ネザーランドドワーフは小さくてかわいいウサギ!生態や寿命も

うさぎの中で有名な、ネザーランドドワーフ(英語ではNetherland Dwarf rabbit)についてです。

ペットとして飼育したいウサギとしても大人気です。

どういったところが人気の理由なのでしょうか?

生態や寿命、飼育している動物園などについても調べていきます。

生態について

Little Rabbit Sitting In The Grass In Summer. 出典:shutterstock

ウサギ科アナウサギ属です。アナウサギの中でも、カイウサギやイエウサギと呼ばれるうさぎの仲間でもあります。

ネザーランドとはオランダのことです。

1900年ころに、オランダで誕生しました。

その後、イギリスやアメリカへ広がり、世界中で愛されるようになりました。

色々な画像でもわかる通り、色の種類は多いです。

大きさは?

リンクス(薄茶色) 出典:PIXTA

体重は大きくても、1.1kgです。

一方、ジャパニーズホワイトと呼ばれるウサギは、体重が3kg~6kgほどです。

ジャパニーズホワイトと比べると、ネザーランドドワーフがいかに小さいかがわかります。

体長は大きくなっても、25cmほどです。

手のひらの上にのりそうですね。かなり小型のうさぎです。

耳が小さめで、立っています。顔は丸いです。

頭の大きさが比較的大きく見えます。

オスのほうが頭が大きめです。

このような小型のうさぎを、ミニうさぎと呼ぶこともあります。

餌は?

cute young bunny sitting on meadow. 出典:123rf

植物食です。草や根などの植物を餌として食べて成長します。

飼育するさいは、モチシーやアルファルファなどの牧草と、ペレットフードを餌として与えます。

野菜も食べます。ほかのウサギたちと同じです。

寿命は?

ホワイト(白色) 出典:PIXTA

寿命は5年~10年ほどです。

記録では最長で14年ほど長生きしたネザーランドドワーフもいます。

他のカイウサギさんたちと、同じくらいの寿命です。

もしペットとして飼育するとしたら、長生きできるように大事に育てたいですね。

なつく?

出典:shutterstock

ネザーランドドワーフは、比較的、穏やかな性格です。

飼い主に水浴びをさせてもらって嬉しそうにしています。

その後、ドライヤーで乾かしてもらっているときも、じっとしてリラックスしています。

温和なうさぎであるのがペットとして人気の理由なのでしょう。

また、ネザーランドドワーフはうさぎの中では活動的なほうです。

小型のウサギで行動が活発なのも人気の理由です。

飼育するときは、毎日の水の交換や、食事、ケージの掃除、運動、ブラッシングなどをします。

性格が温和で、なつくと活発に飼い主のまわりを歩き回ります。

芝生の上にいる 出典:PIXTA

いっしょに公園などに散歩にいきたいですね。

もし、ペットとして飼育する際には、かわいい名前もつけたいですね。

ペットとして人気の理由は?

太陽の光の下、緑の草の上に座っている。 出典:123rf

ペットとして飼育したいウサギランキングで常に一番です。その理由を調べていきます。

小さくて可愛い

赤ちゃん 出典:PIXTA

上の画像はネザーランドドワーフの赤ちゃんです。手の上に2羽の赤ちゃんうさぎがのっています。

体の小ささの割に、頭が大きく、目も大きいのが人気の理由です。耳もピンと立っています。

下の画像はネザーランドドワーフの子ウサギです。ゴルフボールの大きさと比べるとよくわかります。

スクワーレン(薄い灰色) 出典:PIXTA

ぼやっと見ると、チンチラやリチャードソンジリスなどと似ていますね。

目がくりっとしていて、小さくて、かわいいところが、どれも人気の理由です。

見ることのできる動物園は?

シェーンブルン動物園にいるネザーランド・ドワーフ(黒) 出典:PIXTA

ネザーランドドワーフはペットとしても人気で、飼育しやすいうさぎです。

東京の上野動物園や、札幌市円山動物園、大牟田市動物園など、日本全国北から南まで、色々な動物園で、ネザーランドドワーフは人気です。

オーストリアのシェーンブルン動物園で飼育されているネザーランドドワーフ(黒)も、かわいいです。

動物園によっては、ネザーランドドワーフとふれあうこともできます。

ぜひ、見に行きましょう。

まとめ

小さくて可愛かったです。

目がくりっとしていて、耳がピンと立って、顔が丸くて大きいのもかわいいです。

寿命は、ほかのカイウサギと同じくらいでした。

うさぎのペットとして人気が一番のネザーランドドワーフを大切に育てたいです。

仲間の生き物たち

  • コウノトリは幸運や子宝を運んで縁起が良い!その由来は?野生絶滅した? 赤ちゃんを運んでくるという伝説のコウノトリがいます。 これは、日本発祥の伝説だけではなく、ヨーロッパやドイツで古くから伝わる逸話が元になっています。名前も「幸の鳥」で幸せになれそうですね。 その子宝の縁起にあやかりたいということで、置物や携帯ストラップなどの幸運グッズも人気です。 その生態や野生絶滅してしまった原因を調べていきます。また、なぜ縁起が良く、幸 […]
  • 天然記念物アマミノクロウサギまとめ!生息数激減の原因はマングース? 短めの耳がなんとも可愛いです。 これは日本本土にいるニホンノウサギとはだいぶ違った印象を受けます。 また、特別天然記念物となっています! その生息域や生息数などについて調べてみました。 生態 the promontory near the blue ocean. Amami oshima district […]
  • 入門種エボシカメレオンの生態と飼育方法。なつく?ユニークな動きが魅力! 変わる体色、伸びる舌、くるくる回る目、独特な形の手足。爬虫類の中でも特にユニークな動物がいます。それは不思議な魅力を持つカメレオンですが、実は飼育が難しく初心者には向かないと言われています。しかし、不可能というわけではありません。気を付けるべきポイントを押さえてしっかり様子を見ていけば、初心者でも育てることはできます。 本文では最も飼育が容易であり、入門種とされている […]
  • ニホンイシガメは在来種の亀。生態や寿命は?なつく? 亀が登場する童話は「浦島太郎」などたくさんあります。 それはニホンイシガメのことでしょう。 また、その生態や生息域、ゼニガメの見分け方、飼育方などに加えて、 生息数が減少している現状なども調べていきます。 まずは、生態から調べていきましょう。 生態 出典:PIXTA イシガメ科です。 英語ではJapanese-pond-tur […]
  • 50億から0羽に!?「リョコウバト」の絶滅原因と復活の兆しの真相は? 約100年の間に50億羽から0羽になった生き物がいました。 絶滅するはずがないと楽観視されていましたが、この鳥はなぜこんなに急激に絶滅へと向かって行ったのか? どんな生き物だったのかに迫りつつ、絶滅の原因、そして科学者の復活への奮闘の様子をお届けします。 生態 American wild pigeon also known as a […]