AMPページの文字が小さくて読みづらい時は、通常ページをご覧ください。

クオッカを探しに埼玉県に行ってみた!出会えたら幸運?!実は絶滅危惧種

オーストラリアに生息しているクオッカ(クアッカワラビー)という動物がいます。

埼玉県の動物園で、その目撃情報があるので、行ってみることにしました。

それは「世界一幸せな動物」と呼ばれていますが、何故なんでしょうか?

そもそも、クオッカと出会えたのでしょうか?

その旅行記を書いていきます。

埼玉県こども動物自然公園までの経路

クオッカの「のぼり」

クオッカが目撃された動物園は埼玉県こども動物自然公園です。さっそくネットで調べると、東武東上線に乗って行けることがわかりました。

そこで東武東上線の小川町行きの電車を探します。

東武東上線の駅のホーム

短い間隔で運行しており、スピーディーな路線で便利です。

すぐに、小川町行きの電車がきました。

東武東上線の小川町行き

かっこいいですね。電車内はエアコンも効いていて、揺れも少なく、乗り心地も抜群です。

途中で荒川水系入間川の支流の越辺川も越えていきます。越辺川は「おっぺがわ」と読みます。

越辺川

このあたりになると、都会を離れて、自然の緑が豊かになってきます。埼玉県西部の広大な自然の中に、その目的とする動物園はあります。クオッカへの期待感も膨らんでいきます。

最寄り駅は高坂駅です。そこで「鳩山ニュータウン行」のバスを探します。

高坂駅とバス

バスに乗って、「こども動物自然公園」停留所で下車すると、すぐに、その動物園の入り口があります。

埼玉県こども動物自然公園の入り口

運よく晴天で、入り口に近づいていくと、さらに期待感が膨らんでいきます。

クオッカに出会えた?

埼玉県こども動物自然公園の入り口の前には「クオッカ観覧には整理券が必要です」という看板がありました。

クオッカ観覧の案内のための看板

さらに、横を見ると、「終了しました」という掛札が・・・。

入り口にいた動物園のスタッフに聞いてみると、

朝6時半から整理券をもらうためにお客さんが並んでいましたよ」とのこと。

地元の住民も、「朝は、動物園の駐車場に入るために、車がたくさん並んで渋滞していたのよ」と教えてくれました。

クオッカを見るためには、かなり朝早く来ないといけなかったようです。

そういうことで、今回はクオッカに出会えませんでした。それでも、ちょっとでも幸せになろうとおもい、とにかく、クオッカのいる場所に行ってみることにしました。

クオッカの生態

Quokka living at Rottnest island near Perth, Australia. 出典:123rf

クオッカはカンガルー科です。

クアッカワラビーとも呼ばれます。確かに、横から見た佇まいはワラビーに似ています。

ベネットアカクビワラビー

生息地

生息地はオーストラリアの南西部にあり、インド洋に面しているロットネスト島です。高温で乾燥した気候の島ですが、そこの湿原に生息しています。群れで生活しています。

大きさ

体長が50cm前後、体重は3.5kg前後まで成長します。ワラビーとしては小型です。

尾長は30cm前後あります。

the quokka has a long tail and a black nose he is a small marsupial. 出典:123rf

見た目はネズミのようですが、意外と大きく、国内の動物園でよく見かけるワオキツネザルと同じくらいの大きさがあります。

草食動物で、草や葉、木の芽などの植物を食べます。

寿命

寿命は10年ほどです。飼育下では14年ほど生きた記録もあります。

なつく?

かなり人懐っこいです。ロットネスト島に観光で行った旅行者にも、幸せそうな顔をして、興味深々に近づいてきます。写真撮影にも応じています。

自転車で旅行している人に近づいてくる 出典:123rf

絶海の孤島のみに生息している動物は、警戒心がなく人懐っこいことが多いですね。

世界一幸せな動物!見れたら幸運

人に懐いていて、頬が膨らんで、口角が上がり、ほほ笑んだような表情で近づいてきます。

ほほ笑んでいるように見える 出典:123rf

その表情が幸せそうなので、「世界一幸せな動物」と呼ばれています。ロットネスト島に旅行に行って、こんな嬉しそうな表情をした野生のクオッカを見ることができたら、幸運が訪れそうですね。

実は絶滅危惧種、その原因は?

孤島に住んでいる動物は警戒心がなく、天敵もいなかったです。しかし、人間がロットネスト島を発見し、持ち込んだネコなどの動物が天敵となってしまって、クオッカの生息数が減少しています。マダガスカル島のジャイアントモアやドードーは同じ理由で絶滅してしましました。まさに、人間のしわざと言えます。

また、人間が持ち込んだブタが草などの植物を食べてしまい、植生が変化してしまったことも、クオッカの生息数が減少している原因です。そのため絶滅危惧種となっています。

このあたりは、ガラパゴス諸島のガラパゴスゾウガメやガラパゴスリクイグアナの生息数減少の理由と似ています。

また、同じオーストラリアのフレーザー島に生息するディンゴや、タスマニア島に生息するタスマニアデビルも、同じような理由で絶滅危惧種となっています。

クオッカアイランドまではどうやって行ったらよい?!

NEXT↓