深海の魚「コンペイトウ」吸盤で貝殻にくっついてオスは卵を見守るよ。

  • 2021年8月21日
  • 魚類
  • 1306view

くりっとして透き通った目がたまらないです。

もちろん、色も含めてお菓子の金平糖にちなんだ名前です。

深海魚のコンペイトウはダンゴウオの仲間で他にフウセンウオなどがいます。

上の写真でも、潮に流されないように吸盤で貝殻にくっついています。

これから、コンペイトウのメスが産卵する方法や、孵化するまでオスが見守って保護する様子、ほかの仲間なども調べていきます。

どこの水族館で飼育されているかについても!

生息域や生態

北半球の寒冷な海域に生息しています。

深海魚であるため、水深は20mから500mあたりのさまざまな深さの海底にいます。

種類によっては900mくらいの深海にいることもあります。

寒くて深い海底が好きなんですね!

小さいときは小さいですが、大きくなると最大12cmほどになります。

こう見えて、肉食で海底の甲殻類や軟体動物を食べています。

かなり意外ですね。

メスはブツブツしていて、オスはややなめらかです。

体の色は黄色っぽいものから茶色っぽいものまで様々です。

腹部には吸盤があります。

海底では海流に流されないように岩礁や貝殻にくっついています。

また、メスは貝殻にくっついて、その貝殻に卵を産み付けます。

オスはずっとその卵を孵化するまで見守ります。

頼もしくまた親しみがわきますね。

海流にフラフラととばされると大変ですもんね。

次は種類についてです。

ダンゴウオ科

ダンゴウオの吸盤

「コンペイトウ」はカサゴやカジカに近いダンゴウオ科の一種です。

ほかに「ダンゴウオ」や「ナメダンゴ」「フウセンウオ」「ホテイウオ」「イボダンゴ」「ランプサッカー」などがいます。

たくさんの種類がありますね。

どれもかなりかわいいですよ。

だけど、どれもかなり似ていてなかなか見分けがつきません。

みなさんは見分けがつくでしょうか?

つぎは、フウセンウオやダンゴウオの写真です。

フウセンウオ

おたる水族館で飼育しているフウセンウオ 出典:PIXTA

上の画像はフウセンウオです。

いろんな色の風船が浮かんでいるようです。

フウセンウオも 新江ノ島水族館 をはじめとして、いろいろな水族館で大人気です。

コンペイトウに負けず劣らずにかわいいですね。

吸盤でアクアリウムのパイプにくっついているフウセンウオ

新江ノ島水族館 は、フウセンウオの孵化と繁殖に成功しています。

いろいろな色や成長段階で大きさが違うフウセンウオをたくさん観察できます。

ぜひ、いって見てみたいです。

フウセンウオ 出典:PIXTA

最近の北海道大学水産学部や東京都小笠原水産センター、兵庫県立大学の研究では、コンペイトウとコブフウセンウオとナメフウセンウオは同種であることが確認されています。

コンペイトウはいわゆる出世魚でもあったんですね!

つぎはダンゴウオです。

ダンゴウオ

海藻に吸盤でひっついているダンゴウオ 出典:PIXTA

これはダンゴウオです。

まだ子供のダンゴウオで、小さく見えます。

これもまたかわいいです。

海藻の上にいますね。

ダンゴウオは比較的浅い海で見ることができます。

岩礁に生えている海藻の間を泳いでいます。

そのため、スキューバダイビングをするダイバーの間で大人気です。

ホテイウオ

海藻に吸盤でくっついているホテイウオの稚魚 出典:PIXTA

仲間に「ホテイウオ」がいます。

ホテイウオの稚魚もコンペイトウそっくりです。

北海道では「ゴッコ」と呼ばれ、郷土料理のゴッコ汁で有名です。

卵がいっぱいで好みは分かれますが。

実は僕はあんまりって感じです。

ランプサッカー

Cyclopterus lumpus, the lumpsucker or lumpfish, is a species of marine fish in the family Cyclopteridae lumpsuckers. 出典:123rf

ダンゴウオ科の中では最大です。

やはり、卵はランプフィッシュキャビアとして高級品となっています。

次はコンペイトウが海底でどんなふうに泳いでいるのか気になりますね。

実際には寒い海域の海底の動画は撮れないでしょうけど。

水族館の水槽のなかで泳ぐところは見ることができます。

コンペイトウの泳ぎ方

これは網走にあるオホーツク流氷館で撮影された動画です。

オキアミを吸うように食べているようです。

泳ぎ方もふらふらとおぼつかなくて、かなり癒されます。

これを見てしまうと、なんとか最寄りの水族館に見に行きたくなりますね。

といっても、どこもかなり遠いけど。

コンペイトウはペットにできる?

出典:photolibrary

比較的浅い海底でもみかけるダンゴウオでも、自宅のアクアリウムでペットとするのは困難です。

深海魚であるコンペイトウの飼育も難しいです。

値段は?

ダンゴウオでさえ、ペットショップにいるのは稀です。

自分で採取するしかありません。

深海の生きているコンペイトウは個人では採取できず、値段がつけられないです。

お魚スーパーでは時々、ゴッコが売ってあるのを見かけます。

大きさによるけど800円前後です。

コンペイトウのいる水族館

  • オホーツク流氷館はフウセンウオやナメダンゴもいるようです。
  • 越前松島水族館にはなんと、コンペイトウハウスがあります。しかも、ここでしか手に入らないコンペイトウぬいぐるみもあります。
  • アクアマリンふくしま
  • 城崎マリンワールド
  • 新江ノ島水族館ではフウセンウオです。

などで見ることができるようです。

ぜひ確認して見に行きたいですね。

次はコンペイトウハウスについてです。

越前松島水族館

越前松島水族館には直径7mの「コンペイトウハウス」という施設があります。

コンペイトウの繁殖に日本で初めて成功したそうです。

そのため、稚魚からいろいろな成長段階のコンペイトウを観察できます。

かなりありがたいことです。

ぜひコンペイトウを見るなら、福井県の越前松島水族館にいきたいですね。

まとめ

コンペイトウはかわいさ最強のお魚でしたね。

丸い目と口がたまらないです。

産卵した卵を、孵化するまでオスが見守るのも親しみがわきます。

海底の海流に飛ばされないように吸盤でくっついているのもかわいいです。

ほかにも、ダンゴウオやフウセンウオ、ナメダンゴもおそろしくかわいいです。

そのため、日本各地の水族館で大人気です。

機会があったら、コンペイトウハウスに足を運びたいですね。

仲間の生き物たち

  • こんなにいたの!?文鳥の色や種類10種!レアも含めご紹介!弥富のブランドは? 文鳥のカラーはいろいろありますが、全て黒と赤の色素の組み合わせで作られています。 黒も赤も多いのが「ノーマル」で、どちらの色素もないのが「アルビノ」です。 野生の本来のカラーは「ノーマル」です。 その他のカラーは全て人が作りだしたものです。 「シルバー」や「クリーム」、「シナモン」など、昔はなかった種類も新たに作出されています。 こんなに多いと […]
  • 王妃はアルビノのメダカ。その生態や魅力!値段は高い?好奇心旺盛 自宅でメダカを飼い始めて一週間くらいたち、 幹之(みゆき)だけでは寂しいなと感じました。 そのため、再び養殖販売店へ行き、もう一種類育てることにしました。 そこには、ダルマ体型だったり、赤かったり青かったり、色々な種類のメダカがいました。その中から選ぶことにしました。 再び養殖販売店に行く 年末ということもあり正月の準備をしている養殖場 […]
  • シマリスは「部屋んぽ」が大好き!確認も必要!なつく方法も ケージ内で反復横跳びやバック転を、シマリスが繰り返すことはありませんか?これは常同行動でストレスが原因として考えられるようです。 そんなときは部屋んぽ(ケージから外にでて部屋の中を散歩すること)をしましょう。 ケージから外に出して、思いっきり遊ばせてあげることも必要です。 行動範囲の広いシマリスは部屋んぽをすることにより、ストレス解消になります。 ま […]
  • 「は!天敵?ライオンとか雑魚だわw」最強生物ラーテル様まとめ! 実は、このイタチ科の動物が本当に無敵なのです。 […]
  • アフリカオオコノハズクの魅力!シュッと細身に早変わり テレビでもたびたび取り上げられている、 有名な「ポポちゃん」をご存知ですか? ポポちゃんは静岡県の掛川花鳥園にいる、アフリカオオコノハズクです。 このポポちゃん、どうして有名になったのかというと、 普段の姿からは想像もできないほど細くなるからなんです! 今回はその生態などを紹介していきますね。 生態 出典:PIXTA キリッと […]