この記事には広告やプロモーションが含まれています。

キャビアだけじゃない!チョウザメの実態は?自分で飼育,養殖できる?!

チョウザメ(英語ではSturgeon)というとキャビアが思い浮かぶけど、あれ実はサメじゃないってご存知だろうか?今、日本で養殖も盛んになってきているが、家の水槽でも飼えるの?なんならキャビア採れるの?

生態は?

Sturgeon underwater. wildlife. wild fish. 出典:123rf

色々な疑問が気になるので、チョウザメについて調べてみました。動きは遅く、警戒心もあまりない、おとなしい魚なのだ。近年の乱獲により絶滅が危惧され、キャビアの輸出やチョウザメ漁は禁止や制限されている。そしてその代わり、養殖が盛んになっている。

サメじゃない

出典:PIXTA

チョウザメはサメという名前がついているが、サメではない。およそ3億年前には存在していたと考えられている古代魚で、その後ほとんど姿を変えていない生きた化石である。チョウザメ目チョウザメ科に分類される。じゃあなんでサメなんて名前がついているかというと、鱗の形が蝶に似ていて、全体的な姿がサメに似ていることからチョウザメという名前になった。でも地球上への出現時期はサメより先輩なのだ。チョウザメには、サメにはない腎臓があり、また、サメはエラ孔がむき出しになっているのに対し、エラに蓋がある。それに歯も無いおとなしい子で、全然サメじゃないのだ。卵はご存知の通り世界三大珍味のひとつ、キャビアである。

生息地

View of sturgeon swimming underwater in tank on fish farm. 出典:123rf

アジア大陸北部、ヨーロッパ、北アメリカなど北半球に生息する。かつては日本の北海道にもいたが、現在は生息していない。淡水域のみで生息するものと、鮭のように海水域、淡水域を産卵のために往復する種がある。昔は石狩川とかでチョウザメがみれたんだね。環境汚染でいなくなってしまったそうだ。あと、鮭は産卵後に死んでしまうが、チョウザメはまた海に戻り、数年後にまた戻ってきて何度か産卵をする。

種類

20種類以上に分かれるが、その中でキャビアが採れるのは3種。

  • オオチョウザメ(別名ベルーガ)。
  • ロシアチョウザメ(別名アシュートル)。
  • ホシチョウウザメ(別名セブリューガ)。

大きさ

出典:PIXTA

チョウザメの大きさは平均的には200cm、体重200kgくらいである。最高級キャビアが採れるオオチョウザメは、体長が4m以上、体重が1500kgに達するものもある。

チョウザメは口には歯が無く、口の横にあるヒゲのようなもので餌を探してプランクトンや小魚などを食べる。

寿命

チョウザメの寿命は70年~100年といわれといわれているが、150歳を超えるものもある。

養殖の実態

Tanks outdoors of farm for industrial breeding sturgeon fish. 出典:123rf

養殖や、アクアリウムでのペットなどについて。

養殖

Female fish farm worker holding sturgeon fish. 出典:123rf

日本でも養殖されるようになっているチョウザメだが、養殖されているのは主にベステルという種である。ベステルは、コチョウザメのオスとオオチョウザメのメスを人工的に交配したもので、身が美味しくて質の良いキャビアが効率よく採れるようにロシアが作り出したハイブリッド養殖魚である。とはいえ、キャビアが採れるようになるまでは生後10年前後かかるそうなので、気軽に儲けようとして始められるものではなさそうだ。

卵や身の味は?
Man holding two plates with black sturgeon caviar and red caviar. 出典:123rf

日本ではチョウザメといえばキャビアだ。当然、美味である。実は身そのものもかなり美味しく、ヨーロッパでは高級レストランで出されることも多いようだ。ヨーロッパではロイヤルフィッシュ、中国でも煌魚(エンペラーフィッシュ)と立派なネーミングがついているほどの食材である。臭みがなく、脂が乗っているのに淡白で、刺身にしても美味しいらしい。タイの甘み、フグの歯応えと表現されている。そして更に、コラーゲンたっぷり!という女性に嬉しいオプションもついている。旬は産卵前で、日本でも養殖をしている業者が販売をしているので食べることができる。

アクアリウムでペットにできる?

sturgeon fish in the aquarium. White sturgeon. 出典:123rf

そのサメのような容姿から観賞用やペットとしても人気がある。養殖場でチョウザメを手に入れることができる。ただし、大型になるものもあるので、アクアリウムを作るなら、大きな水槽が必要だ。大型になって飼育できなくなったら引き取るサービスを行っている養殖場もある。養殖用として生み出されたベステルも、アクアリウムでの観賞用として人気がある。また、小さめなコチョウザメならば、水槽も90〜120cm程度の小さめなもので可能だそうだ。なお、餌は生きたまま与えると上手く食べられないという愛すべき魚なので、餌やりは注意が必要だ。

水族館で見れる?

Baltimore, Maryland, USA – October 9, 2021: Atlantic Sturgeon Fish on Display at the National Aquarium in Baltimore. 出典:123rf

北海道美深町のチョウザメ館や、埼玉県のさいたま水族館、宮崎県の高千穂峡淡水魚水族館でチョウザメを見ることができます。旅行などで、近くにお立ち寄りの際はぜひ見に行きましょう。

まとめ
Sturgeon underwater in the aquarium. 出典:123rf

キャビアだけでなく、身の美味しさも注目され、またアクアリウムでの観賞用としての飼育も人気のあるチョウザメ。養殖が更に盛んになれば、そのうち食卓に普通にチョウザメの身が並ぶことがあるかもしれない。

仲間の生き物たち

  • トルコ原産で美しすぎる!ターキッシュアンゴラの特徴や魅力は? トルコ原産のターキッシュアンゴラは、その美しすぎるほどの品性がある佇まいが魅力の猫です。体は柔らかでシルキーに輝きます。現在では非常に希少と言われており、トルコでは国宝と呼ばれています。大変歴史の古い猫種の一つです。その特徴や魅力をご紹介します。 生態 出典:123rf 洋猫で最も美しく品格がある猫として良く知られているのがペルシャ猫ですが、ターキッシュア […]
  • チコリーの花は青い。食用の葉は白や紫色!味は苦い?リクガメの食いつきも良い! 白菜を小さくして先をとがらせたような形をしており、ほのかな苦みとさくっとした食感が特徴的で、葉を1枚ずつちぎってサラダやオードブルなどに使う野菜があります。このチコリーという植物はめったに聞くことがないですよね。その大きさや味、保存方法、旬などを説明していきます。ソテーやグラタンなどの調理法も! 生態や豆知識 Lots of radicchio heads […]
  • デカすぎ!巨鳥「ジャイアントモア」絶滅原因と生存可能性を探った 生きていたらダチョウよりもはるかにデカかった。ジャイアントモアはあまりにも巨大すぎることが理由で、他の絶滅した動物の中でも大人気です。そんな、動物園で見たかったランキングには余裕でトップ5に入る、巨鳥「ジャイアントモア」の生態、絶滅原因、さらには生存の可能性まで探ってみようと思います。 以外と知らない?その生態について 「なんで絶滅したのか?」、「生きてるのか? […]
  • フェレットの名前おすすめは?ランキングも紹介!名前は覚える? フェレットって細長い体とキュートな顔つきが、なんとも愛らしい動物ですよね。それはもともとはイタチを家畜化して、改良を重ねてきて今の形になっているものです。日本においてはまだペットとしての歴史は短いですが、好奇心たっぷりで飼い主さんと遊ぶのが大好きなのでとても人気があります。大切なフェレットをお迎えする時には、どんな名前にしようか迷ってしまいますよね。この記事では、フェレット […]
  • その飼い方は大丈夫?コーンスネークの寿命を伸ばすコツはこれ!照明はあてない 温和で大人しく、比較的飼育がしやすいことからヘビの入門種としても人気なコーンスネークです。体も丈夫な方ですが、工夫すればさらに長生きさせることが可能です。この記事ではコーンスネークの寿命を延ばす飼育方法をご紹介します。その飼育者の方はもちろん、ペットとして育てることを検討されている人にも是非読んでもらいたい内容です。 そもそもコーンスネークの寿命は何年? Cor […]