クオッカを探しに埼玉県に行ってみた!出会えたら幸運?!実は絶滅危惧種

オーストラリアに生息しているクオッカ(クアッカワラビー)という動物がいます。

埼玉県の動物園で、その目撃情報があるので、行ってみることにしました。

それは「世界一幸せな動物」と呼ばれていますが、何故なんでしょうか?

そもそも、クオッカと出会えたのでしょうか?

その旅行記を書いていきます。

埼玉県こども動物自然公園までのクオッカを探しに行った

クオッカの「のぼり」

クオッカが目撃された動物園は埼玉県こども動物自然公園です。さっそくネットで調べると、東武東上線に乗って行けることがわかりました。

そこで東武東上線の小川町行きの電車を探します。

東武東上線の駅のホーム

短い間隔で運行しており、スピーディーな路線で便利です。

すぐに、小川町行きの電車がきました。

東武東上線の小川町行き

かっこいいですね。電車内はエアコンも効いていて、揺れも少なく、乗り心地も抜群です。

途中で荒川水系入間川の支流の越辺川も越えていきます。越辺川は「おっぺがわ」と読みます。

越辺川

このあたりになると、都会を離れて、自然の緑が豊かになってきます。埼玉県西部の広大な自然の中に、その目的とする動物園はあります。クオッカへの期待感も膨らんでいきます。

最寄り駅は高坂駅です。そこで「鳩山ニュータウン行」のバスを探します。

高坂駅とバス

バスに乗って、「こども動物自然公園」停留所で下車すると、すぐに、その動物園の入り口があります。

埼玉県こども動物自然公園の入り口

運よく晴天で、入り口に近づいていくと、さらに期待感が膨らんでいきます。

クオッカに出会えた?

埼玉県こども動物自然公園の入り口の前には「クオッカ観覧には整理券が必要です」という看板がありました。

クオッカ観覧の案内のための看板

さらに、横を見ると、「終了しました」という掛札が・・・。

入り口にいた動物園のスタッフに聞いてみると、

朝6時半から整理券をもらうためにお客さんが並んでいましたよ」とのこと。

地元の住民も、「朝は、動物園の駐車場に入るために、車がたくさん並んで渋滞していたのよ」と教えてくれました。

クオッカを見るためには、かなり朝早く来ないといけなかったようです。

そういうことで、今回はクオッカに出会えませんでした。それでも、ちょっとでも幸せになろうとおもい、とにかく、クオッカのいる場所に行ってみることにしました。

クオッカアイランドまでの道程

ここからは、埼玉県こども動物自然公園の中での道程です。

ヤギ

動物園に入ると、まず、ヤギさんたちが出迎えてくれました。

暑い日差しの中、切り株の上の高い所に登っています。

先を進むと、所々に、クオッカアイランドへの案内の看板が立っています。

どうやらクオッカアイランドは東園カンガルーコーナーにあるようです。その矢印に従って進んでいきます。

東園カンガルーコーナーにあるクオッカアイランドへの案内の看板

この動物園は自然が多く残っていて広いので、かなり歩きます。やっと、東園の入り口に着きました。

東園の入り口

そこには、クオッカの顔写真入りの看板もありました。

クオッカアイランドの看板

「のぼり」も立っています。

本日の観覧は終了と知りつつも、十分に楽しめます。やっと、カンガルーコーナーに到着しました。動物園の一番奥の方にありました。

カンガルーコーナーの入り口

中は、広い草原となっており、自然に近い感じでカンガルーなどが飼育されています。

オオカンガルー

間近でカンガルーたちと触れ合うことができます。広々として、自然に近くて、贅沢な動物園ですね。その中を歩いて行くと、やっと、クオッカアイランドを見つけました。

クオッカアイランド

本日の観覧は終了していて、クオッカとは出会えませんでしたが、中の様子だけは見てきました。

落木や木、岩、小屋などが設置されていて、ロットネスト島の自然を再現しているようでした。ここで暮らせるクオッカは確かに「世界一幸せな動物」です。

途中にある、動物園の売店で見つけた「クオッカぬいぐるみ」を置いて記念撮影をしました。

生態は?!幸せになれる?

次のページ↓