どじょうの生態や味、飼育方法について!混泳はできる?ウナギとの違いは?

  • 2021年4月2日
  • 魚類
  • 21view

鶏卵とゴボウと一緒に割り下で煮た料理の柳川鍋で有名なドジョウです。

大きさは違いますが、ウナギやナマズとも似ていますね。

昔は水田や用水路の底のほうで、よくドジョウを見かけることができました。ニュルニュルと泳いで、手ですくっても直ぐに逃げられてしまいます。

その生態や大きさ、寿命などを調べていきます。

生態

琉金(左)とシマドジョウ(右)

淡水魚で、コイ目ドジョウ科です。英語ではweather-loachです。鯉や鮒、金魚、タナゴと同じ仲間とは驚きです。

口ひげが10本あり、それで餌を探します。

鰓呼吸だけではなく、水面で口から空気を吸って腸から酸素を吸収する腸呼吸もできます。

Bulgarian spined loach – Cobitis strumicae species of ray-finned fresh water fish in the family Cobitidae. It is found in Bulgaria and Greece. 出典:123rf

茶褐色で斑模様がある個体が多いです。

ヒドジョウ

緋色のドジョウのことです。ドジョウは黒色の色素胞と黄色の色素胞を持っており、それが混ざって茶褐色になります。黒色の色素胞(メラニン色素)が減少すると白変種となり緋色あるいは黄色になります。

アルビノ

金魚と混泳しているアルビノのドジョウ

メラニン色素を合成するDNAが欠損し、メラニン色素が欠乏している個体のことをいいます。体色は白色です。虹彩などの色素も欠乏し、網膜の毛細血管が透けて見えるため、目が赤いです。

生息地

川砂利の上にいるシマドジョウ

日本や台湾、韓国、中国大陸などの東アジアに分布しています。その、湖沼や池、河川、水田などの底のほうに生息しています。川底の砂利や泥の下に潜っていることもあります。

大きさ

上から見た。長さは約10cm。

細長い体型をしており、成長すると10cm~15㎝の体長になります。削っていない鉛筆の長さが17cmほどなので、それよりは短いです。

シマドジョウは小型なので6cmほどの長さまでしか成長しません。

この選別容器は奥行きが7cm程なので、シマドジョウの長さは約5cm

川底にいるイトミミズなどを食べます。

ペットや観賞魚として育てている方も多く、水槽の底に直ぐに沈んでいく顆粒状の餌も熱帯魚専門店などで販売されています。

寿命

寄り添っている

野生での寿命は2年~5年です。淡水のアクアリウムなどでの飼育下では5年~10年です。

栄養価が高いため長寿の祝いの席にその料理が出されたり、お年寄りの演芸会で「どじょうすくい」が披露されたりと、なにかと長寿のシンボルとされています。

live loach. 出典:123rf

身が薄く骨っぽく、淡泊で、やや生臭いため、濃い味付けで料理されることが多いです。一番有名なのは、やはり、鶏卵やゴボウと一緒に割り下で煮こんだ柳川鍋ですね。ほかにも、どぜう鍋や蒲焼きがあります。いずれも、醤油で濃く味付けされています。

ドジョウとウナギの違いは?

ニホンウナギ

どじょうはせいぜい15㎝ほどの長さで、口ひげが10本あります。一方、ウナギの成魚は1mほどの長さになり、口ひげがありません。大きさと口ひげ有無が違いです。また、ウナギは海洋の深海で産卵し、稚魚となり、河川に戻ってきて成長します。ドジョウは一生、淡水魚です。

また、うなぎは身が大きく食べ応えがあり、脂っぽく濃厚な味ですが、ドジョウは身が薄く淡泊です。

結局、違いは、

  • 口ひげの有無
  • 大きさ
  • 海水、汽水、淡水を回遊するか、一生淡水か。

を見ると分かります。

ペットとしての飼育方法は?

隅っこにいるシマドジョウ

家庭用の水槽で飼育できます。川砂利の中に潜ろうとするので、川砂利は薄めにひいたほうがいいです。また、岩や流木の下に隠れようとする性格があるので、岩や流木をインテリアとして置いてあげましょう。

ドジョウの餌。小さな口でも食べやすいよう小粒で丸く、水より比重が大きく底に沈む。

どじょうの餌は底に沈むタイプなので、水面に浮く餌と違い、水が濁りやすいです。そのため、こまめに水を交換しましょう。

ドジョウを別の水槽に移しかえる時は、ソイルや川砂利と一緒に網ですくってあげると良いです。川砂利に埋もれているドジョウを探して、何匹いるかも確認しましょう。

水槽の立ち上げ

たらいで川砂利を洗っている

まずは川砂利を洗います。洗浄水の濁りがなくなるまで何度も繰り返して洗います。

川砂利と水を入れた

水槽に良く洗った川砂利と、カルキ抜きをしておいた水を入れます。

水合わせをしている

熱帯魚専門店で買ってきたドジョウを袋のままつけて水合わせをします。2時間ほどたって温度が安定したら、袋を開けて、ゆっくりと水を混ぜて合わせていきます。

エアレーション用のストーンと温度計を設置した

エアレーション用のストーンを入れて立ち上げが完了です。

混泳はできる?

頂点眼などの金魚と混泳しているアルビノのドジョウ(左)とシマドジョウ(右)

小型の金魚やメダカなどの小魚となら混泳できます。どじょうは基本的に水槽の底のソイルの上にいて、小魚たちは水中を泳いで、棲み分けをしています。時々、どじょうは水面まで飛び跳ねてきます。

値段

一匹333円のシマドジョウと一匹1980円のアルビノのドジョウ

ヒドジョウやシマドジョウは熱帯魚専門店で300円~500円で販売されています。

アルビノのドジョウは2000円前後で販売されています。

水族館で見れる?

森の中の水族館(山梨県立富士湧水の里水族館)ではマドジョウとシマドジョウ、ホトケドジョウを富士山の湧水で育てていて、見ることができます。

他にも、栃木県なかがわ水遊園や新潟市水族館マリンピア日本海、アクアマリンふくしま等で見ることができます。

まとめ

生態や色、大きさ、寿命、値段などにつて説明してきました。栄養価が高く、料理としては柳川鍋としても有名です。うなぎとは大きさや口ひげの有無などが異なりました。飼育する際の水槽の立ち上げ方や、混泳できるかについても説明しました。

仲間の生き物たち

  • ウサギフクロウはかわいい!ぴょこぴょこしている長い耳!ウサギフクロウはかわいい!ぴょこぴょこしている長い耳! ほかの動物の名前がついた動物って色々いますよね。 たとえば「ウシガエル」とか、「スズメバチ」とか。 実はフクロウの中にもそういう名づけをされているのがいるんです。 その名もウサギフクロウ。 正式名称はタテジマフクロウ(英語ではStriped […]
  • ホシガメの生態を調べた!寿命や飼育環境、餌は?ホシガメの生態を調べた!寿命や飼育環境、餌は? 星のように輝くその甲羅が、その名前の由来だとか。。。 それは、人気の小型リクガメの「ホシガメ」です。 それがどんな生き物なのか迫っていきます。 生態 Indian star tortoise (Geochelone elegans) walks behind a rock in India, Pakistan or Sri […]
  • 知らないと怖いアオブダイ! 食べられるの?猛毒パリトキシンとは?知らないと怖いアオブダイ! 食べられるの?猛毒パリトキシンとは? みなさんは、フグという魚は知っていますよね? 刺身で食べたり、鍋にしたり、唐揚げにしたりと、とても美味しく食べられる魚なのですが、一方でその体や内臓には、テトロドトキシンという猛毒を持っています。 だから、フグを調理する為には専用の免許が必要になり、その取り扱いもすごく厳重に管理されています。 ちなみに僕はフグについての講習をしっかりと受け、実技試験をパス […]
  • 入門種エボシカメレオンの生態と飼育方法。なつく?ユニークな動きが魅力!入門種エボシカメレオンの生態と飼育方法。なつく?ユニークな動きが魅力! 変わる体色、伸びる舌、くるくる回る目、独特な形の手足。爬虫類の中でも特にユニークな動物がいます。それは不思議な魅力を持つカメレオンですが、実は飼育が難しく初心者には向かないと言われています。しかし、不可能というわけではありません。気を付けるべきポイントを押さえてしっかり様子を見ていけば、初心者でも育てることはできます。 本文では最も飼育が容易であり、入門種とされている […]
  • タツノオトシゴの珍しい産卵や出産方法!その生態とはタツノオトシゴの珍しい産卵や出産方法!その生態とは 皆さん、タツノオトシゴは知っていますか? 水族館で見たり、ダイバーの方は海の中で見たり、はたまた何かのモチーフになっているものを見たりします。 どんな見た目をしているかはご存知だと思います。 では、その不思議な生態を知っていますか? 私たち人間からしたら考えられないようなビックリな繁殖活動をするのです。 生態 出典:PIXTA 魚で […]