P_20160627_184724

クリマスが近づくと思い出すのが「七面鳥」たちである。

自分家にいる「アルビノ?七面鳥」の画像や、彼らの生態の調査をお届けします。

七面鳥とは?

そもそも七面鳥ってどんなやつだよ

おそらく日本に住んでいる多くの人がそう思っているのではないだろうか?

そんな疑問にお答えすべく、クリスマスの由来や七面鳥の性格、生態について順番に説明していこう。

02

クリスマスは七面鳥!その由来と意味って?

あるとき思ったのがこの疑問。

なんでクリスマスに七面鳥なの?

ちょっと考えて、

「そもそも、クリスマスってキリスト教の聖なる夜だし、しかもその外国の文化のさらに文化の七面鳥まで真似しているのか?」とも思った。

しかし、その理由が衝撃だったのだ!

というわけでもなく、意外に普通だった。

クリスマスに七面鳥はキリスト教発じゃない!

そう。キリスト教の影響で、クリスマスに七面鳥を食べることになったのではなく、なんと、

アメリカに移住した人間が、飢えをしのぐために食べ始めたのがきっかけだったのだ。

話を説明すると、

  1. 17世紀、ヨーロッパからアメリカへ大量の移民が移り住む。
  2. 移民たちは冬場に食べ物がなく、困り果てていた。すると・・・
  3. アメリカ先住民(インディアン)が、七面鳥を「どうぞ!」と譲り渡す。

だいたいこんな感じ。

まーまーこんな感じで、七面鳥が人々の命を救ったこの話が語り継がれ、縁起物の代表として七面鳥がお祝いの場に用いられることになったのだという。で、「キリストが生まれた12月25日を盛大に祝おう!」となったらしい。

こういうことなら、七面鳥たちも納得するのかもしれないかな?

1260442873

七面鳥ってどんなやつ?

七面鳥は鳥にしてはでっかい。

昔、七面鳥の重さを体重計で計ったことがあるが、8キロとか、10キロあったのを覚えている。

「大したことなくね?」と思うかもしれないが、実際は結構重い。

公式では全長120センチ、体重9キロ

これはオスの大きさであって、メスは2回りくらい小さい。体つきも違う。↓これがメス

20121009201550c23

オスとメスの違いは大きさだけでなく、ちょっと習性も違う。

オスとメスの違い

メスはいたって普通の鳥なのだが、オスは普通の鳥ではない。

例えば、鼻。

オスは鼻みたいなビヨーンとしたやつがある。メスにはこれがない。

次に、変な鳴き声。

羽に力を入れて、プスプス言いながら歩いているのだ。

七面鳥の由来

七面鳥の一番の特徴といえば、顔の色が変わること先ほどのプスプス言いながら歩いている時にオスの顔が真っ赤に変色する。

ちなみにこれが、七面鳥という名前になった由来らしい。

変な鳴き声

オスの変な鳴き声について。プスプス言いながら歩く行為のほかに、もう一つ変な行動をとる。それが、アラームコールと言われるオスが発する鳴き声だ。

これはめちゃめちゃおもしろくて、

人間が変な声を出したり、騒いだり、もしくは騒音の車が通りかかったりすると、

こんな風に鳴くのだ。笑(これは、他の人の動画です。)

ここまでで、七面鳥は変な鳥であることはお分かりしていただけたかと思う。

しかし、最後になってぼくがアルビノだと思っていた七面鳥がアルビノでないことが判明してしまった。

白い七面鳥

実は白い七面鳥は、「ブロードブレステッドホワイト種」と呼ばれる種類で、アルビノではなかったのだ。「これが無知の知なのだろうか?」知ったかぶりはいけない。

ちなみにこの種類の七面鳥は品種改良の結果生まれたもので、胸骨、脚が短いという。。

最後に変な七面鳥の卵で締めようと思う。

七面鳥の卵

七面鳥の卵は変だ。画像を見ていただけば分かると思う。

img_0

何やらつぶつぶしているのが付いている。

卵に関しては、ニワトリくんの方がいいと思う・・・。

そんなわけで、

・クリスマスの由来

・七面鳥の特徴

・卵

をまとめてきました。