海の世界というのは本当に神秘的で不思議なことがいっぱいです。私はダイビングをやるのですが、まだまだ潜ったことのある場所が少なく、見てみたい生物がたくさんいます。

その中の一つが「ナガヒカリボヤ」。脊索動物のヒカリボヤの一種です。

初めて彼らのことを知ったときは「何、これ!?生物?生きてるってこと?」と、とても驚きました。いやいや、こんなん海で出会ってもパニックになっちゃうよ。と。

しかし、その生態を知り、ある特徴から是非見てみたいと思ったのです。さて、ナガヒカリボヤとは何でしょうか?私たちのよく知る「ホヤ」とは全く異なる見た目をしています。今日は不思議な彼らをご紹介しましょう。

ナガヒカリボヤってどんな生物?

ホヤ類は普通岩盤などに着底し変態しながら固着生活になりますが、ヒカリボヤ類は群体性で終生浮遊生活を営みます。つまり、海の中を浮いて漂っているということですね。

体長数ミリの個虫がぎっしりと多数集まって、一端だけが開いた筒形の群体を作ります。群体の大きさは、多くのもので、長さm程度でありますが、長いもので、20mもの長さになることもあります。

maxresdefault
ナガヒカリボヤ

スイミーと一緒!?

摂餌フィルターも体内にあり、ホヤの成体が海中に浮かんでいるものとなります。要は、小さい生物がたくさん集まってこの不思議な形態になるのです。小さい生物が集まると言ったら、小学生のころに習ったスイミー。

スイミーも小魚が集まって、大きく見せて大きい魚から身を守るというお話でしたが、彼らもまたスイミーと同じ理由で集まっているのでしょうか。

しかし、彼らの運動は個体のえらぶくろに生えた繊毛が起こす水流によるものなので、活発に動くことが出来ず、魚から食べられ放題だそうです。うーん。謎ですね。ちなみにマンボウも彼らが好物だそうです。

ナガヒカリボヤは光るの?

ヒカリボヤはその名の通り、発光します。

好条件下では100mも先から見えるほど強力な発光が見られます。100mも先から見えるなんてすごいですね!

ではなぜ光るのかというと、ヒカリボヤに発光バクテリアが共生しているからです。

共生している発光バクテリアは0.1mmほどの小さな単細胞生物ですが、その細胞内にルシフェリンールシフェラーゼ反応を起こして強い青い光を発する機能を持っているのです。

何のために発光バクテリアを共生させているかはまだ良くわかっていません。

7982031647_7e6054a0e7
発光するナガヒカリボヤ

次は、ナガヒカリボヤに共生するエビについてです。

ナガヒカリボヤの中に共生するエビを発見!

2010年に、和歌山県の串本海中公園センターの沖合の海中で、ナガヒカリボヤとその中に共生するエビが発見されました。エビの種類は不明だそうです。

その後も、スキューバダイビングをされている方々から、エビが共生しているナガヒカリボヤの報告があります。

また、同じホヤの仲間のサルパに共生するアミダコも話題になりました。サルパについてはこちらも。

ナガヒカリボヤもサルパも連なって海中を漂っている様子が似ていますね。どちらもスキューバダイビングでは人気者です。

ダイビングの世界では人気者!

ナガヒカリボヤの発光の美しさはダイバーの中で大変評判がよいです。

ナイトダイビングでは、滅多に発光時に遭遇出来ないようですが、それは見事だと言われています。そう、私が一番興味を持ったのはここです。そんなことを聞いたら是非見てみたいですよね!

ナイトダイビングというのは夜に行うダイビングなのですが、昼間とは大きく違いそれはとても神秘的な世界です。当然暗く、懐中電灯の明かりだけなのです。そんな暗闇の中、長くて綺麗に光っている生物を見たら、感動することでしょう。

ナイトダイビングの際に夜光虫を見たことがありました。刺激に反応して、少し青っぽく光るプランクトンでとても綺麗なのですが、これは船に乗っていても見られます。

ナガヒカリボヤはダイビングで見れるの?

しかし、ナガヒカリボヤは海の中へ入らないと見られないのです。なかなかナイトダイビングをする機会がありませんが、是非、彼らの姿を自分の目で見てみたいものです。

また夜だけでなく、昼間でも彼らに数mもの大きな彼らに出会ったらテンション上がっちゃいそうですよね。

下の動画は、海面付近を漂うナガヒカリボヤを水中から撮影したものです。

ナガヒカリボヤ

群体で海中を浮遊している様子がきれいに撮影されていますね。ぜひ、自ら海に潜りにいって、直接、ナガヒカリボヤを見たいですね。

ちなみに、ナガヒカリボヤは世界中の海に生息していて、調べたところ、私が前によく潜っていた海にもよく目撃されているようです。出会えるのは運なのかな?

次回は是非、お会い出来ますように。