仲の良いガラパゴスリクイグアナたち

ガラパゴス諸島の各島々に生息しているトカゲ亜目のイグアナ科の仲間にガラパゴスリクイグアナ(英語ではGalapagos Land Iguana)とウミイグアナ(英語ではGalapagos Marine Iguana)がいます。

これらはイグアナの代表格です。また、一度は観光で行ってみたいエクアドルにあるガラパゴス諸島!

これから、これらのイグアナたちの生息地や生態、リクイグアナとウミイグアナの違いなどを調べていきます。また、地球の環境問題についても調べていきます。動物園で飼育しているか?についても。

生息地と固有種と進化

世界遺産ガラパゴス諸島の風景(エクアドル)
ガラパゴス諸島の地図

この画像は世界遺産であるガラパゴス諸島の風景と地図です。当然、ガラパゴスリクイグアナとウミイグアナの生息域はガラパゴス諸島です。各島々で独自に進化したため、各島々で固有種となっています。

サンティアゴ島のガラパゴスリクイグアナは過去に絶滅しています。詳しくは後程述べます。

サンタフェ島の風景とサンタフェリクイグアナ

この画像はサンタ・フェ島の固有種であるサンタフェリクイグアナです。サンタ・フェ島の風景とあいまって、癒される写真です。

フェルナンディナ島の火山岩の上で日光浴をしているフェルナンディウミイグアナたち

この写真は、火山島であるフェルナンディナ島の磯の風景です。それと岩の上で日光浴をしている、フェルナンディナ島固有種のフェルナンディウミイグアナたちです。背中にちょこんとのっている子供のウミイグアナが、またかわいいですね。

ガラパゴス諸島にあるイサベラ島の砂浜を歩くウミイグアナ

この画像は、イサベラ島の砂浜の風景とイサベラ島固有種のウミイグアナです。フェルナンディナ島では火山岩に擬態して灰色でしたが、イサベラ島ではやや褐色ですね。各島の固有種は環境にあわせて進化していますね。

ガラパゴスリクイグアナの生態

日光浴をしているガラパゴスリクイグアナ

大きいもので、体長は110cmほどとなり、体重は12kgほどとなります。メスよりオスのほうが大きくなります。メスのほうが濃い色で、オスが薄い色です。

ガラパゴスリクイグアナの寿命は60年ほどです。

一般的なグリーンイグアナの寿命が飼育下でも20年ほどなので、ガラパゴスリクイグアナの寿命がいかに長いかがわかりますね。よほどガラパゴス諸島の環境がイグアナにあっているのでしょう。

主にウチワサボテンを食べます。また昆虫類なども食べます。下の写真は、サボテンを食べているところです。サボテンにかぶりついているとこも、またかわいい!

サボテンを食べているガラパゴスリクイグアナ

サンティアゴ島の固有種の絶滅の原因

1535年ころにガラパゴス諸島は発見されました。その後、航海している人たちによって、ブタやヤギが持ち込まれました。そのブタやヤギなどが、サンティアゴ島の植物を食べつくしました。

主食であるサボテンなどの植物がなくなってしまったのが、サンティアゴ島でガラパゴスリクイグアナが絶滅した原因です。

1835年に、あのチャールズ・ダーウィンがサンティアゴ島のガラパゴスリクイグアナを目撃したのが最後だといわれています。なんともあっけない絶滅の理由ですね。

ガラパゴスリクイグアナ

ウミイグアナの生態

ウミイグアナの日光浴

ウミイグアナの体長は大きいものになると、150cmほどになります。海で泳ぐために尾が長くなりました。主食は海藻です。海に潜って海藻を食べます。

ガラパゴス諸島近海は寒流で水温が低いため、ウミイグアナは磯にあがって日光浴をします。海中でたまった塩分を鼻などから出します。上の画像では塩分が白く固まって見えます。

泳いでいるウミイグアナ

この写真は海を泳いでいるウミイグアナの姿です。長い尾をうまく使っていますね。

ガラパゴスリクイグアナとウミイグアナの違い

磯にいるウミイグアナ

これはウミイグアナの顔の写真です。ウミイグアナは頭がガラパゴスリクイグアナよりゴツゴツしています。またクレストと呼ばれる背中の鱗が、ウミイグアナのほうが多いです。

下の画像はガラパゴスリクイグアナの画像です。違いがよくわかります。

休んでいるガラパゴスリクイグアナ

環境の変化などが理由で絶滅の危機

以前は人が持ち込んだブタなどが原因で、サンティアゴ島の固有種が絶滅しました。絶滅した動物たちについてはこちらも。

現在は、地球の温暖化やエルニーニョ現象などにより、海中の海藻が減少していることが原因で、ウミイグアナの主食が減っています。そのため、ウミイグアナが陸上のサボテンなども食べることがあります。主食の海藻やサボテンが減ってきています。

地球の温暖化などの環境問題が原因で、ガラパゴスリクイグアナやウミイグアナが絶滅危惧種となっています。

同じトカゲ亜目で、インドネシアのコモド島に生息しているコモドオオトカゲがいます。そこで同じように絶滅危惧種であるコモドオオトカゲ(コモドドラゴン)についてはこちらも。

日本の動物園でガラパゴスリクイグアナを見ることができる?

以前は静岡県の河津町にある体感型動物園iZooでみることができましたが。現在は日本国内でガラパゴスリクイグアナを見ることのできる動物園はありません。

やはり、ガラパゴス諸島に旅行にいくしかないですね。

ガラパゴス諸島で同じ様に絶滅したり、絶滅の危機にあるガラパゴスゾウガメについてはこちらも。