可愛いレッサーパンダに会うために昭和レトロな動物園まで行ってみた!生態も!なつく?

横浜市にある野毛山動物園にレッサーパンダがいると聞いて、探しに行って見ることにしました。

そこに辿り着くまでの経過も説明していきます。

どこでもレッサーパンダは人気者です。

果たして、その素顔を見ることはできるのでしょうか。その生態なども調べていきます。

昭和レトロな雰囲気の野毛山動物園に可愛いレッサーパンダを探しに行った

野毛山公園の石碑

野毛山動物園には駐車場がなく、近辺のコインパーキングも少ないということで、歩いて行くことにしました。

野毛山公園の麓まできました。野毛山公園の石碑もありました。ここから、山の上まで、かなりの坂道が続きます。

その坂の途中に案内がありました。やはり、レッサーパンダが目玉で、そのポスターが三枚並んで大きく貼ってあります。

まだまだ坂道を登ります。かなり体力が必要です。

案内の看板

途中には横浜市や野毛山公園の地図の看板がありました。横浜市の市街地の中にあります。

壁には動物の絵が掲げられています。坂道を歩いていても、飽きさせないような工夫があります。

やっと頂上まできました。

野毛山動物園前のバス停

バスで行くこともできます。バスのほうが楽ですね。

動物園内に入る

やっと、野毛山動物園の入り口に着きました。ご案内の場所にいくと受付の人が「無料です」と説明してくれました。入場料は無料でした。良心的です。看板や動物園の建物も昭和レトロな雰囲気です。

ご案内と入場口

入場口から少し行くと、シロトキなどの珍しい鳥が飼育してありました。

シロトキ

さらに行くと、ライオンの像があります。ここで記念撮影をしている家族連れが多かったです。

ライオンの像

ここからさらに少し進むと、お目当てのレッサーパンダがいました。。やはり、お客さんが集まっていて人気者です。

木の上で休んでいるレッサーパンダ

凄く暑い日で、ずっと木の上で休んでいて、なかなかその表情を見ることができませんでした。

とうとうレッサーパンダを発見

野毛山動物園の中央付近にレッサーパンダがいました。

比較的狭い動物園なのですが、オープンで広い飼育スペースの中にいました。

夏で緑の葉が茂っている木の上で休んでいます。耳も大きくて可愛いですね。

尻尾を丸めて、その上に顔を乗せて寝ているようです。

なかなか顔を上げてくれません。

一瞬、顔を上げてくれますが、すぐにうつむいてしまいます。

もともと標高が高く寒冷な地域に生息しているため、夏の日差しが暑くて疲れていたのでしょう。

木陰に隠れています。

レッサーパンダの生態

Lesser or red panda. 出典:123rf

英語では、Lesser-pandaまたはRed-pandaといいます。中国語では熊猫といいます。

クマやアライグマと近縁の動物です。

耳も大きくて三角で、とにかく可愛いですね。尻尾も長いです。

生息地

Photo of a red panda a rare endangered species found in eastern Himalayas and south western china shot at national reserve in north east India. 出典:123rf

インドや中国、ネパール、ブータン、ミャンマーなどの中央アジアの標高の高い地域に生息しています。

竹林や森林で生活しています。

大きさ

成長すると、体長が60cmほど、尾長が45cmほどになります。

木の上に座って尻尾を垂れている

体長の割に尻尾が長いですね。これも可愛さの秘訣です。

体重は6kgほどになります。他の動物と比較すると、コツメカワウソより一回り大きいです。

基本的には、竹林の竹やタケノコ、果実などを食べます。

小動物や昆虫などを食べることもあります。

寿命

埼玉県こども動物自然公園で飼育しているレッサーパンダ

野生での寿命は8年~10年です。

動物園での飼育下での寿命は22年という記録があります。

絶滅危惧種

生息地である中央アジアの高地の農地開発などにより、森林や竹林の面積が減少しています。そのため、野生のレッサーパンダの生息数は五千頭から、多くても一万頭ほどと、かなり減少しています。

なつく?!

NEXT↓