ワニガメは加藤英明先生が大好きな亀!噛む力が強い!絶滅の危機?ペットにできる?

見るからに強そうな亀です。

最近は、緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」などのテレビ番組でも、紹介されることがおおくなりました。

静岡大学の加藤英明先生が巨大なワニガメを手づかみで持っている映像が印象的です。

その生態や大きさ、寿命、ペットとして飼育できるかなどを調査していきます。

生態

爬虫類のカミツキガメ科です。頭が大きいですね。

aligator snapping turtle
出典:123rf

甲は褐色から暗灰色です。

背甲の甲板には凸凹の盛り上がり(キール)があります。

英語ではAlligator-snapping-turtleです。

生息地

アメリカ合衆国の南部から東部にかけての河川や湖、沼、池などに生息しています。

水棲の亀です。

ワニガメ(Alligator snapping turtle)
出典:123rf

池の落木の下に隠れています。

大きさ

大きいワニガメとなると、甲長は80cm、体重は110kgほどになります。あの、ジャイアントパンダと同じくらいの重さです。

亀としては頭が大きいため、頭を甲羅の中に引っ込めることができません。

The alligator snapping turtle Macrochelys temminckii is a species of turtle in the family Chelydridae. The species is native to freshwater habitats in the United States. This is close up photo. 出典:123rf

頭は前足の四倍くらいの太さがあるように見えます。

噛む力

顎が大きいため、ワニガメは噛む力が非常に強いです。噛む力は400kg~500kgといわれています。

出典:PIXTA

大きく口を開けていて、恐竜みたいですね。

噛む力が強いのですが、加藤英明先生はワニガメを池で見つけると、手づかみで持ち上げます。

同じカミツキガメ科のカミツキガメも噛む力が非常に強いです。

動物食が強い雑食です。魚や両生類などの水中の小動物を餌として食べます。

湖や池に落ちてきた果実などの植物も食べます。

ワニガメ Alligator snapping turtle in water
出典:123rf

背中に水草が生えています。

寿命

さいたま水族館の水槽の中にいる

飼育下での寿命は20年~70年です。

野生での寿命は50年~100年です。

野生のほうが長生きするんですね。飼育下のほうがストレスが多いようです。でも、さすが亀なので長生きです。

ペットにできる?

サンシャイン水族館で飼育

飼育するためには、都道府県知事の許可が必要です。

かなり長寿で、かなり大きくなります。

ものすごく広い水槽が必要なので、現実的には、個人でペットとすることは困難です。

また噛む力が非常に強いので、危ないです。

最近は、外来種として、日本の池で繁殖するという問題があります。

性格。なつく?

真正面から見ています。

ワニガメ Alligator Snapping Turtle, Macrochelys temminckii
出典:123rf

動物食が強い雑食で、性格もワイルドです。

噛む力も非常に強い亀です。

あまり人には懐かないです。

小さい子亀のうちなら、大丈夫かもしれませんが。やっぱり口を大きく開けていて、噛みつきそうですね。

出典:shutterstock

子供のうちは可愛いですね。甲羅のトゲトゲもちゃんとあります。大きくなると危険です。

どこの動物園や水族館でみれる?

東山動植物園で飼育しているワニガメ
東山動植物園で飼育

体感型動物園iZooや、東山動植物園、野毛山動物園などで、見ることができます。

お近くにお立ち寄りの際は、ぜひワニガメを見に行きましょう。

カミツキガメも!

絶滅危惧種

河川の護岸工事などの開発のため、ワニガメの生息地が減少しています。

また、水質汚染などの環境問題もあり、生息数は減少し、絶滅危惧種となっています。

静岡大学での研究は?

alligator snapping turtle in the pond. 出典:123rf

静岡大学の加藤英明先生は爬虫類や外来種の専門家であり、ワニガメも研究しています。

加藤英明先生は、「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」などのテレビ番組で、絶滅危惧種であることを、よく説明しています。

アメリカ大陸では絶滅危惧種となっています。しかし、日本では天敵がいないため、暮らしやすいそうです。

研究によると、国内では逆に、外来生物として生息数が増加しているようです。

おわりに

アメリカでは開発や環境問題などのため、絶滅危惧種となっていました。

また、爬虫類の専門家である、静岡大学の加藤英明先生は、ワニガメが大好きです。

最近は、「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」などのテレビ番組で、紹介されることが多く、人気となっています。

噛む力が凄かったですね。それを手づかみで持ち上げる加藤英明先生も凄いです。

仲間の生き物たち

  • 「うさぎ」は、なつく!?おでこ?こめかみ?ほっぺた?どこを撫でる?「うさぎ」は、なつく!?おでこ?こめかみ?ほっぺた?どこを撫でる? うさぎは体が小さく、比較的世話もしやすいため、最も人気の高いペットです。私もこれまで三匹育ててきました。 しかし、お迎えしてすぐや、初めての方の中には、なかなか自分になついてくれない、あるいは、嫌われて警戒されてしまっているというお悩みを持つ方も少なくないのではないでしょうか。 そこで今回は、なつくための方法や嫌われる条件などをご紹介していこうと思います。 […]
  • 世界から注目!海のミルクこと「牡蠣」びっくりの栄養とその理由は?世界から注目!海のミルクこと「牡蠣」びっくりの栄養とその理由は? 「牡蠣」それは、古くから日本を含むアジア一帯や欧米諸国において養殖され、今では世界各地で重要な水産食料資源とされている海洋性の二枚貝です。 国内における、その生産量は年間約16万4千トン (平成23年漁業・養殖業生産統計) […]
  • 茄子の旬は夏から秋!選び方は重さと色とハリが重要!猿も食べる?茄子の旬は夏から秋!選び方は重さと色とハリが重要!猿も食べる? 夏から秋にかけて美味しくなる茄子ですが、水分が多いため、長く置くと皮がシワシワ、種も固くなり食感が悪くなってしまいます(>_<)そうならないよう正しく保管して美味しく食べる方法をお話しますね!焼いても炒めても美味しいよ~♪ どんな野菜?生態や豆知識 Close-up of the eggplant growing on a bush with […]
  • 納得!うさぎの気持ち!!リラックス,甘える,怒る,震える,舐める意味は?納得!うさぎの気持ち!!リラックス,甘える,怒る,震える,舐める意味は? 「うさぎの声ってわかる?」と突然聞かれても、飼育している人以外は「えっと、何だっけ?」と思われる方が多いでしょう。 実際、犬や猫のようにワンワンともニャーニャーとも言うことができないのです。 なぜならば、ウサギには声帯がないからです。 そのかわり「ウー」とか「ブーブー」や「ンッンッ」のように、喉を振り絞って音を出すことだけはできるようです。 そんな喜 […]
  • カエルアンコウはダイバーの癒し!擬態や飼育法、水族館などカエルアンコウはダイバーの癒し!擬態や飼育法、水族館など 海の中にはたくさんの生物がいます。 私たちが大好きな美味しいお魚だったり、とても変わった生態の持ち主だったり、深海に住む不思議生物だったり。 そんな中から私が一押しするのがカエルアンコウです。 みなさんはご存知ですか?見た目から海の中の癒し系なのですが、その生態を知ると癒し系とは少し言い難いところもちらほら。 そのギャップがまた面白いのです。 […]