世界最強動物ランキング!地球史上の海中生物や陸上動物も!

  • 2022年3月20日
  • 雑学
  • 3964view

地球上にはたくさんの強い生物たちがいます。

歴史上の動物たちもいます。

例えば、恐竜たちです。

そういった陸上生物や水中生物、海中生物などを含めて、色々な方法や視点で最強の動物をランキングしました。

これはみんなが興味あるところです。

このことを考えるだけでわくわくしますね。

独自のランキング

Namibia, Africa. Lions at Etosha National Park.
Namibia, Africa. Lions at Etosha National Park. 出典:123rf

それでは、ネット動物園が独自で調べた、世界中で最強の動物のランキングの発表です。

第17位は「コモドオオトカゲ」

インドネシアのコモド島とその周辺の島々に生息する、世界最大のトカゲです。立つことができたり、水牛を倒したりと身体能力がかなり高いです。

第16位は「ユキヒョウ」

中央アジアの標高の高い山に生息しています。モフモフしていて可愛いですね。

断崖絶壁を駆け下りる姿は勇ましいです。

第15位は「ヒョウ」

出典:PIXTA

ネコ科には強い動物が多いです。

そのなかでも、大きい割には、ヒョウは速く走れて、跳躍力があります。

身体能力のバランスも良いです。

第14位は「クズリ」

Female wolverine in a the snow, its scientific name is Gulo gulo. 出典:123rf

いわずとしれた、イタチ科のクズリです。

木を登ったり、泳いだりもできます。雪の上を歩くのも得意です。

第12位は「ゾウアザラシ」

オスとメスのゾウアザラシ 出典:PIXTA

亜南極圏に生息するミナミゾウアザラシのオスは、体重が5トンまで大きくなります。

しかも、海の深さ1700mまで潜ることもできます。

長時間、潜水できます。

第11位は巨大生物「ヘラジカ」

Alaska Yukon Bull Moose in Autumn in Denali National Park Alaska. 出典:123rf

ランキング第11位はヘラジカとしました。

北米のヘラジカをムースといいます。

ユーラシア大陸のヘラジカはエルクです。

体長は3mほど、背の高さが2.3mほにもなるヘラジカがいます。

その巨大さはとても鹿とは思えないほどです。

いきなり本命のヘラジカをランキングに登場させて、これから大丈夫でしょうか。

第10位は大きな猫の「オオヤマネコ」

Eurasian lynx laying in the snow and rests. 出典:PIXTA

ヨーロッパオオヤマネコともいいます。

ユーラシア大陸などに生息する、大きなヤマネコです。見た目はトラのようです。

動画によくアップされていますが、雪の上を走る様子は無敵さを感じます。

ほかにカナダオオヤマネコやボブキャットなどの種類がいます。

とにかく、ネコ科の身体能力は凄いです。

なので、ランキング第十位としました。

第9位は日本にもいる「ヒグマ」

Brown bear in the forest. Kamchatka bear (Ursus arctos beringianus). 出典:123rf

北海道にはエゾヒグマが生息しています。

北米に生息するグリズリーやアラスカにいるコディアックヒグマもいます。

ヒグマがランキング第九位で、さらに強い生物がまだいるのでしょうか。

特にヒグマの中でも「コディアックヒグマ」が一番巨大です。

第8位は「カバ」

Hippopotamus splashing with open mouth in Kruger National park, South Africa ; Specie Hippopotamus amphibius family of Hippopotamidae. 出典:PIXTA

アフリカ大陸の南部に、カバは生息しています。

日中は水の中にいます。カバは大きいものになると、体長が4m近く、体重が1.5トンほどになります。

動画などを調べると、最強生物との意見が多いです。

第7位はマイルカ科の「シャチ」

北海道の知床の海を泳いでいるシャチの群れ 出典:PIXTA

イルカの仲間であるシャチです。

なので頭もいいです。

大きいシャチになると、体重が5トンほどになります。

最近の研究では、シャチがいると、ホホジロザメも逃げ出すそうです。

群れで生活しており、シャチが集団でくると、シロナガスクジラでもかなわないそうです。

実質的に海の王者ですが、ランキング七位としました。

第6位は巨大生物の「サイ」

インドサイ

サイにはシロサイとクロサイがいますが、シロサイのほうがやや大きいです。

体重が3.5トンほどになるシロサイもいます。

大きいのですが、その大きさゆえに熱を持ちやすいです。

サイは絶滅危惧種です。しかもキタシロサイは絶滅寸前です。

ランキング第六位としました。

第5位は絶滅した「マンモス」

ケナガマンモス

ランキング第五位は象といきたいところですが、絶滅したマンモスにしました。

マンモスは種類によっては、アフリカゾウよりも大きいものがいるからです。

化石で発見された松花江マンモスは背の高さが5m、推定体重が20トンほどもあったそうです。

第4位は百獣の王「ライオン」

ランキング第四位で、百獣の王ライオンを登場させてしまいました。

ちょっとこのあとが大丈夫なんでしょうか。

アフリカ大陸などに生息し、ライオンにかなう動物がほかにいないため、強いイメージがあるのでしょう。

漫画のジャングル大帝や映画などの影響も大きいです。

出典:PIXTA

さて、次からが、金銀銅メダリストの発表!

第3位は地球上最大生物の「シロナガスクジラ」

上野にある「シロナガスクジラ」の像

海中の巨大生物、シロナガスクジラです。

地球で最大の生物です。なので、ランキング第三位としました。

もしかしたら宇宙最大かもしれません。

体長が30mを超えることもあります。

堂々のオリンピック銅メダルです。

しかし、今は、絶滅危惧種となっています。

第2位は最強恐竜の「ティラノサウルス」

もし地球に隕石が落ちていなかったら。

いまだに恐竜の世界でしょう。

なので、ティラノサウルスをランキング二位としました。

白亜紀まで含めれば、最強生物は恐竜のティラノサウルスでしょう。

なので、オリンピック銀メダルです。

TyrannoSaurusRexはTrexと呼ばれることもあります。

ジュラシックパークで有名です。

ティラノサウルスは推定体重が8.8トンもあったそうです。

もし恐竜が絶滅していなかったら、本当は一番だったかもしれません。

さて、次はとうとう第一位の発表です。

イタチ科の動物です。

第1位は最強動物の「ラーテル」

African Honey Badger Or Mellivora Capensis In Kruger National Park. 出典:shutterstock

当然といえば当然、やはり、世界最強動物ランキング第一位は「ラーテル」です。

イタチ科で、ミツアナグマとも呼ばれます。

こわいもの知らずで、どんな動物にも向かっていきます。

また背中の皮膚が厚くダブダブなので無敵でもあります。

そして動きが機敏です。

オリンピック金メダルです!人気もナンバーワンです。

ぜひ東山動植物園に見に行きましょう。

まとめ
Lion cub in Chobe National Park in Botswana, Africa. 出典:123rf

ここまで、独自に世界最強動物ランキングを決めてきました。

これからも、絶滅した動物や陸上動物、水中生物も含めて、最強の生き物たちを調べていきます。

仲間の生き物たち

  • 加藤英明は静岡大学の先生!亀やトカゲなど爬虫類を紹介。動物園にいる? テレビなどでも活躍中の加藤英明先生は、 ジャングルの中で、トカゲなどを見つけると、 「いるいる!そこにトカゲがいるって!」と大喜びです。 加藤英明先生は爬虫類学者で、静岡大学の講師をしています。 今回は、そんな先生がテレビで紹介した亀やトカゲなどを調べていきます。 プロフィール Nature, Green grass. […]
  • 【柴犬編】雨の日に犬のお散歩をした後の手入れの方法。その散歩に適した場所も!雪も大好き 愛犬の雨の日の散歩。皆さんどうしてますか?あなたのペットの柴犬は、外に出なくても、元気にしていますか?雨でも、猛暑でも、外に出たがるワンちゃんもいれば、雨が降っていたら外に出たがらないワンちゃんもいます。 […]
  • 生態調査!今話題のマンボウの死因は本当?色々とやばかったwww ネット上で今話題になっていることがありました。 それは「マンボウ最弱伝説」です。 見てみたら本当に色んな死因が出てきて。 これを機に少し調べてみました。 ということで、今日は「マンボウ」(英語ではSunfish)についてご紹介しす。 都市伝説が話題に 出典:123rf 何がどうしてこんなことになったか分かりませんが、本当にたくさんの […]
  • ハムスターの種類別の性格について!なつく?自分にぴったりな子を選ぼう ハムスターは犬や猫に次いで人気の、とっても可愛らしいペットです。 見ているだけで癒されるあの丸いフォルム、手のひらの上でうとうとする様子は言葉で言い表せられない幸せな気持ちになります。 現金な話ですが、そもそもの購入や飼育で何十万もかかる犬や猫と違い、ハムスター自体の値段は高くても1万円程度です。 もちろん毎日お世話をする必要がありますが、手がかかるかと言 […]
  • 入門種エボシカメレオンの生態と飼育方法。なつく?ユニークな動きが魅力! 変わる体色、伸びる舌、くるくる回る目、独特な形の手足。爬虫類の中でも特にユニークな動物がいます。それは不思議な魅力を持つカメレオンですが、実は飼育が難しく初心者には向かないと言われています。しかし、不可能というわけではありません。気を付けるべきポイントを押さえてしっかり様子を見ていけば、初心者でも育てることはできます。 本文では最も飼育が容易であり、入門種とされている […]