アイスランドの氷河

世界中の工業化や二酸化炭素の排出などのため、地球の温暖化が進行しています。このような、気候変動や異常気象は生物たちに影響をもたらしています。道路建設などの開発も動物たちの生活に影響があります。

毎年10月4日は「世界動物の日」です。世界の動物について考えていきます。

また、地球の環境問題や人間のせいのため、動物たちの生息数が減少する原因や、動物たちが絶滅の危機となる原因を調べてみました。

気候変動や温暖化の原因は?

地球温暖化は二酸化炭素排出量の増加が原因です。2018年の世界の二酸化炭素排出量は331憶トンでした。毎年増加しています。地球温暖化防止のための国際枠組みである「パリ協定」などで、世界中の国々が排出量削減に取り組んでいます。

地球は、寒冷化と温暖化を繰り返しているため、二酸化炭素だけが原因ではありませんが、二酸化炭素排出量の削減は重要です。

温暖化のため絶滅した哺乳類がいる?

グレートバリアルーフの島と珊瑚礁

オーストラリアのクイーンズランド州に、有名なグレートバリアリーフがあります。そこの北端にブランブル・ケイという島があります。ネズミの仲間の、「ブランブル・ケイ・メロミス」が生息していました。温暖化のため海水面が上昇し、島全体が海水に晒されることが多くなりました。そのため、生息域が減少し、2016年にブランブル・ケイ・メロミスの絶滅が確認されました。

面積の狭い島に生息する動物は、温暖化などの影響を受けやすいです。ほかの島々も見ていきましょう。

世界の島々に生息する絶滅危惧種の動物たち

島は面積が狭いため、気候変動や温暖化などで、植物の植生も変化しやすいです。そこに住んでいる動物たちの生息域も狭いです。そのため、島に住む動物たちは環境問題の影響を受けやすくなっています。絶滅危惧種には、IUCNが作成したレッドリストや、各国のレッドリスト、日本では環境省の作成したレッドリストなどがあります。

ガラパゴス諸島の動物たち

ガラパゴス諸島の海岸とガラパゴスアシカ

ガラパゴス諸島では、温暖化だけでなく、1535年に発見されて以降、人が持ち込んだヤギなどの動物が植物を食べてしまい、植物が減少してしまいました。このあたりは、人間のしわざとも言えます。

また最近では、海洋中からガラパゴス諸島に流れ着いたのプラスチック微粒子海洋プラスチックごみも、生物の生態系や食物連鎖に悪影響を与えています。

そのため、「ガラパゴスゾウガメ」や「ガラパゴスリクイグアナ」、「ウミイグアナ」、「ガラパゴスアシカ」、「ダーウィンフィンチ」、「ガラパゴスペンギン」、「ガラパゴスアホウドリ」、「アカアシカツオドオリ」などが、絶滅に危機となっています。

ガラパゴスゾウガメ

ガラパゴスゾウガメは草食です。主にサボテンを食べます。餌となる植物が減少しているため、生息数が減少しています。各島々に、いろいろな種類のガラパゴスゾウガメがいます。そのなかでは絶滅してしまったり、絶滅危惧種となっているゾウガメもいます。上野動物園体感型動物園iZooで見ることができます。

ガラパゴスリクイグアナとウミイグアナ

地球の温暖化のため、海中の藻類も減少しています。そのためウミイグアナの餌である海藻類も減少しています。また、ガラパゴスリクイグアナの食べ物である、陸上の植物も減少しています。そのため、生息数が減少し、これらは絶滅危惧種となっています。 ウミイグアナは現在、国内で飼育している動物園はありません。ガラパゴスリクイグアナは体感型動物園iZoo で見ることができます。

タスマニア島の動物たち

タスマニア島の滝と清流

タスマニア島はオーストラリアにある島です。絶滅した「タスマニアタイガー」が有名です。また、「タスマニアデビル」や「フクロネコ」なども有名です。また、環境汚染や水質の悪化などの環境問題のため、生息域が減少している「タスマニアオオザリガニ」もいます。

人が持ち込んだ、タイリクオオカミの仲間であるディンゴのため、タスマニアタイガー(フクロオオカミ)は絶滅しました。これもある意味、人間のせいです。

タスマニアデビル

多摩動物公園で飼育しているタスマニアデビル

同じように、ディンゴなどのため、タスマニアデビルも生息数が減少し、絶滅危惧種となっています。多摩動物公園で見ることができます。

タスマニアオオザリガニ

タスマニアオオザリガニ(Tasmanian freshwater lobster)は、タスマニアの清流に生息しています。河川の工事や水質の悪化などが原因で絶滅危惧種となっています。タスマニアオオザリガニを見るためには、タスマニア島まで旅行にいくしかありません。

マダガスカル島の動物たち

マダガスカル島の山や森林や川

マダガスカル島や、その近くにある島で、すでに絶滅した「エピオルニス」や「ドードー」が有名です。「フォッサ」や「キツネザル」、「ワオキツネザル」、「ホウシャガメ」なども絶滅危惧種となっています。

マダガスカル島で、森林の伐採などの環境問題のためエピオルニスは絶滅してしまいました。

ドードーはマダガスカル島の沖にあるモーリシャス島などに生息していました。人が持ち込んだイヌやブタなどのために絶滅してしまいました。

フォッサ

上野動物園で飼育しているフォッサ

フォッサは森林伐採や農地開発のため、生息数が減少し、絶滅危惧種となっています。上野動物園で見ることができます。

ワオキツネザル

ワオキツネザルもやはり、森林伐採などの環境問題のため、絶滅危惧種となっています。上野動物園や東山動植物園など、多くの動物園で飼育しています。

ホウシャガメ

上野動物園にいるホウシャガメ

ホウシャガメはマダガスカルホシガメともいいます。やはり、農地開発や焼畑農業などのため、生息域が減少しています。また、人間が持ち込んだイノシシのため、ホウシャガメは減少しています。そのため、絶滅危惧種となっています。ホウシャガメも上野動物園や東山動物園など、たくさんの動物園で飼育しています。

アフリカ大陸に生息する絶滅危惧種の動物たち

エチオピアのサバンナ

アフリカ大陸も、温暖化や砂漠化が進行しています。また、鉱山などの開発や森林伐採も進行しています。「アフリカゾウ」や「ライオン」、「キリン」、「ゴリラ」、「チンパンジー」、「マンドリル」、「リカオン」、「ダマガゼル」「オカピ」、「クロサイ」、「コビトカバ」、「オオアリクイ」、「ハシビロコウ」、「チーター」、「クロアシネコ」などが絶滅の危機となっています。すでに絶滅した「クアッガ」も有名です。

オカピ

コンゴに生息しています。ウガンダでは、オカピは絶滅してしまいました。レアメタルなどの鉱山開発などの環境問題のため、生息域の森林が減少しています。また、道路建設のため、生息域が分断されています。そのため、オカピは絶滅危惧種となっています。よこはま動物園ズーラシア上野動物園横浜市立金沢動物園でみることができます。

クロサイ

クロサイの親子

アフリカ大陸の草原や湿地帯に生息しています。開発や温暖化のため、餌となる木の葉が減少しています。そのことなどが原因で、クロサイは絶滅危惧種となっています。また、ベルクマンの法則があって、巨大なサイは体に熱が貯まりやすいです。キタシロサイもほぼ絶滅となっています。クロサイは安佐動物公園など、多くの動物園で見ることができます。

ハシビロコウ

上野動物園にいるハシビロコウ

ハシビロウコウはアフリカの湿地帯が生息域です。工業化や鉱山開発などの環境問題のため、湿地帯の減少や、水質汚染が進んでいます。そのため、ハシビロコウは絶滅危惧種となっています。 伊豆シャボテン動物公園掛川花鳥園上野動物園などで、ハシビロコウを見ることができます。

クロアシネコ

クロアシネコはアフリカ大陸南部のサバンナに生息しています。世界一小さい猫ですが、広い生息域で生活しています。気候変動などにより餌となる小動物が減少したり、道路建設などのため生息域が分断されたりしたため、クロアシネコは絶滅危惧種となっています。現在、国内の動物園では見ることができません。

南北アメリカ大陸に生息する絶滅危惧種の動物たち

北アメリカ大陸の動物たち

カナダの山脈と針葉樹林と湖

北アメリカ大陸では、すでに絶滅した「リョコウバト」が有名です。「アメリカアカオオカミ」や「カリフォルニアコンドル」、「アメリカバイソン」、「ラッコ」、「カナダオオヤマネコ」などが絶滅の危機となっています。

アメリカバイソン

北アメリカ大陸に生息しています。一時期は、アメリカバイソンは1000頭ほどまで減少してしまいました。アメリカバイソンは上野動物園をはじめとして、各地の動物園やサファリパークで飼育されています。

カナダオオヤマネコ

温暖化などにより、カナダオオヤマネコの餌となる小動物のカンジキウサギなどが減少しています。米魚類野生生物局(FWS)は、カナダオオヤマネコを絶滅の危惧がある種に指定しています。生息数が減少しています。現在、国内の動物園では飼育していません。

南アメリカ大陸のアマゾンなどの動物たち

アマゾンの熱帯雨林

南アメリカ大陸にはアマゾンの熱帯雨林があります。また、ペルーやボリビアなどの高地もあります。「オセロット」や「ウアカリ」、「メガネグマ」、「ワタリアホウドリ」、「オオアルマジロ」、「オリノコワニ」、「チャコペッカリー」などが絶滅の危機となっています。

オセロット

アマゾンの熱帯雨林の農地開発や道路建設などで、生息域が分断されています。そのため、オセロットは絶滅の危機となっています。 よこはま動物園ズーラシアで、オセロットを飼育しています。

ウアカリ

アマゾンの熱帯雨林の木の上で生活しています。やはり森林伐採などのため、ウアカリは絶滅危惧種となっています。

メガネグマ

南米の高地に生息しています。やはり、農地開発や道路建設のため、生息域が分断されて、メガネグマは絶滅の危機となっています。大阪市の天王寺動物園よこはま動物園ズーラシアで見ることができます。

チャコペッカリー

アルゼンチン周辺に生息しています。開発や牧場などの農地開発のため、生息域が減少しています。そのため、チャコペッカリーも絶滅の危機となっています。チャコペッカリーは国内の動物園では飼育していません。クビワペッカリーであれば、上野動物園や神戸どうぶつ王国などで見ることができます。

ユーラシア大陸に生息する絶滅危惧種の動物たち

インドなどアジアの動物たち

インド北部の山岳地帯と草原

アジアも、鉱山開発や工業化、道路建設などの環境問題が進行しています。二酸化炭素排出量も増加しています。アジアでも、「インドゾウ」や「インドサイ」、「マレーバク」、「ジャイアントパンダ」、「スイギュウ」、「テナガザル」、「オランウータン」、「サビイロネコ」、「スナドリネコ」、「レッサーパンダ」、「コツメカワウソ」、「インドガビアル」、「インドホシガメ」などが絶滅の危機となっています。

マレーバク

インドネシア周辺に生息しています。やはり、鉱山開発などにより、マレーバクは絶滅の危機となっています。多摩動物公園東武動物公園東山動植物園福岡市動物園などで見ることができます。

サビイロネコ

インド南部やスリランカの森林に生息しています。やはり、開発や森林伐採のため、生息数が減少しています。国内の動物園では飼育していません。

モンゴルなど中央アジアの動物たち

モンゴルの草原と森林と山脈

モンゴルなどでも、「モウコノウマ」や「サイガ」、「マヌルネコ」、「ユキヒョウ」、「シフゾウ」、「フタコブラクダ」などが絶滅の危機となっています。

モウコノウマ

モンゴル周辺の草原に生息しています。一度は絶滅しましたが、各地の動物園で飼育していたモウコノウマがいます。多摩動物公園で飼育されています。

サイガ

カザフスタンやモンゴルなどの寒帯にあるステップと呼ばれる草原に生息しています。地球温暖化のため、寒冷な地域が高温多湿となり、細菌が増えました。そのためサイガは絶滅の危機となりました。国内の動物園では飼育されていません。旅行してドイツやロシアの動物園に見に行くしかないです。

マヌルネコ

モンゴルやネパールなど中央アジアの高地が生息域です。寒冷地に住み、もともと気温変化に弱いです。気候変動などのため、マヌルネコの生息数が減少しています。 毎年4月23日は、国際マヌルネコの日 です。

シフゾウ

もともとは中国北部の湿原に生息していましたが、洪水などのため野生絶滅となってしまいました。多摩動物公園広島市安佐動物公園などで飼育されています。

ヨーロッパやロシアの動物たち

シベリアのタイガに生息しているアムールトラ

ロシアやヨーロッパ、北極周辺でも、「アムールトラ」や「シマフクロウ」、「ヨーロッパハタリス」、「ヨーロッパパイソン」、「ギリシャリクガメ」、「ホッキョクグマ」、「エゾヒグマ」、「トナカイ」、「マナヅル」などが絶滅の危機となっています。

オーストラリア大陸やニュージーランドに生息する絶滅危惧種の動物たち

ニュージーランドでは、すでに絶滅した「ジャイアントモア」や「ハルパゴルニスワシ」が有名です。オーストラリア大陸では、「カモノハシ」や「コアラ」、「ディンゴ」、「フサオネズミカンガルー」などが絶滅の危機となっています。

カモノハシ

カモノハシも生息地である河川や湿地帯の開発工業化のため、生息数が減少しています。カモノハシを見ることができるのは、オーストラリアの動物園のみです。

海洋や河川に生息する絶滅危惧種の動物たち

海岸を歩いているウミガメ

海洋中の藻類や植物プランクトンは二酸化炭素を取り込みます。また、尾索動物の「サルパ」は藻類を食べます。そのような食物連鎖で、地球の二酸化炭素を減らしています。 中生代白亜紀末に恐竜が絶滅した原因は隕石落下です。その後、粉塵などにより太陽光が遮られ、海洋中の藻類が減少したことも、恐竜が絶滅した原因です。環境問題にとって藻類は大切な存在です。また、温暖化や沿岸の開発、海洋プラスチックごみなどの環境問題があります。

ベーリング海や北極圏にいた「ステラーカイギュウ」や「オオウミガラス」は、絶滅してしまいました。海洋や淡水中でもたくさんの種類の絶滅危惧種がいます。一部ですが、「アオウミガメ」や「アカウミガメ」、「アメリカマナティ」、「ジュゴン」、「スナメリ」、「アマゾンカワイルカ」、「シロナガスクジラ」などが絶滅の危機となっています。

日本に生息する絶滅危惧種の動物たち

奥大日岳に生息しているライチョウ

日本でも、工業化や水質の悪化、森林開発などの環境問題があります。絶滅してしまった「ニホンオオカミ」や「ニホンカワウソ」などが有名です。「トキ」や「ライチョウ」、「ツキノワグマ」、「オオサンショウウオ」、「タガメ」、「カブトガニ」などが絶滅の危機となっています。

ライチョウ

ライチョウは日本中部の高山地帯に生息しています。山岳の環境汚染や温暖化などにより絶滅の危機となっています。石川県のいしかわ動物園上野動物園などで見ることができます。

対馬の風景

対馬では「ツシマヤマネコ」が絶滅の危機となっています。

小笠原諸島の風景

小笠原諸島では「オガサワラオオコウモリ」などが絶滅の危機です。

奄美の風景

奄美大島や徳之島では「アマミノクロウサギ」が絶滅の危機となっています。

西表島の風景

西表島では「イリオモテヤマネコ」が絶滅の危機です。ほかにも、沖縄の「ヤンバルクイナ」や「ヤシガニ」も絶滅の危機です。

ここまで、温暖化など環境問題などのため、絶滅の危機となっている動物たちを紹介してきました。開発や森林伐採など、ある意味、人間のせいという一面もありました。すでに絶滅してしまった動物たちもいます。

おわりに

地球の環境問題の原因はいろいろあります。温暖化や気候変動は二酸化炭素排出量増加が、主な原因でした。そのほか、工業化や森林伐採、河川の開発、道路の建設、プラスチック微粒子なども、環境問題となります。そのため、生息数が減少したり、絶滅危惧種となっている動物たちもいます。