漁が得意なスナドリネコは泳ぐ猫!飼育はできる?動物園にいる?



スナドリネコ

ネコ科の動物といえば、雑食や肉食で、どう猛なイメージがある動物も少なくありませんよね。

スナドリネコ(英語ではFishing Cat)はネコ科の動物ですが、「漁り猫」と意味されているだけあって、魚や甲殻類の狩りが得意な猫さんです。

この記事では、

  • スナドリネコの生態
  • スナドリネコはペット飼育できる?
  • スナドリネコを日本で見るには?

について、ご紹介します。

スナドリネコの生態

仲の良いスナドリネコたち

スナドリネコはネコ科でも小型な動物で、スリランカやインド、インドシナなどに生息しています。

低地の湿地帯や沼地、河川の周辺などに主に姿を見せます。

特に魚を好んで食べるため、水辺が近いところを好むようです。

ヒョウのような特徴的な黒斑がなんともゴージャス。

東部から首あたりまでは黒い筋が入っていて、一見、家猫のような柄です。

スナドリネコ
スナドリネコ 出典:PIXTA

スナドリネコとよく間違われやすいのがスナネコ。

スナネコはスナドリネコよりもかなり小柄で、砂漠に生息する猫です。

見た目は全然違いますが、名前が似ているので間違われやすいようです。

スナドリネコはベンガルヤマネコ属です。

スナドリネコとベンガルヤマネコは似ていますね。

ネコ科の動物といえば、爪が自由に出し入れできるイメージがありますが、スナドリネコは爪を自由に引っ込めることができません。

同じネコ科では、イリオモテヤマネコやチーターも同様の特徴をもっています。

大きさ

Fishing cat walking on the floor Classified as a mammal Small tiger Having a short and rough body hair with gray color With dark brown spots in parallel.
Fishing cat walking on the floor Classified as a mammal Small tiger Having a short and rough body hair with gray color With dark brown spots in parallel. 出典:123rf

家猫に比べれば体つきは大きいです。

大きい個体だと体長80㎝、体重14kgになるスナドリネコもいます。

食べ物は?

スナドリネコが岩の上で寝ている

スナドリネコは主に魚類や、ザリガニ、貝などの甲殻類、カエルを特に好んで食べます。

水辺や岩の上や岸部などにひそみ、獲物に狙いを定めると、舞足で素早く、すくって捕食します。

また、スナドリネコは陸上でもネズミや小鳥などの小動物を餌として捕食します。

泳ぐ猫

泳ぎも得意で、浸水し、水の中で狩りを行うこともあります。

これがスナドリネコの名前の由来です。泳ぐ猫です。

しかし、深いところを泳ぐのは好きではありません。

同じネコ科のボブキャットも泳ぐ猫です。

同じネコ科のジャガランディも泳ぐのが得意です。

寿命は?

スナドリネコが座って休んでいる

野生でのスナドリネコの寿命は、まだ詳しく解明されていません。

人に飼育された状態であれば、スナドリネコは10年ほど生きるという報告があります。

生息地は?

スナドリネコ

スナドリネコには2亜種あり、

  • スマトラ島~東南アジア、インド周辺にかけて生息
  • ジャワ島やバリ島に生息

元々はパキスタンやベトナム、マレーシアでも生息していたが、湿地や河川などの開発によって、生息環境が減ってきています。

鳴き声

この動画でスナドリネコの鳴き声を聞けます。

「ニャニャニャニャニャー。」と連続して鳴いています。

他のスナドリネコの動画を確認しても、同じような鳴き声で、可愛いです。

猫の鳴き声には種類があり、意味や気持ちがあります。

絶滅危惧種

可愛いスナドリネコ

河川の工事や水質汚染などにより、昨今では獲物となる魚も減少しており、スナドリネコの生息数も激減しています。

そのため、スナドリネコは絶滅危惧種としてレッドリストに指定されています。

同じベンガルヤマネコ属のイリオモテヤマネコも絶滅危惧種となっています。

また、同じベンガルヤマネコ属のツシマヤマネコも絶滅危惧種です。

スナドリネコもイリオモテヤマネコもツシマヤマネコも、環境問題や開発などにより、生息域が減少しているということが共通しています。

地球の環境問題などにより絶滅の危機となっている動物たちはたくさんいます。

ペットとして飼育できる?

スナドリネコが寝ている

元々性格が荒い一面をもっており、人の飼育下でもヒョウを襲ったという記録があり、性格的にもペットとしての飼育は難しいです。

また、絶滅危惧種として登録されているため、日本でのペット飼育は不可能でしょう。

平均個体は8kg程度なので、家猫よりやや大きめとなり、性格が荒くなければ飼えないこともなさそうですが…。

動物園で見ることはできる?

神戸どうぶつ王国で飼育しているスナドリネコ

スナドリネコは動物園よりも水族館で飼育されていることが多いようです。

水の展示が多い水族館ではひと際目立つ存在になりそうですよね!

日本では、

  • 三重県 鳥羽水族館「奇跡の森」内
  • 兵庫県 神戸どうぶつ王国「熱帯の湿地」内

で見ることができます。

鳥羽水族館では、つり橋を渡って滝の裏をくぐったり、森の中を探検しているような体験もでき、大変人気なスポットです。

他にも、動物園や水族館でしか見ることのできない珍しい猫たちがいます。

漁が得意なスナドリネコは泳ぐ猫!飼育はできる?動物園や水族館にいました

スナドリネコは、見た目は結構ゴージャスで凛々しい印象がある猫です。

基本、水が苦手なネコ科の動物には珍しく、泳いで捕食するのはすごく新鮮ですね!

絶滅危惧種に登録されており、生息地も狭まってきていることから、将来的には見られなくなってしまうかもしれません。 そのため、国内での個人でペットとしての飼育はできませんでした。

スナドリネコの捕食の様子や、泳いでいる姿が見たい人はぜひ、鳥羽水族館や神戸どうぶつ王国に足を運んでみてくださいね!