この記事には広告やプロモーションが含まれています。

水菜の選び方!シャキシャキした食感を残す保存方法は?ちょっと苦いけど草食動物も食べる?

お鍋にサラダに大活躍の植物です!ちょっぴり苦いのが美味しいですよね♪関東の方には、「水菜」という名前は馴染みがあるでしょうか?実は「肉の臭みを消す」という、ワサビのような働きがあり、古くから活用されてきた野菜でもあります。鍋に入れるのは、そういうルーツもあります。

どんな野菜?生態や豆知識

水菜は英語ではpotherb mustardです。これから旬や選び方、調理法なども含めて調べていきます。

原産地。

実はこれは元々京都で栽培されてきたもので、「京野菜」になります。それが昨今、その美味しさや栄養価から全国展開されるようになり、関東のほうでも身近な野菜となりました。関東では「京菜」とも呼ばれています。

旬。

年中見るようになりましたが、旬は真冬の1~3月です。寒い冬を、美味しい水菜と一緒に乗り越えてくださいね♪また、基本的にはハウス栽培で常にスーパーに置いてある食材ですが、旬な時期に食べる水菜は特にシャキシャキ栄養価たっぷりの美味しく感じます。

大きさ

草丈は20cm~30cmほどまで成長します。栽培方法によっては、30cmを超える大株になることもあります。土鍋に入れるには、ちょうどよい大きさですね。

値段。

旬の三月から四月と五月が安く、1kgあたりの市場での卸売価格は250円前後です。十月になると倍の500円程度になります。スーパーでは水菜1パック150gほどで200円前後で販売されていることが多いです。

選び方。

スーパーでの水菜の選び方で選ぶ時、特に気にして見てみると良いのが葉先と茎の部分です。葉先は緑色が濃く、ピンとハリがあるもので、退色していないものを選びます。茎の部分は白い部分がはっきりしていて艶があるものが、新鮮で食感も楽しく食べられます。日持ちする食材ではないので、たまにスーパーに置いてある水菜の中にもすでに茶色く変色していたりするものもあるので気をつけてください。私自身、スーパーで古いものを買ってしまったことがあり、結局葉の茶色い部分を捨てて使いました(^^;)葉にも茎にも栄養が詰まっている食材なので、勿体無いですよね。また、これには様々な食べ方ができるため栽培方法も複数あり、サラダ用に柔らかく栽培しているものがあります。用途に合わせて選ぶと、より美味しく食べることができるので使い分けてみてください。

保存方法

通常2〜3日は持ちますが、古いものを買ってしまった場合はなるべく早く食べるか、冷凍保存がオススメです。日が短くなり、木枯らしが吹くころ……こんな時は鍋が恋しくなりますね。鍋といえば欠かせないのが水菜ではないでしょうか(^^♪。鍋以外にも、サラダやナムルなど、普段使いにも出来てお手頃価格な野菜です。でもすぐに常温ではしなびてしまうのが難点ですよね。葉野菜ではよくある事ですが、出荷から店頭に並ぶころには既に水分量がギリギリなんです。帰るとすぐに、水に1分ほどくぐらせ、ポリ袋に入れ野菜室保存だと、2週間以上はみずみずしさとシャキシャキした食感がキープされます。さらに根っこを切り落としておくと、成長を止められるので栄養もキープされて、味わいも落ちないのでぜひおススメ!(^^)!シャキシャキ感が長持ちするので、サラダなど生食にするといいですね♪お仕事が忙しい方にありがたいのが冷凍保存です。冷凍するだけで、水菜の細胞がもろくなり、解凍だけで茹でる工程が省けます。鍋には冷凍庫から出してそのまま使えます。冷凍保存のやり方は。水菜を切った後に、ポリ袋やラップでなるべく重ならないよう平たく冷凍するのがおススメです。こうするとかたまりにならずほしい分だけ使えるので便利です。旬になると価格もお手頃で栄養価も美味しさもます水菜は日頃のお助け野菜にピッタリですね(^^)

解凍方法。

水菜は夏にはサラダや棒棒鶏、冬は定番のお鍋に…等、今や一年中楽しめる野菜です。見た目の色から淡色野菜だと思っている方もいるかもしれませんが、これは実は緑黄色野菜なんです!緑黄色野菜とは、100g当たりのカロテン含量が600µg以上という基準を満たした野菜のことです。緑黄色野菜であるので、まさに栄養抜群なので、是非美味しく取り入れていきたいですよね♪これは日持ちができない野菜なので、すぐに食べられない時は冷凍がおススメです。よく洗って、適度な大きさに切り、フリーザーバッグ入れて冷凍するだけなので、簡単に冷凍保存できる食材です。余裕があれば、一度凍ってから冷凍庫から取り出し、手でバラバラにしてから再度冷凍庫に入れておくと、使う時にパラパラと取り出しやすくなります。解凍も簡単。食べる時に凍ったまま調理するだけでオーケーです。汁物やお鍋にそのまま入れてくださいね。冷凍したものは生で食べるには向いてませんので、サラダ等、生で食べたい場合は、冷凍する前に使うのがベターです。

水菜は色んな食べ方が出来る野菜です。洗って、そのまま生で食べることが出来ます。アクは少なめでシャキシャキした食感なので、サラダにピッタリな野菜です。少しほろ苦い味がありますので、苦手な方は、濃いめのドレッシングをかけたり、他の野菜と一緒に食べるといいですよ♪

匂い。

アブラナ科ですが、青臭さはほとんどないです。Potherb Mustardという名前の通り、からしのような爽やかなみずみずしい香りがします。

食べ方。

もちろん定番のお鍋。冬のお鍋に欠かせませんよね。煮てもシャキシャキ感が残るので、食感を楽しみながら食べることができます。ソテーにして焼いて食べることも出来ます。ベーコンやガーリック、コーンとも相性がいいので、洋風なおかずにもピッタリですよ。

切り方。

水菜は基本的に、根を切り落としたあと、ザクザクと大まかな長さにざく切りする切り方が定番です。お鍋やソテー、サラダに使うときもこの切り方でオーケーです。すごく簡単ですので、料理初心者の方にも挑戦しやすい野菜です。根本は砂などが入り込んでいる場合があるので、しっかり洗ってくださいね。ボウルなどに水を入れて、根を入れて洗うと綺麗に洗えるのでおススメです。

レシピ(作り置き以外)

鍋料理やサラダを紹介します。

◆水菜で!常夜鍋

〇材料〇

  • 水菜…1袋
  • 豚バラ肉(薄切り)…250g
  • 日本酒…1カップ
  • 水…2カップ
  • お好みのつけだれ(ポン酢やゴマだれ等)…適量

〇作り方〇

  1. 鍋に日本酒と水を入れ沸騰させる。(蓋はしないのがポイント)
  2. 適度な大きさに切った豚肉と、洗って適度な大きさに切った水菜を鍋に入れて煮る。
  3. 豚肉に火が通ったら完成。好きなつけだれにつけて召し上がれ♪

※常夜鍋とは、毎日食べても飽きないということから名づけられたお鍋です。通常はほうれん草と豚肉で作りますが、水菜でも美味しくいただけますので是非作ってみてください。

◆水菜&大根のベビースターラーメンサラダ

〇材料〇

  • 水菜…1/2袋
  • 大根…5~6cm程度
  • 市販の胡麻ドレッシング…適量
  • ベビースターラーメン…適量

〇作り方〇

  1. 大根は皮をむき、細切りにする。水菜はよく洗って5cm程度のざく切りにする。
  2. 大きめのボウルに1を入れ、胡麻ドレッシングを好きなだけ入れて混ぜる。
  3. お皿に盛りつけ、上からベビースターラーメンをふりかける。
  4. お好みで、海苔やかつお節などをトッピングしても美味しいです♪

作り置きレシピと保存可能期間。

胡麻和えを紹介します。

◆水菜とツナのあっさり胡麻和え

〇材料〇

  • 水菜…2袋
  • ツナ缶(小)…1缶
  • 醤油…大さじ1
  • みりん…小さじ1
  • ショウガチューブ…2cm

〇作り方〇

  1. 水菜はよく洗って5cm程度にざく切りにし、大きな鍋で沸騰させたお湯で1分茹でる。
  2. ザルにあけ、冷水で数回洗い、そのまま冷ましておく。
  3. 冷ましている間に、ボウルにツナ缶(油は入ってもオーケーですが、苦手な方はきってください)、醤油、みりん、ショウガチューブを入れて混ぜ合わせる。
  4. 手で掴めるくらい水菜が冷めたら、ぎゅっと手で絞りながらボウルへ入れる。水が残っていると味が薄くベチャッとなっていますので、よくきってくださいね。
  5. よく混ぜ合わせ、器に盛って完成。

※冷蔵庫で4日保存可能ですので、作り置きにおススメです♪

献立例

  • ごはん、常夜鍋
  • お好きなパスタ、水菜&大根のベビースターラーメンサラダ
  • ごはん、味噌汁、水菜とツナの胡麻和え、からあげ

ちょっと苦いけど草食動物が食べても大丈夫?

アブラナ科の植物には水菜以外にも、大根やナズナ、キャベツ、ブロッコリーなどたくさんの種類の野菜が含まれています。大根は辛みがあったり、水菜はちょっとだけ苦いです。そのほとんどが、動物や昆虫が食べても大丈夫です。家庭菜園で育てた水菜をペットに餌として食べさせてあげましょう。雑食動物のハムスターも水菜を食べて大丈夫です。水菜の水分は多いので、ハムスターに与えるときは少量にしましょう。

植物園で見れる?

筑波実験植物園では色々なアブラナ科の植物が栽培されていて、水菜も栽培されています。

かわいい花や季語。

2月から3月にかけて、直径1cmほどのかわいい花が咲きます。そのため、水菜は春の季語です。花言葉は「虚空」で、ちょっと悲しい感じがします。ここで俳句を一句。「一輪で 雲間ただよう 水菜花」

まとめ

旬の冬に鍋料理に水菜を入れたら、シャキシャキした食感も加わって美味しいです。そのままサラダで食べるのも美味しいです。そのためには選び方や保存方法も重要でした。京都が原産地で京野菜というのは意外でした。花は春に咲き、アブラナの花に似ていました。

仲間の生き物たち

  • 人参は根っこ!そのかわいい白い花は初夏の季語。餌として好きな動物は? 今やスーパーでは簡単に手に入れる事の出来る、セリ科の根や葉を食用とする植物についてです。畑に埋まっている時は葉(または菜)が飛び出ているので、畑を見たときに「あ、人参だ」と分かる方は農家経験者の方や見た事のある方だけだと思います(*^^)。英語ではcarrotです。これから、その原産地や歴史、餌として好きな動物、保存方法、美味しい食べ方などについて調べていきます。 ど […]
  • ボブキャットは大きくてかわいいネコ!木を登ったり、泳ぐ猫! ボブキャットはアメリカでは大変なじみの深いネコです。動画でもよく見かけます。かなりかわいくて、アメリカでも大人気です。かなり大きいですが、やはりネコ科だけあって、いろいろなところに行きます。しかも強いです。これから生息域や生態、強さ、泳げる猫なのかなどを調べていきます。また、どこの動物園で飼育しているかについても! 生態 岩の上で休んでいる  出典:PIXTA […]
  • うさぎはなつく?おでこ?こめかみ?ほっぺた?どこを撫でるとよい? うさぎは体が小さく、比較的世話もしやすいため、最も人気の高いペットです。私もこれまで三匹育ててきました。しかし、お迎えしてすぐや、初めての方の中には、なかなか自分になついてくれない、あるいは、嫌われて警戒されてしまっているというお悩みを持つ方も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、なつくための方法や嫌われる条件などをご紹介していこうと思います。初めての方でも、今回の […]
  • 牡蠣の味は産地によって美味しさが違う?検証してみた! 日本では、牡蠣は冬の味覚または夏の味覚として有名です。古くから「海のミルク」と呼ばれるそのクリーミーな美味しさと、栄養価が高く健康的にも美容的にも良いことから多くの人に愛されている食材です。明治時代にヨーロッパから海面養殖技術が伝来し、現在では全国各地で生産されています。そんな、僕たちには馴染み深い食材で、最近ではスーパーに行けばいろいろな産地のものを見かけますが、「産地ご […]
  • 亀の寿命はなぜ長いの?その理由とギネス最長の亀まとめ! ことわざに、「鶴は千年、亀は万年」とありますが、どこまで本当なのでしょうか?そんな疑問を解消すべく、その寿命の長さの理由を検証しました!そして、ギネス記録を持つ亀さんたちも調べてみました。 寿命はなぜ長い?その理由 亀のことを調べていると理由がわかりました。 冬眠をし、また夏眠をすることもある。 代謝が穏やかである。 穏やかな生活をし […]