この記事には広告やプロモーションが含まれています。

ネザーランドドワーフは小さくてかわいいウサギ!生態や寿命も

うさぎの中で有名な、ネザーランドドワーフ(英語ではNetherland Dwarf rabbit)についてです。ペットとして飼育したいウサギとしても大人気です。どういったところが人気の理由なのでしょうか?その生態や寿命、飼育している動物園などについても調べていきます。

生態について

Netherland Dwarf Rabbit , Cute Rabbit , Grey , Rabbit. 出典:shutterstock

ウサギ科アナウサギ属です。アナウサギの中でも、カイウサギやイエウサギと呼ばれるうさぎの仲間でもあります。ネザーランドとはオランダのことです。1900年ころに、オランダで誕生しました。その後、イギリスやアメリカへ広がり、世界中で愛されるようになりました。色々な画像でもわかる通り、色の種類は多いです。

大きさは?

Domestic grey baby Jersey Wooly rabbit eating and sleeping, Cape Town, South Africa. 出典:123rf

ネザーランドドワーフの体重は大きくても、1.1kgです。一方、ジャパニーズホワイトと呼ばれるウサギは、体重が3kg~6kgほどです。ジャパニーズホワイトと比べると、ネザーランドドワーフがいかに小さいかがわかります。体長は大きくなっても25cmほどです。手のひらの上にのりそうですね。かなり小型のうさぎです。耳が小さめで、立っています。顔は丸いです。頭の大きさが比較的大きく見えます。オスのほうが頭が大きめです。このような小型のうさぎを、ミニうさぎと呼ぶこともあります。

餌は?

植物食です。草や根などの植物を餌として食べて成長します。飼育するさいは、モチシーやアルファルファなどの牧草と、ペレットフードを餌として与えます。野菜も食べます。ほかのウサギたちと同じです。

寿命は?

ホワイト(白色) 出典:PIXTA

寿命は5年~10年ほどです。記録では最長で14年ほど長生きしたネザーランドドワーフもいます。他のカイウサギさんたちと、同じくらいの寿命です。もしペットとして飼育するとしたら、長生きできるように大事に育てたいですね。

なつく?

出典:shutterstock

ネザーランドドワーフは、比較的、穏やかな性格です。飼い主に水浴びをさせてもらって嬉しそうにしています。

その後、ドライヤーで乾かしてもらっているときも、じっとしてリラックスしています。温和なうさぎであるのがペットとして人気の理由なのでしょう。また、ネザーランドドワーフはうさぎの中では活動的なほうです。小型のウサギで行動が活発なのも人気の理由です。飼育するときは、毎日の水の交換や、食事、ケージの掃除、運動、ブラッシングなどをします。性格が温和で、なつくと活発に飼い主のまわりを歩き回ったり、そばで寝たりします。

芝生の上にいる 出典:PIXTA

いっしょに公園などに散歩にいきたいですね。もし、ペットとして飼育する際には、かわいい名前もつけたいですね。

ペットとして人気の理由は?

ペットとして飼育したいウサギランキングで常に一番です。その理由を調べていきます。

小さくて可愛いから。

赤ちゃん 出典:PIXTA

上の画像はネザーランドドワーフの赤ちゃんです。手の上に2羽の赤ちゃんうさぎがのっています。体の小ささの割に、頭が大きく、目も大きいのが人気の理由です。耳もピンと立っています。下の画像はネザーランドドワーフの子ウサギです。ゴルフボールの大きさと比べるとよくわかります。ぼやっと見ると、チンチラやリチャードソンジリスなどと似ていますね。餌をもぐもぐ食べていたり、目がくりっとしていて、小さくて、かわいいところが、どれも人気の理由です。

見ることのできる動物園は?

シェーンブルン動物園にいるネザーランド・ドワーフ(黒) 出典:PIXTA

ネザーランドドワーフはペットとしても人気で、飼育しやすいうさぎです。東京の上野動物園や、札幌市円山動物園、大牟田市動物園など、日本全国北から南まで、色々な動物園で、ネザーランドドワーフは人気です。オーストリアのシェーンブルン動物園で飼育されているネザーランドドワーフ(黒)も、かわいいです。動物園によっては、ネザーランドドワーフとふれあうこともできます。ぜひ、見に行きましょう。

まとめ
cute looking netherland dwarf rabbit. 出典:shutterstock

小さくて可愛かったです。目がくりっとしていて、耳がピンと立って、顔が丸くて大きいのもかわいいです。寿命は、ほかのカイウサギと同じくらいでした。うさぎのペットとして人気が一番のネザーランドドワーフを大切に育てたいです。

仲間の生き物たち

  • 落花生の種まきをするときはどの向きがベスト?栽培のコツ!その生態についても おやつとしてよく食べている落花生は枝に実ると思っていませんか?実は落花生(英語ではpeanutと書きます)は土の中で育つマメ科の植物です。栽培する際にはまず種まきを行いますが、家庭菜園の土の中で、その細長い種をどの向きにまくべきなのか迷うところです。そこで今回は、落花生の種まきの方法について色々調べてみました。種まきをする時期や水やり、肥料の与え方など、栽培のコツをご紹介し […]
  • その意味は?セキセイインコの鳴き声!ジェスチャーでコミュニケーションをとる? 子供の頃、家にセキセイインコがいました。最初は青いオスと緑のメスだけで、手乗りではなかったものの、次第に人間とコミュニケーションするようになり、卵を産んで子育てをして、孫の世代まで続きました。2世と3世は初めから人間と暮らしていたので、よく馴れてくれて、飼い主もセキセイインコの気持ちをより理解できるようになりました。途中から家にはペットとしてブンチョウも加わり、その行動パタ […]
  • 魚の持つシガテラ毒とは?要注意の魚は?バラハタ? 皆さんは、「毒のある魚」について、普段どれくらい意識しているでしょうか?最近は、食の安全性がメディアで大きく取り上げられるようになってきています。仕事として食品に携わる人は当然のことながら、一般の人たちも、食の安全性に対する意識が高くなってきました。しかし、残念ながら、行政や自治体がどれだけ注意を促しても、不注意による食中毒が後を絶ちません。また、食べてはいけない物を、それ […]
  • 生きた化石代表「シーラカンス」謎の生態!寿命,味は?水族館で見れる? 「生きた化石」の代名詞的存在といえば、シーラカンス(英語ではCoelacanth)。長く絶滅したと思われていたその生きた個体が発見された時は、恐竜が見つかったかのような騒ぎ様だったらしい。その謎に包まれた生態や驚くべき寿命、やっぱり只者ではなさそうなのだ。また、水族館にいるのかどうか確かめるために見に行ってきました。 生態 シーラカンスが出現したのは、今 […]
  • 「ヨーロッパオオナマズ」超巨大でやばい!!飼育できる? でっかい生き物ほど、心を揺さぶられる生き物はいません。中でも伝説が存在する巨大生物は別格のオーラをまとっています。そんな中、巨大化伝説があるナマズがいるらしい。そうそれが、今回紹介する「ヨーロッパオオナマズ」なのだ!名前の通り、ヨーロッパに住んでいる大きなナマズ。容姿を例えるなら、スマートになったデブ。デカイのは分かるんだけど、なんというか細長いし、でもやっぱり腹の辺りはボ […]