この記事には広告やプロモーションが含まれています。

アマゾンの巨大ナマズ【ピライーバ】生態と最大は!?

  • 2022年10月25日
  • 魚類
  • 3401view

怪魚と言われると魅力を感じてしまいます。最近、怪魚ハンターなどが流行っおり、専用のロッドも発売されています。ブラジルでは公認の釣りイベントも行われています。その影響で「ピライーバ」(英語ではPiraiba)という巨大ナマズの存在を知ってしまいました。その大きさから、アマゾンの巨大ナマズといわれることもありますが、将来、アマゾンに行った時に釣ってみたい魚の一つであるので、それを調べてみました。

生態

Amazon River and beautiful clouds over the Amazon jungle. Amazonia. Brazil. Latin America. 出典:123rf

まだ生態がはっきりと分かっている魚ではありません。ですが、基本的に他のナマズと似ているので、ナマズと現地情報を重ねて生態を検証します。

大きさと最大は?

大人二人で抱えるほどの大きさです。

Piraiba fishing on the Araguaia River Brazil. 出典:shutterstock

小さいピライーバはというと、観賞魚として飼育されるくらいの大きさです。しかし、さすがは巨大ナマズといわれるだけあって、最大サイズは半端なく大きい。公式ではピライーバの体長は2.5メートルほどですが、現地情報ではなんと、最大3.6メートル!本田圭佑選手(182センチ)を2人分縦に並べたと考えれば、その大きさが分かりますね。重さに関しては最大のもので、300キロを超えます。大きな淡水魚として人気のピラルクーより大きいです。

寿命

ピライーバの野生での寿命は15年前後です。アクアリウムや水族館での飼育下では20年~30年生きます。巨大ナマズは基本的に長寿です。

生息地

出典:PIXTA

アマゾン川全域に生息しています。アマゾンもまた、ぼくらのような奇妙な動物好きには惹かれる場所ですね。

特徴

ピライーバは大きいのが一番の特徴なので、それにしてもいいのですが、書いててつまらないので、笑。いくつか特徴をお伝えします。

1・美味しい

アマゾンでは、美味しいと評判のようです。あくまでもアマゾンでのおいしさの話ですから、「日本にいる限りは他の魚を食べた方が無難でしょ!」と思いますけど。何と言っても泥臭そうですしね・・・。でも、どんな味か食べてみたい気もするような?

2・鱗がない。

厳密には鱗はあるのですが、あのヌルッとしたナマズの感覚は触らなくても分かるかと思います。

3・実は泳ぎが早い

ナマズ系は泳ぐのが早いのですが、特にピライーバは口元が尖っているのでより速く泳げます。ナマズの中でも最速です。釣り上げた時にうっかり、逃げてしまわれないようにしたいところです。

4・基本的に昼は泳がない

アマゾンでピライーバを狙った釣りをするなら覚えておきたいことですね。昼間は巣のようなところでジッとしていると考えられています。夜行性ではありますが、巣の前に餌が来ればパクッとするのでしょう。

性格

基本的に穏やかです。熱帯魚屋では、混泳させても自分より小さな魚はあまり食べないらしいです。ぜひ、ピライーバのアクアリウムを作ってみましょう。ここからは釣りの動画や、水族館など!

釣り動画

ユーチューブを見ていたら、ピライーバの釣りのネット動画を見つけました。2メートルくらいありそうです。

餌に関しては、ピラニアの泳がせ釣りで釣っているという情報がありました。血の匂いがするとピラニアしか釣れないので、泳がせ釣りがいいのかもしれませんね。ルアーでは釣ることができた実績はないです。ピライーバをルアーで釣ることができるか論争も起こっています。でも、多分、日本から釣りに行く人は少ないですよね・・・。もし釣りにいきたければ、キングオクトパスという釣り具メーカーから専用の釣り竿が発売されています。アフリカのコンゴ川水系に生息しているムベンガ(タイガーフィッシュ)も、巨大魚です。

水族館にいる?

Cloud formation in Brazilian amazon rainforest during monsoon wet. 出典:123rf

栃木県なかがわ水遊園の世界の川や、大分マリーンパレス水族館「うみたまご」に展示してあります。水族館ではアジやイカを餌として与えています。ピラルクーも見ることができます。ぜひ確認していきたいですね。

アクアリウムでペットにできる?

Green amazonian landscape, only forest and water. 出典:123rf

ペットとするのはそんなに難しくはないようですが、育つと、巨大化するのでやめたほうが絶対いいです!費用、水槽費用も半端なくなります。自宅のアクアリウムでは難しいですね。

値段は?

熱帯魚や観賞魚を扱うペットショップでは、エステートピライーバや、レオパードピライーバも含めて、三種類が流通しています。特にレオパードピライーバが人気のようです。7~8cmで一万円前後です。

まとめ

生態を検証してきました。デカすぎる大きさが一番の特徴ですが、アマゾンの魚の中では美味しい魚である豆知識も!しかし、ピライーバは実は希少種。絶滅の危機に瀕しています。ペット用や、美味しいことが理由で、現地アマゾンでは乱獲されているという話ですので、絶滅しないように見守りたいところです。アマゾンに行く機会はそうないかもしれないですが、いつか実物を目にしてみたいピライーバについてでした。

仲間の生き物たち

  • 旬はいつだ?シーズンの異なる2種類の牡蠣を美味しく! 最近、日本はおろか世界各地でも専門店が増え、魚介類の生食文化が無い欧米でも親しまれている食材、それは・・・、そうです、牡蠣ですよ!敷詰められた氷の上に、早く食べてくれーと言わんばかりに、新鮮なものはキラキラ輝きます。 そのまま口に運んで海の味を堪能するも良し! 薬味塩&レモンや、刻みネギ&おろしポン酢といった引き立て役と一緒に食べ、味のハーモニーを楽しむも良し […]
  • ハムスターの種類別の性格について!なつく?自分にぴったりな子を選ぼう ハムスターは犬や猫に次いで人気の、とっても可愛らしいペットです。見ているだけで癒されるあの丸いフォルム、手のひらの上でうとうとする様子は言葉で言い表せられない幸せな気持ちになります。現金な話ですが、そもそもの購入や飼育で何十万もかかる犬や猫と違い、ハムスター自体の値段は高くても1万円程度です。もちろん毎日お世話をする必要がありますが、手がかかるかと言ったら決してそうでもない […]
  • うさぎはなつく?おでこ?こめかみ?ほっぺた?どこを撫でるとよい? うさぎは体が小さく、比較的世話もしやすいため、最も人気の高いペットです。私もこれまで三匹育ててきました。しかし、お迎えしてすぐや、初めての方の中には、なかなか自分になついてくれない、あるいは、嫌われて警戒されてしまっているというお悩みを持つ方も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、なつくための方法や嫌われる条件などをご紹介していこうと思います。初めての方でも、今回の […]
  • 天然記念物ニホンカモシカの生態まとめ!生息地から徹底調査。 田舎出身者であれば見たことがあるかもしれませんね。ニホンカモシカを、見たことありますか?ぼくは生まれながら田舎に住んでいたので、牧草畑を駆け抜ける姿はよく見たことがあります。とても素早く俊敏でした。そんな国の特別天然記念物のニホンカモシカについて調べてみました。その子育てについても! 生態に迫る Portrait of Japanese serow in a […]
  • ミシシッピニオイガメの生態まとめ!寿命、餌、飼育方法は? ミシシッピニオイガメはとても小さくて、顔もかわいいです。のんびりした仕草や表情に癒されますよね。これは水棲カメで、ペットとして大人気です!お世話も比較的簡単な種が多く、一人暮らしでも飼いやすい動物としても知られています。顔に二本の白いラインがあり、甲羅の大きさが小さいわりには頭部が大きいのもまたかわいいです。本文では、特に小さい、ミシシッピニオイガメをご紹介します。その飼い […]