世界最強動物ランキング!地球史上の海中生物や陸上動物も!

  • 2021年2月6日
  • 雑学
  • 3052view

地球上にはたくさんの強い生物たちがいます。

歴史上の動物たちもいます。

例えば、恐竜たちです。

そういった陸上生物や水中生物、海中生物などを含めて、色々な方法や視点で最強の動物をランキングしました。

これはみんなが興味あるところです。

このことを考えるだけでわくわくしますね。

独自のランキング

Namibia, Africa. Lions at Etosha National Park.
Namibia, Africa. Lions at Etosha National Park. 出典:123rf

それでは、ネット動物園が独自で調べた、世界中で最強の動物のランキングの発表です。

第17位は「コモドオオトカゲ」

インドネシアのコモド島とその周辺の島々に生息する、世界最大のトカゲです。立つことができたり、水牛を倒したりと身体能力がかなり高いです。

第16位は「ユキヒョウ」

出典:PIXTA

中央アジアの標高の高い山に生息しています。モフモフしていて可愛いですね。

断崖絶壁を駆け下りる姿は勇ましいです。

第15位は「ヒョウ」

出典:PIXTA

ネコ科には強い動物が多いです。

そのなかでも、大きい割には、ヒョウは速く走れて、跳躍力があります。

身体能力のバランスも良いです。

第14位は「クズリ」

Wolverine, Gulo gulo, sitting on a meadow also called glutton, carcajou, skunk bear, or quickhatch 出典:PIXTA

いわずとしれた、イタチ科のクズリです。

木を登ったり、泳いだりもできます。雪の上を歩くのも得意です。

第12位は「ゾウアザラシ」

オスとメスのゾウアザラシ 出典:PIXTA

亜南極圏に生息するミナミゾウアザラシのオスは、体重が5トンまで大きくなります。

しかも、海の深さ1700mまで潜ることもできます。

長時間、潜水できます。

第11位は巨大生物「ヘラジカ」

ヘラジカ(野生のエルク) 出典:PIXTA

ランキング第11位はヘラジカとしました。

北米のヘラジカをムースといいます。

ユーラシア大陸のヘラジカはエルクです。

体長は3mほど、背の高さが2.3mほにもなるヘラジカがいます。

その巨大さはとても鹿とは思えないほどです。

いきなり本命のヘラジカをランキングに登場させて、これから大丈夫でしょうか。

第10位は大きな猫の「オオヤマネコ」

Eurasian lynx laying in the snow and rests. 出典:PIXTA

ヨーロッパオオヤマネコともいいます。

ユーラシア大陸などに生息する、大きなヤマネコです。見た目はトラのようです。

動画によくアップされていますが、雪の上を走る様子は無敵さを感じます。

ほかにカナダオオヤマネコやボブキャットなどの種類がいます。

とにかく、ネコ科の身体能力は凄いです。

なので、ランキング第十位としました。

第9位は日本にもいる「ヒグマ」

Grizzly bear and Bear Cub Catching Salmon at hyder Alaska. 出典:PIXTA

北海道にはエゾヒグマが生息しています。

北米に生息するグリズリーやアラスカにいるコディアックヒグマもいます。

ヒグマがランキング第九位で、さらに強い生物がまだいるのでしょうか。

特にヒグマの中でも「コディアックヒグマ」が一番巨大です。

第8位は「カバ」

Hippopotamus splashing with open mouth in Kruger National park, South Africa ; Specie Hippopotamus amphibius family of Hippopotamidae. 出典:PIXTA

アフリカ大陸の南部に、カバは生息しています。

日中は水の中にいます。カバは大きいものになると、体長が4m近く、体重が1.5トンほどになります。

動画などを調べると、最強生物との意見が多いです。

第7位はマイルカ科の「シャチ」

北海道の知床の海を泳いでいるシャチの群れ 出典:PIXTA

イルカの仲間であるシャチです。

なので頭もいいです。

大きいシャチになると、体重が5トンほどになります。

最近の研究では、シャチがいると、ホホジロザメも逃げ出すそうです。

群れで生活しており、シャチが集団でくると、シロナガスクジラでもかなわないそうです。

実質的に海の王者ですが、ランキング七位としました。

第6位は巨大生物の「サイ」

インドサイ

サイにはシロサイとクロサイがいますが、シロサイのほうがやや大きいです。

体重が3.5トンほどになるシロサイもいます。

大きいのですが、その大きさゆえに熱を持ちやすいです。

サイは絶滅危惧種です。しかもキタシロサイは絶滅寸前です。

ランキング第六位としました。

第5位は絶滅した「マンモス」

ケナガマンモス

ランキング第五位は象といきたいところですが、絶滅したマンモスにしました。

マンモスは種類によっては、アフリカゾウよりも大きいものがいるからです。

化石で発見された松花江マンモスは背の高さが5m、推定体重が20トンほどもあったそうです。

第4位は百獣の王「ライオン」

出典:PIXTA

ランキング第四位で、百獣の王ライオンを登場させてしまいました。

ちょっとこのあとが大丈夫なんでしょうか。

アフリカ大陸などに生息し、ライオンにかなう動物がほかにいないため、強いイメージがあるのでしょう。

漫画のジャングル大帝や映画などの影響も大きいです。

出典:PIXTA

さて、次からが、金銀銅メダリストの発表!

第3位は地球上最大生物の「シロナガスクジラ」

上野にある「シロナガスクジラ」の像

海中の巨大生物、シロナガスクジラです。

地球で最大の生物です。なので、ランキング第三位としました。

もしかしたら宇宙最大かもしれません。

体長が30mを超えることもあります。

堂々のオリンピック銅メダルです。

しかし、今は、絶滅危惧種となっています。

第2位は最強恐竜の「ティラノサウルス」

Tyrannosaurus Rex skeleton on isolated background . Embedded clipping paths . 出典:PIXTA

もし地球に隕石が落ちていなかったら。

いまだに恐竜の世界でしょう。

なので、ティラノサウルスをランキング二位としました。

白亜紀まで含めれば、最強生物は恐竜のティラノサウルスでしょう。

なので、オリンピック銀メダルです。

TyrannoSaurusRexはTrexと呼ばれることもあります。

ジュラシックパークで有名です。

ティラノサウルスは推定体重が8.8トンもあったそうです。

もし恐竜が絶滅していなかったら、本当は一番だったかもしれません。

さて、次はとうとう第一位の発表です。

イタチ科の動物です。

第1位は最強動物の「ラーテル」

くつろいでいる 出典:PIXTA

当然といえば当然、やはり、世界最強動物ランキング第一位は「ラーテル」です。

イタチ科で、ミツアナグマとも呼ばれます。

こわいもの知らずで、どんな動物にも向かっていきます。

また背中の皮膚が厚くダブダブなので無敵でもあります。

そして動きが機敏です。

オリンピック金メダルです!人気もナンバーワンです。

ぜひ東山動植物園に見に行きましょう。

まとめ

ここまで、独自に世界最強動物ランキングを決めてきました。

これからも、絶滅した動物や陸上動物、水中生物も含めて、最強の生き物たちを調べていきます。

仲間の生き物たち

  • ほうれん草の旬と美味しい季節は?食べるのは人間とレッドビーシュリンプくらい? 旬の時期では太陽にあたる時間が少ない中で一生懸命育っていますので、ほうれん草自身が頑張ったあかしである「甘み」がたっぷり出ています(^^♪ただ茹でるだけでも良し、お鍋の共としてもOK、炒めてもおいしい、使い方のバラエティが多い野菜なので、ぜひどんどん活用しましょう♪英語ではSpinachです。どんな植物なのかや、食べる動物はいるのかも調べていきます。 どんな野菜?生態 […]
  • 「ホヤ」珍味の旬は?見た目からは想像不可能な栄養が! みなさん、「ホヤ」を見たことがありますか? 食べたこと、ありますか? 見た目も味も好き嫌いが大きく分かれます。 ですが、好きな人はそれはもう、虜になってしまうのだそう。 今日は、そんな珍味「ホヤ」をご紹介しましょう。 生態 ascidia purple underwater photo coral […]
  • 手乗りセキセイインコの育て方はこれだ!雛の飼育方法と飼い方は? セキセイインコを手乗りさせるためにはヒナから育てないとなかなか馴れてくれませんが、ヒナから手間をかけて育てたら、ベタベタに馴れてくれて、初めてインコちゃんを飼う方には感動ものです☆ 私もヒナから育て、手の中で寝てくれるくらいまで馴れてくれました。 そんなインコちゃん初心者に最低限知っておいたほうが良い飼い方、育て方、コツを、ペットショップで働いていた経験も含めご […]
  • ミニブタの大きさや寿命について!なつく?大学の研究も。動物園で見れる? 豚は身近で、誰でも知っている有名な動物です。 しかし、ペットとして飼うとなると、あまり聞いたことがありません。 欧米では、ペットとして流行しているようです。 その寿命や大きさなどの生態や、なつくかについて調べました。 大学での研究や、動物園で見れるのかについても。 生態 休んでいる 英語ではmini-pigです。 ほとんどのミ […]
  • うさぎの耳はなぜ長い??耳掃除や冷たい理由!!耳で感情は分かるの? ウサギといえばまず長い耳を思い浮かべます。 それは一番のチャームポイントでもあるからです。 でも、なぜ耳があんなに長くなったのでしょうか? また、目と耳を動かしている場合が多いのです。 耳の動きはどのような感情を表しているのでしょうか? その他にも、そのような耳についてあらゆる情報を調べてみました。 耳が長い理由 出典:123rf […]