出典:PIXTA

ヒョウモンダコ(英語ではLeopard octopus)についてです。

私は海の近くに住んでいるのですが、先日、漁協へ行くと「ヒョウモンダコを見つけたら触らずにご連絡ください。」というポスターを見かけました。

ということで、今日は毒をもつヒョウモンダコをご紹介しましょう。飼育している水族館も!

ヒョウモンダコにご注意ください!

ヒョウモンダコが持つ毒にはフグと同じような毒が含まれています。加熱しても分解されません。

危険と知らずに普通に食べてしまったり、咬まれたりしたらすぐに病院へ行きましょう。間違っても口で吸い出そうとはしないで下さい。

また、ヒョウモンダコを見つけても、素手ではさわらないようにしてください。

もし、ヒョウモンダコを見かけたら、各市町村の水産課などの窓口に情報提供をしましょう。

そもそも、見たことのない生物は触ろうとしてはいけません。

小さい変わった色をしたタコを見たら触りたくなるかもしれませんが、海遊びをする前にしっかり勉強しておいた方がよさそうですね。また大人も子どもから目を離さないよう気を付けましょう。

ヒョウモンダコの生態

ヒョウモンダコは軟体動物の一種です。

体長は10cmほどの小型のタコです。他のタコと同様に体色を変化させることが出来ます。

他のタコと同様に肉食性で、カニやエビを食べますが、魚類も食べます。

擬態

岩礁に擬態しているヒョウモンダコ

普段は岩や地面に擬態しているため、茶色い体色をしています。一気に黄色へと変色し、青と黒のヒョウ柄が現れます。自分には毒があるぞと周囲に伝えているのです。このヒョウ柄模様からヒョウモンダコという和名が付きました。

オオマルモンダコ

ヒョウモンダコの仲間にオオマルモンダコがいます。

英語ではBlue-Ringed-Octopusといいます。確かに、体の模様が青いリングのように見えます。

オオマルモンダコ

母の愛が大きいヒョウモンダコ

ここからが泣ける話。みなさん、ハンカチのご用意を。

秋の終わりごろメスは一生に一度だけ卵を50個ほど産みます。産むとすぐにその卵を触手で抱えます。この状態が6か月間続き、この間メスは食料を取らず、卵が孵化するとメスは体力を使い果たして寿命を終えます。

すごすぎません!私なんて息子がお昼寝中、必ずおやつを食べますよ。子どもたちのためにここまで出来るなんて。

そして、幼生は次の年には成長し、産卵が出来るようになります。

ということは、母が一生懸命守った中の、メスの子は次の年には母と同じ運命をたどるのです。。。切なすぎますね。そうやってヒョウモンダコは生き延びてきたのですね。

天敵はいるの?

猛毒を持つ、ヒョウモンダコですが、実は天敵がいます。それはコウイカ。まさかのイカ!

コウイカはヒョウモンダコ等が持つ毒に強い耐性を持っています。

生息地は?

スキューバダイビングでみた岩に擬態しているヒョウモンダコ 出典:PIXTA

ヒョウモンダコは熱帯や亜熱帯の海の浅瀬に生息していて、日本では沖縄や九州あたりでしか見かけませんでした。ですが、地球温暖化の影響で生息地がどんどん北上しています。

現在、四国、山口、島根、鳥取、兵庫、京都、福井、大阪、和歌山、三重、静岡、神奈川、千葉など目撃例が増えてきています。スキューバダイビングでヒョモンダコをみかけることがあるかも!

昔は、沖縄の海に遊びに行ったら気を付けよう!と言った生物だったのが、現在では千葉まで伸びてきているのにはとても驚きますね。地球温暖化がいかに進んでいるかがよく分かります。

食べられる?

ヒョウモンダコはフグと同じように毒の部分を取り除けば食べられます。しかし、普通のタコの同じ味だそうです。

だったらもっと大きい普通のタコを食べたいですよね。

アクアリウムで飼育出来る?

ヒョウモンダコは小さく綺麗なタコなので、好んでペットとしてアクアリウムで飼育する人もいるそうです。

ですが、毒を持っているということはお忘れなく。また、ゴム手袋をして触ろうとする人もいるそうですが、これはやめたほうがいいです。タコの歯はゴム手袋を破る可能性もあるからです。

単独飼育が好ましく、飼育する際の水温は20℃から28℃くらいと広範囲ですので25℃に合わせておくと良いようです。

見れる水族館は?

新江ノ島水族館や、長崎ペンギン水族館で飼育されています。

最後に

夏には小さい息子を連れて海水浴へ出かけます。

見かけないことが一番いいですが、見かけてしまったらすぐさまその場から離れ、漁協か水産課などへ連絡しようと思いました。

また、アクアリウムで飼育して美しいヒョウモンダコを見てみたいです。