リクガメ

「鶴は千年、亀は万年」ということわざは、どこまで本当なのでしょうか?

そんな疑問を解消すべく、カメの寿命の長さの理由を検証しました!そして長生きのギネス記録を持つ亀さんたちを調べてみました。

カメの寿命はなぜ長い?その理由

調べていると理由がわかりました。カメは、

冬眠をし、また夏眠をすることもある。
代謝が穏やかである。
穏やかな生活をしていて、エネルギーの消費量が少ない。

この3つが理由だそうです。一つずつ考察していきましょう。

1、カメが冬眠や夏眠をする理由について

冬眠、夏眠とは、冬または夏のある期間に活動量を減らしたり、長い期間の睡眠をとること、を言います。

ではなぜ亀の冬眠や夏眠が長生きの理由になるのでしょうか?

それは、活動するときのエネルギー量が少なくなるからです。つまり、

1、体を動かすとエネルギーを消費する。

2、エネルギーを消費すると、体が酸化する。

3、酸化が老化につながる。

ということで、結果的に亀は冬眠や夏眠等をすることによってエネルギー消費を防いでいるのですね。

それでは2つ目の理由へ。

2、カメの代謝が穏やかな理由について

亀は代謝が穏やかな生物です。代謝とは、

代謝(たいしゃ、metabolism)とは、生命の維持のために有機体が行う、外界から取り入れた無機物や有機化合物を素材として行う一連の合成や化学反応のことであり、新陳代謝の略称である。 これらの経路によって有機体はその成長と生殖を可能にし、その体系を維持している。

出典Wikipedia

つまり、亀は体の中で行なわれている化学反応もゆっくりだということですね。長生きをする亀は外敵が少ない環境で進化を続けてきた結果、代謝を早くする必要はなかったということです。

それでは亀が長生きの最後の理由です。

3、穏やかに暮らし、エネルギー消費が少ない

先ほど説明した2つの延長線上の理由ですね。

基本的に運動量や心拍数が多い生物は短命となります。ネズミの寿命は1年ほどです。やはりネズミは活動的だからです。そうすると穏やかに暮らしている亀が長生きなのが理解できます。

ご存知の通り、亀はとっても「のろま」です。ということは犬や猫、ネズミのように素早く動く動物よりも必然的に長生きになるということ。

ぼくもノロノロと生きようかな?(笑)

ここまで亀はなぜ長寿なのか?その理由を3つに分けて説明してきました。亀は動きも代謝もゆっくりなのでその分エネルギー消費が少なく、寿命が長くなるとまとめられますね。

そんな長生きの亀さんですが、一体どのくらい長く生きた亀がいるのか?紹介いたします!

次はまさかの200歳!?世界の長生きカメさん達!

亀は万年は本当か?長寿の亀特集

ガラパゴスゾウガメ

一般的にゾウガメの平均寿命は100年とされています。しかしそんな亀たちの中には予想外に長生きする亀がいるんです!そんな中長生きの亀が4匹もいます。まだ、生きている亀もいます。

175歳まで生きた元ギネス保持者「ハリエット」

亀
*www.maniado.jp

ガラパゴス諸島にいるリクガメ科ナンベイリクガメ属のガラパゴスゾウガメという種で、175歳まで生存しました。

ハリエットは、1830年ころ〜 2006年6月23日まで生きていたようです。ジョナサンが現れるまでは「生きている動物最高齢」のギネス保持者だったとのこと。上には上がいるのですね。しかし、175歳とはすごいですね。そこまで生きていたいものです。

6歳から人間の手によって育てられたそうです。ハリエットは愛情を込めて育てられたのではないでしょうか?

最近の研究では、ガラパゴスゾウガメはDNAの修復能力が高いため長寿であるとわかってきています。ガラパゴスゾウガメについてはこちらも参考にしてください。

186歳で今も生きているギネス保持者「ジョナサン」

jona
*www.redbubble.com

リクガメ科のセーシェルセマルゾウガメという種。

このジョナサンはハリエットの記録?というか、現在の生きている動物最高齢のギネス保持者です。イギリス領のセント・ヘレナ島で今も生きているとのことなので、見に行くことも可能ですね。

どこまで長生きするのか楽しみです!

動物最高齢ギネス保持者「トゥイ・マリラ」

kame
*amateurtraveler.com

リクガメ科でホウシャ亀という種で、1777年くらいから1965年5月19まで生きていました。

動物最高齢のギネス保持者で188歳まで生きました。探検家がトンガを訪れた時に、トンガ王に献上した亀だそうです。色が赤みがかっていて、何か高級な亀のような気もしてきます。リクガメの仲間でホシガメやホウシャガメについてはこちらも。

無冠の王「アドワイチャ」

アルダブラゾウガメという種で、なんと!250歳まで生きた可能性があるということ。残念ながら2006年に亡くなられました。

このアドワイチャは小さい頃はペットとして、そして大きくなってからは動物園で育ったとのこと。250年前というとまだ江戸幕府の時代ですからどれだけ長生きかが分かりますね。

東山動植物園で飼育されているアルダブラゾウガメ

今までの亀はすべてリクガメ科のカメでした。リクガメの仲間は長生きです。次は、ほかの種類の亀さんたちの寿命を調べていきます。

いろいろなカメさんたちの寿命

ここからは、水棲の亀などの寿命を調べていきます。

ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)の寿命は?

ペットとして人気の亀です。野生では25年~30年生きます。飼育下では80年ほど長生きしたこともあります。ヌマガメ科の亀である「ミドリガメ」の寿命についてはこちらを。

クサガメの寿命は?

野生下では、クサガメは25年~40年生きます。また、南方熊楠の飼育していたクサガメは、2001年まで生きていました。推定100歳です。イシガメ科の亀「クサガメ」の寿命についてはこちらも参考にしてください。

ニホンイシガメの寿命は?

野生下では、ニホンイシガメは20年~30年生きます。飼育下では40年近くになります。イシガメ科のニホンイシガメについてはこちらも。

カブトニオイガメの寿命は?

カブトニオイガメの寿命は20年~30年ほどです。カブトニオイガメについてはこちらも。

ミシシッピニオイガメの寿命は?

ミシシッピニオイガメの寿命は25年~30年ほどです。ミシシッピニオイガメについてはこちらも。

ウミガメの寿命は?

アオウミガメやアカウミガメの寿命は70年~80年ほどです。リクガメに次いで長いです。アオウミガメやアカウミガメについてはこちらも。

長生きの亀を見て思ったこと

上野動物園で飼育されているガラパゴスゾウガメ

上のリクガメの4匹の亀を見て思ったことは、すべて人間と暮らしてきた(育てられた)ということです。

どの亀も大型のリクガメということは同じですが、なんで人間と暮らしてきた亀が長生きなのかな?と思ったりもします。

しかし、この4匹の亀たちは偶然人間に育てられてきただけで、自然界にはもっと長生きしている亀もいるかもしれません。

どっちにしてみても、長生きの亀は愛される存在ですので生きているジョナサンを始めこれからも大切に飼われて行って欲しいですね。

ちなみに鶴の平均寿命は野生で2~30年。飼育されたもので約3〜50年とのことでした。鶴の寿命についてはこちらも。