始めて一週間くらいたち、 幹之(みゆき)だけでは寂しいなと感じました。 そのため、再び養殖販売店へ行き、もう一種類育てることにしました。 そこには、ダルマ体型だったり、赤かったり青かったり、色々な種類のメダカがいました。その中から選ぶことにしました。 再び養殖販売店に行く 年末ということもあり正月の準備をしている養殖場 […]
  • ニホンオオカミの絶滅の原因は?食物連鎖に必要だった!目撃情報や復活なども 日本中のあちこちで、目撃情報が絶えないニホンオオカミ。 その名のごとく、昔、日本にいた狼です。 森林や山林の開発などの環境変化で絶滅したのでしょうか?北海道にいたエゾオオカミもおなじように絶滅してしましました。 絶滅したといっても、つい最近のことで、標本などは残存しています。ぜひ、野山をかけて、吠える姿を見たかったです。 森の中の食物連鎖でも重要な役 […]
  • ウミウシは多くの種類がいる。さらに可愛い。飼育出来る? 私は海が大好きなのですが、中でもウミウシが一番好きです。 それはとても綺麗で、小さく、青い海の中ではその色がとても綺麗に映えます。 初めて見たときは本当に不思議な生物だなと思いました。 私が知っている海の生物とは全然違ったので。 今日は海の宝石とも呼ばれるお洒落番長「ウミウシ」についてご紹介しましょう。 生態 コールマンウミウシ 出典:P […]