アマゾンの巨大ナマズ【ピライーバ】生態と最大は!?

  • 2022年1月26日
  • 魚類
  • 2425view

怪魚と言われると魅力を感じてしまいます。

最近、怪魚ハンターなどが流行っおり、専用のロッドも発売されています。

ブラジルでは公認の釣りイベントも行われています。

その影響で「ピライーバ」(英語ではPiraiba)という巨大ナマズの存在を知ってしまいました。

その大きさから、アマゾンの巨大ナマズといわれることもありますが、将来、アマゾンに行った時に釣ってみたい魚の一つであるので、それを調べてみました。

生態

Amazon River and beautiful clouds over the Amazon jungle. Amazonia. Brazil. Latin America. 出典:123rf

まだ生態がはっきりと分かっている魚ではありません。

ですが、基本的に他のナマズと似ているので、ナマズと現地情報を重ねて生態を検証します。

大きさと最大は?

大人二人で抱えるほどの大きさです。

Piraiba fishing on the Araguaia River Brazil. 出典:shutterstock

小さいピライーバはというと、観賞魚として飼育されるくらいの大きさです。

しかし、さすがは巨大ナマズといわれるだけあって、最大サイズは半端なく大きい。

公式では2.5メートルほどですが、現地情報ではなんと、

最大3.6メートル!

本田圭佑選手(182センチ)を2人分縦に並べたと考えれば、その大きさが分かりますね。

重さに関しては最大のもので、300キロを超えます。

大きな淡水魚として人気のピラルクーより大きいです。

寿命

ピライーバの野生での寿命は15年前後です。アクアリウムや水族館での飼育下では20年~30年生きます。

巨大ナマズは基本的に長寿です。

生息地

出典:PIXTA

アマゾン川全域に生息しています。

アマゾンもまた、ぼくらのような奇妙な動物好きには惹かれる場所ですね。

特徴

大きいのが一番の特徴なので、それにしてもいいのですが、書いててつまらないので、笑。いくつか特徴をお伝えします。

1・美味しい

アマゾンでは、美味しいと評判のようです。

あくまでもアマゾンでのおいしさの話ですから、「日本にいる限りは他の魚を食べた方が無難でしょ!」と思いますけど。

何と言っても泥臭そうですしね・・・。

でも、どんな味か食べてみたい気もするような?

2・鱗がない。

厳密には鱗はあるのですが、あのヌルッとしたナマズの感覚は触らなくても分かるかと思います。

3・実は泳ぎが早い

ナマズ系は泳ぐのが早いのですが、特にピライーバは口元が尖っているのでより速く泳げます。

ナマズの中でも最速です。

釣り上げた時にうっかり、逃げてしまわれないようにしたいところです。

4・基本的に昼は泳がない

アマゾンでピライーバを狙った釣りをするなら覚えておきたいことですね。

昼間は巣のようなところでジッとしていると考えられています。

夜行性ではありますが、巣の前に餌が来ればパクッとするのでしょう。

性格

基本的に穏やかです。

熱帯魚屋では、混泳させても自分より小さな魚はあまり食べないらしいです。

ぜひ、ピライーバのアクアリウムを作ってみましょう。

ここからは釣りの動画や、水族館など!

釣り動画

ユーチューブを見ていたら、ピライーバの釣りのネット動画を見つけました。

2メートルくらいありそうです。

餌に関しては、ピラニアの泳がせ釣りで釣っているという情報がありました。

血の匂いがするとピラニアしか釣れないので、泳がせ釣りがいいのかもしれませんね。

ルアーでは釣ることができた実績はないです。

ピライーバをルアーで釣ることができるか論争も起こっています。

でも、多分、日本から釣りに行く人は少ないですよね・・・。

もし釣りにいきたければ、キングオクトパスという釣り具メーカーから専用の釣り竿が発売されています。

アフリカのコンゴ川水系に生息しているムベンガ(タイガーフィッシュ)も、巨大魚です。

水族館にいる?

栃木県なかがわ水遊園の世界の川や、

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」に展示してあります。

水族館ではアジやイカを餌として与えています。

ピラルクーも見ることができます。

ぜひ確認していきたいですね。

アクアリウムでペットにできる?

tank with small quick silvery fish. 出典:123rf

ペットとするのはそんなに難しくはないようですが、育つと、巨大化するのでやめたほうが絶対いいです!

費用、水槽費用も半端なくなります。

自宅のアクアリウムでは難しいですね。

値段は?

熱帯魚や観賞魚を扱うペットショップでは、エステートピライーバや、レオパードピライーバも含めて、三種類が流通しています。

特にレオパードピライーバが人気のようです。

7~8cmで一万円前後です。

まとめ
Amazon rain forest in a perfect and lovely sunny day. 出典:123rf

生態を検証してきました。

デカすぎる大きさが一番の特徴ですが、アマゾンの魚の中では美味しい魚である豆知識も!

しかし、ピライーバは実は希少種。絶滅の危機に瀕しています。

ペット用や、美味しいことが理由で、現地アマゾンでは乱獲されているという話ですので、絶滅しないように見守りたいところです。

アマゾンに行く機会はそうないかもしれないですが、いつか実物を目にしてみたいピライーバについてでした。

仲間の生き物たち

  • 「シマフクロウ」は絶滅危惧種!生息数が減少する原因は? 今回ご紹介するのは「シマフクロウ」(英語ではBlakiston's fish […]
  • 地球にとっての救世主!?透明で面白生態の生物「サルパ」の正体とは?? 最近、やたらと海の生物を調べたりしているのですが、不思議な生物がわんさかいます。今日はその中でも見た目ももちろん変わっているのですが、とても面白い生態の持ち主である「サルパ」をご紹介しましょう。英語ではSalpsです。 どんな生き物?面白い生態とは 出典:PIXTA サルパは外見だけ見ると、クラゲに似ているような透明なゼラチン質に包まれた体をしています。で […]
  • ヤドカリの生態について。飼育するためには人工海水やヒーターが必要。アクアリウムで混泳もできる 潮干狩りや海などに行くと、ヤドカリが砂浜を歩いている姿を見かけることもありますよね!「小さいお子さんは、自宅に連れて帰って飼育してみたい!」と思うかもしれません。ヤドカリの飼育は簡単に行うことが出来るのでしょうか。「家で飼うことって出来るの? 」そこで今回は、ヤドカリを家で飼育する時のポイントや準備しておきたいグッズなどについてお伝えします。 生態 Small […]
  • センジュナマコはナマコ界のスター!キモ可愛い5つの不思議 私は離島に住んでいるのですが、先日散歩をしながら海を覗いてみるとナマコがいました。 ナマコはウニやヒトデの仲間で棘皮動物です。 ナマコは海胡瓜とも呼ばれています。 確かに海に胡瓜が転がっているようにも見えるような。 見た目が胡瓜に似ているような地味なナマコですが、そんなナマコ界に胡瓜には似ても似つかないとっても派手なスター性のあるナマコが! 今 […]
  • 子年(ねずみ年)は干支の筆頭!置物で金運アップ? 十二支で、子年(ねずみ年)があるように、ねずみは縁起のいい生き物です。 家のパントリーにある食糧を荒らしたりして困る、 等々、ねずみには、多くの人が悪いイメージを持ってしまいますよね。 ですから、生まれが子年になってしまうと、イノシシ年同様、ださいイメージが付きまとうかも知れません。 ですが、十二支の筆頭に存在する如く、ねずみは昔から縁起のいい生き物 […]